夫婦の性生活が全くない

心のどこかで何だかものすごく物足りない気持ち


離婚したい理由が「セックスレス」

 

そう聞くと、「わかる、わかる」と言う人から、

 

子どもや家庭のことを大切に思うなら「そんな理由で離婚するはずがない」と言う人もいますよね。

 

やっぱり、実際に夫婦である前に、一人の大人の人間としての男女なんです。

 

性の不一致は離婚理由にもなります。

 

どういったきっかけかわからないけど、気がついたらいつの間にかセックスレスになってしまったという夫婦は多いです。

 

完全にないわけじゃないけど、満足する回数ではないことが減って・・・・

 

なくても夫婦仲は悪くはない。

 

性交渉することだけが夫婦の本質だとも思っていない。

 

でも、レスになると相手が本当に自分のことを大切にしているのかと不安になりますよね。

 

  • 子供が欲しいのに取り合ってくれない
  • 年齢的に子供が産めなくなるタイムリミットもある
  • 周りの人たちが出産ラッシュ
  • 自分より後に結婚した友人に置いていかれる感じ

 

一緒に暮らしていても、心の中では何か物足りない気持ちになってしまうのがレス状態です。

 

夫婦のコミュニケーションが大事なように、夜の夫婦生活もとても大切なことです。

 

実際に離婚にまでなってしまう原因と、離婚までできるかの関係を詳しく紹介します。

 

 

セックスレスが続いているから離婚したい!

 

あまりおおっぴらにできないんですけど、うちは夜の夫婦生活が10年近くないんです。

一ヶ月に一度以上ない場合を、レスと定義されていますが、日本人はその割合は44%になるそうです。

 

だからといって、夜の生活がないから悪い、あるからいい、という問題ではないですよね。

最近は「セックスレス」の夫婦が増えているんです。

 

二人っきりで一緒にいても、

 

一緒にベッドに入ってもなにもしない で、一時的ではなく何ヶ月も何もしない状態。

 

つきあっていてもセックスをしないカップルの場合は、昔ながらの「プラトニックラブ」と同様なので、たいした問題ではないですよね。

 

プラトニックラブは決しておかしなものではないのですが、

 

精神的なつきあいばかりしていると、必要以上に相手を美化してしまうこともあります。

 

しかし、夫婦の場合、自分の遺伝子を残すという生物の本質から考えても、あってはならないことですよね。

 

確かに、夫婦といっても独立したふたりの人間です。

 

各々に性の好みもありますし、お互いに「性」についても決定権があります。

 

法律に明文化されているわけでもない夫婦の性生活です

 

でも、夫婦には貞操義務があるとともに、夫婦間のセックスも義務のうちとも考えられています。

 

だからといって、レスでも夫婦間に愛情や信頼関係があって、お互いに納得して満足しているのであれば、当然なにも問題はありません。

 

これが、二人の間に認識や感覚のズレがあると問題が生じます。

レスで離婚したい!離婚の原因にもなる性の不一致ってどの程度なの?

 

認識にズレがあった場合、話し合いがなされないと知らないうちに溝が広がっている、ということもあるかもしれません。

 

とくに、夫婦での気持ちのずれがあると、心の中で焦りみたいなもの生じてくることもありますよね。

 

 生活は、夫婦の最もプライベートな領域でデリケートな問題だけに、一概では判断できませんが、

 

どちらかに不満があれば夫婦間の溝になって離婚の原因にもなります

 

法的には離婚して慰謝料請求できる?

セックスレスとは、病気などの特別な事情がないのに、一ヶ月以上性生活がないことをいいます。

 

最近はセックスレスの夫婦が増加しているといわれていますが、

 

双方がそれでも納得しているなら、法律的にもまったく問題にはなりません。

 

ましてや、数回拒否されたくらいでは離婚の原因としては認められません。

 

しかし、夫婦のどちらか一方がセックスを望んでいるにもかかわらず、数ヶ月以上も応じてもらえないのは

 

「婚姻を継続しがたい重大な理由」に該当することがあります。

 

結婚が「男女の精神的・肉体的・金銭的な一切を共有することを目的とする結合だから」と考えられているからなんですね。

 

具体的には、一方が理由もなく長期間にわたって性交渉を拒否して、拒否された側は精神的苦痛を感じて、それが原因で夫婦関係が破綻してしまったような場合です。

 

性生活は単なる快楽をもたらすだけのものではなく、最高のスキンシップであり、幸せなひとときを共有することでもありますからね。

 

なんといっても夫婦の愛情や絆を深める効果があります。

 

それを相手から 拒絶 されれば、夫婦関係がぎくしゃくする理由の一つになることは避けられないです。

 

また、セックスレスによる欲求不満状態が続けば、好ましくない異性との肉体関係を考えるようになるのが自然な流れになってしまいます。

 

とはいえ、夫婦のセックスレスが浮気や不倫を擁護することはできないです。

 

法的には。。。。ですが・・・・

 

離婚をしたいと考えているなら有責配偶者にならないように注意してください。

 

我慢を続ける一方で、離婚したいと考えているなら、セックスレスに至った原因にもよるのですが、一般にこれだけでは慰謝料請求は難しいかもしれません。

 

それでも、長い間我慢してきたなら 財産分与で しっかり取り分を請求してみましょう。

 

離婚の時に、財産分与を考えているなら、今の自宅の価格は必ずチェックしておく必要があります。

 

ローンの方が多いのか、自宅の価値が大きいのかによって、今後の財産分与の方向は大きく変わるからです。

売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

浮気・不倫の可能性もある

魅力ある夫婦がしなくなったら浮気の可能性がある

 

結婚生活も長くなると、夫や妻に対してお互いに魅力を感じられなくなってしまう、ということもあります。

 

男性である夫の場合は、中年になってくるとお腹も出て、加齢臭も出てきますよね。

 

そんな夫に対して付き合いたての魅力を感じなくなるのも無理はありません。

 

女性である妻の方も、体型が大きく崩れてしまい、服装もだら〜っとしたものばかりだと、女性としての魅力は誰にも写りませんよね。

 

そういった「生理的に無理になった」という場合もあります。

 

ただ、いままで長年セックスレスでもうまくいっていたのに、急にそれを不満にするようになった場合は、

 

浮気や不倫など異性関係が原因の可能性もあります。

【関連記事】突然離婚したいと言われたら

 

妻以外の他の女性で、性欲が満たされているなら、妻とする必要を感じからってことですか?

他に好きな女性ができたり、相手をしてくれる場合は、妻でない人とのセックスをしたいと思うものですからね。

もし、ピン!とくることがあるなら、証拠だけはしっかり押さえておくことです。

 

必ず、後から相手は「証拠、証拠」と言ってきます。

 

浮気や不倫を感じたとしても、すぐにはおおごとにせず「証拠集め」から作戦を練ってくださいね。

浮気の証拠を確実にしてから離婚するかしないか

 

女性がレスになる理由は男性とは別のこともある

女性が夫と接触を拒むめんどくさいという理由

 

女性である妻の方が、セックスレス になる理由として、男性と同じように浮気・不倫という理由も確かにあります。

 

ただ、それ以外にも夫である男性には想像しにくいことも理由にあったりするんですね。

 

それが、出産してホルモンバランスが変わったという理由です。

 

子供を産むと、女性は男性と違って体に変化が出てきます。

 

その結果、女性ホルモンのバランスが変わって性欲が抑えられてしまうんですね。

 

二人目の子供が生まれる前から、すっかりなくなってしまいました。

女性は、子供を産むという男性にはない体のつくりをしていることから、ホルモンバランスが崩れると、そもそも夜の生活自体を思わなくなることもあるんですね。

子供が生まれる前後から、性欲が抑えられてしまう

   ↓

生まれた子供に手がかかる

   ↓

子供中心の生活

   ↓

夫との時間が減る

 

こんな循環に入ってしまうんですね。

 

そうなると

 

セックス自体面倒くさい

 

そう思うようになるんです。

 

そもそも女性は、そんなに好きじゃない人も多くて、子供がいるとさらに時間の確保やら場所やら、

 

そんなことに気をつかうのすら面倒くさくなるんですね。

 

そんな状態だと、独りよがりの夫に付きあうことが苦痛に感じてしまうものです。

 

生物学的には本能?環境?

 

セックスは本能的なものとはいえ、適切な環境に育たないと、できなくなってしまいます。

 

このことは猿の実験でわかっています。

 

猿を子供の頃に社会的に隔離して育てたところ、大人になってセックスができませんでした。

 

しかも、脳に異常が発見され、愛情やセックスに重要な役割をする脳内物質(ドーパーミンやセロトニン)が激減していました。

 

さらに脳の構造にも異常が見つかったのです。

 

猿の実験をそのまま人間に当てはめることはできませんが、猿も人間も同じ霊長類なので、この実験データは参考になります。

 

つまり、人間も子供の頃の環境や育てられ方で脳に問題が起こり、セックスレスになる可能性がある、というわけです。

 

この可能性を確かめるには、多くのレスといわれる夫婦の脳をきちんと調べる必要があるので今の段階ではあくまでも可能性です。もし、そうだったら大きな問題になってしまいます。

 

性的不能とか性の不一致は?

 

性的な不能は、それが発生した時期や原因、度合いなどがいろいろと考慮されます。

 

性的不能を隠して結婚した場合には、離婚が認められるようになっています。

 

セックスの拒否のほかにも、性の不一致も離婚の理由になることもあります

 

不一致のせいで、日常生活を壊すこともありますし、日常生活のストレスが不一致を産むこともあります。

 

配偶者の性的嗜好が異常だったり、不本意な性交渉を強要され続けたり、、、、

 

そんな場合には、性の不一致が理由で夫婦生活が破綻した場合には、離婚が認められることもあります。

 

が、でも、しかし、、、、

 

どのような状態が異常なのかは、客観的な判断は難しいです(゜◇゜)

 

まして、裁判でそれを証明するのも困難なのも事実です。

 

確かに、異常な性癖も離婚の理由にはなります。

 

だまって拒否すると「性生活に応じてくれない」と逆に攻められてしまいます。

 

逆に、気持ちを伝えたのに強要してきたらトラウマになる前に離婚を考えるべきです。

 

セックスの話は夫婦につきものであるにもかかわらず、話し合いにくい内容なので、本当は解決策があってもそれに気が付かないまま離婚してしまうことも少なくありません。

 

なかなか親しい人にも相談できないです。

 

夫が妻のことを女として扱わない、妻が夫のことを男として見なくなる

 

  • 男とか女とかそういうものを通り越して、仲のいい親友?
  • 一つ屋根の下に一緒に暮らしているのに、男女としては終わっている?

 

もう一人の男女として見られないなんて、本当につらいですよね。

 

まだ先の長い今後の人生のなかで、今の自分にない本来の自分を取り戻してみませんか?

 

離婚したいと思いはじめると、心も体もクタクタになりがちです。

選択肢が離婚しかないなんて思い込んでいるなら、第三者に相談することで、新たな道が開けるかもしれませんよ。
心の悩みがあったら気軽に相談してくださいね(無料です)

 

離婚 住宅ローン

     

よく読まれている人気関連コンテンツ