名義変更には他の変更も同時進行する必要あり

離婚後、クレジットカードの名義変更は必ず必要

 

離婚すると多くの妻(女性)の場合、名前が旧姓に戻って名前が変わってしまうことがありますよね。

 

名前の最初の部分、氏名の”苗字”が変わってしまうことです。

 

そんなとき、結婚していた時に作ったクレジットカードの名義変更が必要なのか、気になりますよね。

 

手続き方法はクレジット会社によって違うんですが、離婚後の名義変更は必要です。

 

さらに、支払いの口座先を変更したり、その引き落とし銀行口座の名義も先に変えたり・・・・

 

家族カードを使っていた場合は、再審査が必要だったり、使えない場合もあるんですね。

 

特に、専業主婦が離婚してから、クレジットカードの名義変更をするだけでも、くたびれてしまうこともあります。

 

苗字だけの名義変更をするよりも、クレジットカードを新しく作ってしまった方が、結果的には早いこともあります。

 

さらに、離婚という新しいスタートを切った自分のカードを持つことで、精神的な開放感と成長も感じられるメリットもありますよ。

 

 

離婚して苗字が変わった後はクレジットカードの名義も変更すること

 

 

離婚して苗字が変わったら、クレジットカードの名義変更って必要なんですか?


 

必要ですね。

 

まずは、クレジットカードの裏に小さく書いてあるところに問い合わせて、名義変更の方法を詳しく教えてもらうのがいちばん確実です。


離婚したいと思ったときに、便利に使っているクレジットカードを、離婚したらどうなるんだろう、と思うことがありますよね。

 

結婚してからクレジットカードを作った場合、家族カードで、夫婦が同じ口座から引き落とし、という場合があります。

 

離婚をして名前が変わっても、支払いの口座さえ変えれば、人が変わるわけじゃないから大丈夫じゃない?

そう思ったりもしますよね。

 

でも、クレジットカードに書かれている文字の部分が変わるから、おそらく名義変更がいるんだろうなぁ、と気になったり。

 

結論として、離婚をして氏が変わったら、クレジットカードの名義変更は、必ずしなければなりません。

 

離婚後も、旧姓でそのままクレジットカードが使えるのが、使う側にとっては楽ですよね。

 

離婚後も、結婚のときに使っていた苗字をそのまま使えることはできますが、その判断は離婚後3ヶ月以内です。

離婚後の姓を「変えない」のか「そのまま」にする?変えないメリットとは

 

信用のために離婚後の苗字が変ったら変更手続きはしておく

 

そもそも「クレジット」の意味は「信用」です。

 

だとすれば、クレジットカードの表示が旧姓のまま使っているって、信じられないですよね。

 

それこそ誰か違う人を語ることができることになってしまって、信用どころではないです。

 

離婚した事情を知らない人から見れば、虚偽の名前でクレジットカードを使っていることになって、将来的にも信用を失います。

 

離婚後もそのままつかえるからいいわぁ〜

 

なーんて言って使い続けていると、いつの間にか使用停止になってブラックリスト入りしているかもしれないです。

 

だから、離婚後も同じようにクレジットカードを使うためには、やっぱり、最低限の変更手続きは必要です。

 

離婚後のクレジットカードの名義変更手続き

 

変更が必要だとして、どのような手続きが必要なのでしょうか。

 

離婚後にクレジットカードの苗字の変更をするだけでも必要な手続きは

 

  • 氏の変更をカード会社に伝える
  • 書類提出する
  • 銀行口座も名義変更しておく
  • 使っているカードによっては再審査が必要

 

これくらいの変更手続きが必要になります。

 

最低限、氏名の「氏」の部分、「苗字」が変わって、新しいカードが送られてくるところまではイメージができますよね。

 

となると、カードの引き落とし先の銀行口座の名義変更、これも変更手続きが必要です。

 

自分名義の銀行口座があれば、それを名義変更して使えばいいんですが、ない場合は新しく作らなきゃクレジットカードが使えないことになります。

 

もともとあった銀行口座の名義変更だけしても、クレジットカードの名義と引き落とし口座とが異なったら、最悪、ブラックリストに載ってしまう可能性もあります。

 

引き落としができなくなって「信用」がなくなるからですね。

 

変更方法は、クレジット会社によって、郵送や電話、ネットで手続きができてしまうところなど手続き方法が違うので確認が必要です。

 

書面の書類に必要な事項を記入して、郵送が必要なところもありますね。

 

その他にも、離婚で住所や働いている勤務先、年収などが変わったら手続きは必要です。

 

名義変更と新クレジットカードを作るのとどっちがお得?

新しいクレジットカードか離婚後の氏の名義変更のどっちがお得か

 

離婚後のクレジットカードの氏の変更に必要な手続きが

  • 氏の変更をカード会社に伝える
  • 書類提出する
  • 銀行口座も名義変更しておく

でしたよね。

 

これだけの変更をするだけでも、1日がかりですが、さらに、使っているカードによっては再審査が必要になるんです。

 

例えば、元配偶者の「家族カード」を使っていた場合です。

 

この場合は、元配偶者の信用で、カードが作られていたので、離婚して自分が単独で使うなら、審査をし直して新しいカードを作らなくてはなりません。

 

確かに、名義変更の方が手続きが少なくて済みそうですが、再審査され直しするなら、新しくクレジットカードを作る場合よりも手続きは面倒かもしれませんね。

 

収入の証明が必要になる場合もあります。

 

結果的に集める書類も、名義変更の場合とたいして変らないからです。

 

新しいクレジットカードを作る場合も、離婚後の苗字変更も、メールアドレスやリボ設定、住所変更、引き落とし口座、などをはじめから入力し直して、設定をしなければならないわけです。

 

さらに、離婚後に家族カードの変更手続きをするとなると、どうしても、前の夫や妻の名前を電話口で話したり、書類に書いたりすることになります。

 

淡々とした作業として常に精神状態が安定しているならまだしも、離婚後です。

 

自分が気がつかないうちに、精神上は不安定になっているので、ボディブローのように後からダメージがやってきます。

 

あまり思い出したくない離婚前の争いの絶えない精神状態を振り返ったりしてしまうんです。

 

できれば、家族カードを使える場合でも解約しておいた方がいいですね。

 

  • 名義変更も、新しいカードも手続きが同じっぽい
  • 名義変更が面倒だなぁ

こう感じた時点で、新しいクレジットカードを作った方が、精神衛生上もお得です。

 

クレジットカードは離婚後でも前でも自分用を持っておくといい

離婚前に自分用のクレジットカードを持つ

 

離婚はまだしていないけど「いつかは離婚したい」と考えているなら、クレジットカードは自分の名義で、自分の銀行口座のものを持っておくといいです。

 

たとえ、離婚したとしても、自分だけのカードなら、手続きはめちゃくちゃ楽チンです。

 

それに「依存していない」という状態は心の安定にもつながります。

 

クレジットカードはかしこく使えば、ポイントもたまるし、やりくりもうまくできるし、便利なことが多いですよね。

 

離婚後に家族カードのクレジットカードの変更事務手続きをするたびに、前の配偶者の名前を思う精神的デメリットはじわ〜っと効いてきます。

 

それより、離婚前にクレジットカードを作った方が、審査に通りやすい場合が多く、ずっと精神的にも経済的にも自立できるからです。

 

  • シングルマザーで無職だとクレジットカードは作りにくい
  • クレジットカードは離婚した後だから審査が厳しい

という公式があるわけではないんです。

 

実質的に、離婚後に無職でシングルマザーとなると、やっぱり、対外的には、お金の信用の面で限られることがありますよね。

 

例えば、結婚していたときは専業主婦で、離婚したら仕事を始めたとしても、仕事をしている期間の制限に引っかかる可能性もあります。

 

離婚後に、仕事を始めてから間もないと、信頼が薄い、というイメージですね。

 

それなりに期間を経なければ、なかなか離婚してからクレジットカードを作るにしても、審査が通りにくい可能性があります。

 

とはいえ、もう、勢いで離婚してしまったから、クレジットカードを作るのは後の祭り、と言うわけではありません。

 

離婚後にクレジットカードを作るなら、最もお勧めできるのが「楽天カード」です。

 

カードで支払うだけで楽天ポイントがたまったり、Edyの電子マネーとして使えたり、支払いを先に伸ばすことができる要素があるので、計画的にお金を使えたり。

 

何と言っても、年会費が永年無料は負担がないだけに、持たない理由がないですね。

 

入会するだけで数千円分のポイントがもらえるキャンペーンは魅力です。

お得な楽天カードの詳細はこちら

 

よく読まれている人気関連コンテンツ