離婚しても女性は300日は元夫と別れられない?

 

離婚届を出したら前の夫とはキレイさっぱり別れたい!

 

そう思うこともありますよね。

 

子供がいなかったりすれば、すっかり忘れてしまうくらい一人になれる、そう思っても

 

離婚しても300日は注意!

 

離婚後300日問題というのが女性にはあるからなんですね。

 

離婚後300日問題とは、離婚してから300日以内に生まれた子どもは、離婚前の夫の子ども、と形式的に決まってしまうんです。

 

 

離婚後に生まれた子は300日がポイント

 

離婚してから 300日 が経つか経たないか微妙なところで、子どもが生まれそうなんです。

 

離婚後300日以内に生まれた子供の問題があるって聞いたことがありますが、生まれた子どもの戸籍ってどうなるんですか?

離婚後に生まれた子供で、離婚後300日以内に前の夫の子供が生まれた場合は、子供は必然的に前の夫の戸籍に入ります。

 

せっかく離婚してもそんなことが、、、イヤですよねぇ

離婚したのに、前の夫の子どもになるんですか?

そうなんです。

 

民法上は離婚してから300日以内に生まれた子どもは、前の夫と結婚中にできた嫡出子になるんです。

 

嫡出子とは、婚姻した夫婦の間の子、という意味です。

 

どちらの夫の子かということは他人にはわからないので、離婚解消の日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定するんです。

 

戸籍を受け付ける係の人は、届けを形式面しか審査できないからしょうがないんですね。

親権 はどうなるんですか?

離婚しているので、独身状態と同じなので親権は母親です。

離婚後、300日を過ぎていたらどう変わるんですか?

300日以降は母の戸籍に非嫡出子、として記載されます。

それにしても、300日って長いですよねぇ

 

単純に計算したら10ヶ月ですよぉ

確かに、300日って長すぎと思うかもしれませんね。

 

平成29年現在、民法改正案もありますが、300日問題云々言う前に、さっさと離婚して新しい人生を切り開いていった方がいいです。

 

結婚生活にしがみついていても執着していていいことはないですね。

離婚後300日問題が起きてしまうのは、離婚前にいい男性がいて、実はそっちの子供なんじゃないか?、というケースがあります。

 

離婚してからすぐに生まれた子、その子が離婚前の夫の子供であると仮定するなら、そういうボディータッチがある生活を離婚前まで送っていたことになりますよね。

 

その後、すぐに離婚、というのはいかにも 不自然 なわけです。

 

それでいて離婚後300日以内に子供が生まれる・・・・

 

考えられるのは、離婚前から性的な関係まである男性がいた、ということではないでしょうか。

 

全てが全て、離婚後300日問題がそうではないと思いますが、イジイジと離婚しないで夫以外の男性とそういうことになってしまうと後々生まれてくる子供にも影響してしまうんですね。
離婚後300日問題はマイナスのことが多い

 

離婚後300日以内に子供が生まれてもいいことはない!

離婚後300日以内に生まれた子供は戸籍上も離婚前の夫の子供

 

問題になるのは、 もしも元夫ではない別の男性が父親 だとわかっていたとしたら、その男性から認知を受けなければなりません。

 

ところが、非嫡出子となるので、認知されなければ、養育費請求ができない可能性も出てきます。

養育費の請求

 

なぜなら、離婚成立前に夫以外の男性との間にできた子供でも、300日以内に生まれれば元夫の子として戸籍に記載されてしまうからです。

 

そうなると戸籍の記載を変えるには、元夫の方が本当の父親ではない、ということを証明する手続きが必要!!

 

ところが、元夫との戸籍に一時でも入れたくないという思いの母が出生届を出さずに、子が無戸籍になることがあります。

 

また、記載を変えるだけですが、調停では、DNA鑑定して本当の父は元夫ではない、と証明できて初めて親子関係はない、と認められます。

 

こんな風になってしまわないためには、離婚を決めたらできるだけ早い段階で離婚準備にかかる必要があるのです。

 

離婚したいと思ったらまずは財産チェック

 

離婚のときに問題になるのは、子供の事とお金のことがほとんどです。

 

離婚前に離婚話を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

だから、離婚について話し合う前に結婚してからの財産チェックをしておいた方がいいです。

 

もし自宅などの不動産を所有しているのなら、最終的に離婚したとなるとお金の問題は、財産分与で清算、という方法をとります。

 

売却したらどれくらいの価格になるかを出して、資産価値からの処分を検討しておきましょう。

住宅ローンはその価格から差し引きます。

売ったらいくらになるか60秒でわかります(無料です)

 

養育費が不払いになっても泣き寝入りはしない

 

すでに離婚をしてしまった場合には離婚前の財産分与チェックとはいかないですよね。

 

確かに財産分与は離婚してからも2年間は時効で消えません。

法律上は、この2年間は消滅時効とは微妙にちがう除斥期間とされていて、2年経つと請求ができなくなっちゃうんですね。
財産分与は離婚後2年の除斥期間で請求できなくなる

 

ただ、こんな財産分与の請求なんかしても、また前の夫ともめるだけです。

 

離婚届を提出するのが、遅くなってしまったのが今いる小さい子供のため、という場合もありますよね。

 

子供を育てるにはお金がかかります。

 

離婚時に 養育費 を決めているなら、通常「子供が成年になるまで継続的に支払う」という約束をしていることが多いものです。

 

しかし、養育費の取り決めをして最後まで支払いをしている人は2割にも満たない統計が出ています。8割の人はあきらめと泣き寝入りをしているのです。

 

養育費は子供にとっての権利で大事なお金です。親の自分が泣き寝入りするのは子供への約束も自分が破っていることになるのです。

 

養育費が支払われない時こそ、子どもの成長のためにクールに対応しましょう。

!必ず養育費をもらい続ける方法とは?

 

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ