離婚が成立するための原因に当てはまる?

離婚裁判するなら法律上の離婚原因が必要


話し合いで離婚が決まれば離婚の理由は何でもOKですが、離婚訴訟になると法律で決まった離婚理由が必要です。

 

離婚の原因は離婚訴訟になると5つの原因が必要とされているんですね。

 

民法の条文に書かれているのは次の5つ

 

  1. 配偶者の不貞行為があること

    (配偶者以外の異性と肉体関係を持った場合)

  2. 悪意の遺棄があること

    (相手を捨てて家出をする。相手を追い出す。出て行くように仕向けて復帰を拒むなど)

  3. 3年以上の生死不明であること
  4. 回復の見込みがない強度の精神病であること
  5. その他婚姻を継続しがたい重大な理由があること

 

この5つは、相手が話し合いで離婚に応じてくれない場合、次の5つのいずれかの理由に該当することが必要になっちゃいます。

 

協議離婚調停離婚ができなくて、離婚訴訟になった場合には、必ず5つのどれかの理由に当てはまらないと離婚できないんですね。

 

 

裁判で離婚の原因が認められる?こんな場合離婚できる?(まとめ)

裁判上の離婚理由

 

離婚原因にはわかりやすい場合もありますが、判断に微妙なものもあります。

 

その微妙な判断になりそうな離婚原因をまとめてみました。

 

夫(妻)がメールのやりとりや二人きりで会うなどプラトニックな恋愛をしていいますが、離婚できる?

離婚は認められない

精神的な恋愛の場合は、法律で決められた1番目の離婚事由に当てはまりません。

 

ただ、精神的な恋愛でも夫婦の信頼関係が損なわれるほどの内容であれば、5番目の「離婚を継続しがたい重大な事由」として認められる場合があります。

 

詳しくは→どこからが浮気?

 

夫(妻)が以上にケチぎりぎりの生活費しか渡してくれず、足りなくてももっと節約しろ!と怒鳴られます。もちろん妻(夫)の小遣いはありません。

離婚できる

家庭生活の経済的基盤に必要な婚姻費用(生活費)を渡さないことは離婚原因となります。

 

ぎりぎりの生活費に理由があればいいのですが、「節約しろ!」というくらいなので、配偶者に婚姻費用を渡していない、ということになりそうです。

 

妻(夫)が宗教活動にのめり込んで、休日は子連れで出かけてしまいます。最近では、生活費のほとんどを宗教の寄付にまわして生活が逼迫しています。

離婚できる

信仰及び宗教活動の自由は憲法で認められています。

 

配偶者がどのような宗教を信仰しても、それは個人の自由です。

 

自分が気に入らない宗教だから、という理由では離婚は認められません。

 

ただし、

  • 宗教活動にのめり込んで働かない
  • 全く子供の世話もしない
  • 生活費を渡さないほど寄付をしてしまう
などのために、夫婦関係や家庭生活を破綻させるまでになった場合は、離婚が認められることがあります。

 

詳しくは→宗教活動で家庭が崩壊

 

夫の親の介護を妻である自分一人が押しつけられています。夫はもとより夫の兄弟姉妹も見て見ぬふりで手伝ってくれません。

離婚できる

配偶者以外の親族との不和も離婚原因となり得ます。

 

この場合、夫の兄弟姉妹が客観的に「介護を押しつけた」といえる状況であると判断されて、夫が夫婦としての「協力義務違反」で夫婦関係が回復の見込みがないほど破綻していれば、離婚原因になることが十分にあり得ます。

 

参考→離婚したいのは介護が大変だから

 

夫がマザコン。母親の言うことばかり聞いて、休日もほとんど実家に通っています。

離婚できるかわからない

配偶者の妻より、実の母親との関係を重視し、妻と協力し合う関係を作ろうとしないで、夫婦の協力義務に反するといえるような場合で婚姻関係が破綻しているようならは、離婚原因になります。

 

ただ、マザコンのとらえ方によっては、真逆の家族思いの夫であったりする場合もあるので、一概には言えないところです。

詳しくは→マザコン夫と離婚したい!

 

同居している姑が夫婦のことにあれこれ口出しをしてきます。夫は知らんぷりです。

離婚できるかわからない

嫁姑の不仲は世間一般でよくある事例です。姑の言動が気にくわないから、とか姑との同居がいやだから、といった理由では離婚事由として認められません。

 

配偶者の親族からひどい侮辱を受け、それを配偶者に告げても無視したり、親族の味方につくなどで、夫婦の信頼関係が壊れて修復できない状況であれば、離婚事由として認められることがあります。

 

配偶者と親族の不和解消のために、夫や妻がどのような対応をしたのかが問われます。

 

詳しくは→姑との不仲が理由でも離婚できる?

 

夫の浮気相手が男性だった!これも「配偶者の不貞」になるの?

離婚は認められない

浮気相手が同性だった場合、「配偶者の不貞」には該当しないと考えられています。

 

しかし、同性愛のために夫婦の性交渉を拒否しているのであれば、「婚姻を継続しがたい」事由にはなります。

 

また性交渉あっても、同性愛であることがわかったことによって受けた衝撃が大きく、正常な婚姻関係を取り戻すことが難しい場合は、離婚事由の5番目として離婚原因が認められます。

 

アルコール依存症の夫(妻)。今はまだ仕事をしているのですが、働かなくなるのも時間の問題のような気が、、、、

離婚は認められない

アルコール依存症は、法律で決められた離婚事由の「精神病」には該当しない、という考え方が主流です。

 

離婚の原因として認められるかどうかは、依存症の状態が、「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当するかがポイントです。

 

アルコール依存によって勤労意欲が欠如している場合や浪費につながっている場合は、離婚原因として認められることもあるのですが、「働くなるのも時間の問題のような気」の程度では決定的な離婚原因にはならないです。

 

夫(妻)が刑事事件を起こして、実刑を受けました。

離婚できるかわからない

犯罪自体を「婚姻を継続しがたい重大な事由」として認めた判例はありません。

 

犯罪と同居・扶助義務違反と併せて「重大な事由」とした例はあります。
逮捕されたから離婚

 

出世しない・給料が安い

離婚は認められない

一生懸命に働いても出世しない場合もありますし、会社の事情で給料が下がったりしたときには、会社が倒産して失業する場合もあります。

 

一方で、必死にやりくりしているのに理解がないとか、飲んだくれているとかの場合もあります。

 

こういうこそ助け合ってこそ夫婦です。きちんと話しをして一緒に苦難を乗り切る決意をする方が先です。

 

実際には「その他婚姻を継続しがたい重大な理由があること」がほとんど

法律上離婚の原因は決まっている

 

5つの法律で決まっている離婚原因のうち、実際には「その他婚姻を継続しがたい重大な理由があること」がほとんどです。

 

離婚したいランキングで一番に出てくる性格の不一致はよく聞きますよね。

 

他にも、浪費癖配偶者の宗教活動配偶者による暴力(DV)嫁姑問題性交不能・拒否等様々な場合があります

 

離婚原因が明白な場合は、必ず離婚できるんですか?

具体的離婚原因の事由があっても、裁判所は一切の事情を総合考慮して離婚の継続を相当と認めるときは、離婚請求を棄却できると、民法770条2項に規定されています。

 

だから、離婚原因があっても必ず離婚できるとは言えないんですね。

離婚の原因によって一番関わってくるのが、「慰謝料」かもしれませんね。

 

特に浮気・不倫などが原因だと、自分の方に全くの離婚原因がない、と決め込んで慰謝料を請求してくるケースが多いです。

離婚したいが慰謝料払いたくない!払うのは責任があるときだけ

 

離婚を考えるのは結婚生活を振り返るチャンス

離婚の原因と過去

 

何事にも原因があるように、離婚したいと思うなら何からの原因があるはずです。

 

相手の浮気や不倫?飽きてきた?家事をしない?育児放棄?なんとなく将来一緒にやっていけそうにない、などなど、、、

 

その原因がどこにあるかは、夫婦の数だけありますよね。

 

最終的には個別事情によって離婚ができるかどうか決まります。

 

離婚したい!と考え始めると、その原因がなんであれ、どうにも我慢ならないという思いに到達して、感情が先立って「離婚」という結論を出してしまいがちです。
「もう限界!」 と強い気持ちになってしまうんですね。

 

でも、離婚届はいつでも出せます。

 

相手に離婚届けを突きつける前に、本当に離婚していいのか、自問自答してもう一度見つめ直してみることが大切です。

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。

 

離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

離婚訴訟になったら、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近では不動産の売却見積もりをインターネットで1分程度でカンタンに不動産価格を出してもらうこともできます。

売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

夫婦のいざこざを相談することって身近な人ほど話しずらいです。

 

なかなか親しい人にも相談できないですよね。

 

離婚したい理由の中でも、もっとも相談しにくいのに決着をつけておきたいのは浮気・不倫です。

 

相手が浮気や不倫を感じたとしても、すぐにはおおごとにせず「証拠集め」から作戦を練ってくださいね。

 

後でしらを切られてしまうと、自分だけが悲しい気持ちになってしまいます。

 

離婚のことで悩んでいたり知りたいことがあれば、まずは家庭裁判所に行くといいです。

 

もちろん、「離婚できるか、できないか」の判断はしてくれませんが、主に手続き的なことであれば、わかりやすく教えてもらえます。
家庭裁判所の離婚相談は無料で中立・公平

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ