増えている離婚後ストーカーには警察対応

離婚した元夫がストーカー行為を続ける

 

離婚することができたのはいいけど、相手がストーカーと化してしまうと、

 

いつ何があるかわからなくて悪い意味でドキドキの毎日ですよね。

 

離婚したけど元さやにもどりたい相手は、復縁を迫るために ストーカー行為 をすることが多いようです。

 

ストーキング行為をされたら真っ先に警察に行くことです。

 

もし、離婚後に豹変しそうな相手なら、離婚する時にもストーカー行為をしないように決めごとをして予防線を張っておくのが理想的ですよね。

 

もしも離婚した元夫がストーカーと化して、しつこさを通り越したレベルでつきまとわられた場合の対処法を紹介します。

 

 

 

復縁を迫る元夫には第三者を介入させた方がいい

 

去年29歳の夫と離婚をしたんです。

 

現在は、私と子どもは実家に戻っているのですが、元夫が復縁を迫って ストーカー 行為をしてくるんです。

どんなことをしてくるの?

執拗な意味不明なメールや無言の留守番電話とか、

 

自宅の周りをうろついて、郵便物やごみまで調べているのです。

 

やめさせる方法はありますか?

おおごとにしたくないのであれば、まずは2人の親族や知人などに間に入ってもらって、

 

『復縁の意思がないこと』『ストーカー行為をやめてほしいこと』を伝えてもらうことです。

 

また、弁護士に依頼して内容証明郵便でストーカー行為をやめるように警告するのも一つの手です。

復縁を迫る夫の心理の根本は、「依存」です。

 

自分一人では生活できなくなったから、元妻の元にどうにかして戻りたい

 

というのが本音なんですね。

 

そこを、

 

「おまえは、俺がいなければ生きていけない」

 

と言い聞かせて、自分で思い込むことで、自分の存在意義を確認しているんです。

 

心の根本は、「かわいそうな妻を支える強い夫」と認めてもらいたい承認欲求があるわけです。

 

その心理を崩すのは、自分だけではなかなか対応できません。

 

公的機関の警察や、弁護士などに一喝してもらうと、そういった人は心を崩されて、退散するものです。

 

開き直りストーカーは絶対に警察対応

 

まず、約束していた 養育費を支払わなくなった んです。

 

それからだんだんとエスカレートした行為になって・・・とても話しを聞く相手じゃないんですよねぇ

それなら、場合によってはとにかく早く警察へ相談に行くのがいいこともあります。

 

ストーカー行為をされていることの証拠を警察へ持参して、ストーカー規制法に基づく措置を求めてください。

ストーカー行為をされたら、いつ、何をされたかメモに残しておくことも大切です。

 

ストーカー行為と判断されれば、ストーカー規制法に基づいて、警察署長などから「ストーカー行為をやめなさい」と警告を出してもらえます。

 

それに従わなければ、都道府県公安委員会から『禁止命令』を出してもらえます。

 

それでもやまなければ1年以下の懲役は100万円以下の罰金の処罰を受けます。

 

ただ、ストーカー行為がすごくて緊急なときまどろっこしいですよね。

 

ストーカー行為が明らかな場合は、警察に被害者が『告訴』すれば、警告や禁止命令を待たずに元夫を逮捕して、刑事裁判で6ヶ月以下の懲役、または50万円以下の罰金なることもあります。

 

ストーカーの行為が激しかったらまっさきに警察へ!

ストーカー行為があったら警察へ

 

最近の離婚では、離婚後に元配偶者からのストーカー行為が始まって困惑しているということが起きています。

 

ストーカー規制法が2000年に施行されてから、警察に認知された件数は、

 

年々増え続けて、2013年にはついに2万件を超えました。

 

ストーカーの大半は元交際相手や元配偶者を追い求めているのです。

 

「好きだけど憎い」という、相反する感情を抱きながら相手にこだわり続けているのです。

 

お互い納得して離婚したはずでも、元夫や元妻がつきまとい、待ち伏せ、無言電話やビラまきなどの嫌がらせ、復縁を迫るなど、ストーカー行為に及ぶことがあります。

 

ましてや、愛情や未練、欲望が満たされないときの恨みつらみなどを抱いている場合には、

 

しつこく継続して、エスカレートしていくこともあり得ます。

 

ストーカー行為をしている元夫

 

相手が自分の思い通りにならないと、今度は相手を脅して自分の期待通りにさせようとします。

 

あまりにひどいストーカー行為にあったら、

 

すぐにでも地元の警察署に相談に行きましょう。

 

その時は、できれば1人でなく、弁護士など事情をわかっている第三者と一緒に出向くようにした方がいいです。

 

物的証拠や証人など、被害の事実を立証できるだけ集めておくことです。

 

相手からのメール、手紙、配られたビラなどは、見るのもイヤでも捨てたり消去しないようにしましょう。

 

なお、離婚調停中でも、元夫のストーカー行為によって身に危険が生じたり、脅迫行為がずっと続いているようなら、

 

DV法による接近禁止、電話・メール禁止などの保護命令を裁判所から出してもらえる可能性があります。

 

養育費が不払いになっても泣き寝入りはしない

 

元夫で、養育費を支払わないで子供や元妻に会うためにストーキング行為をする人もいます。

 

養育費が途絶えてしまって、ストーキング行為をされると、怖さから請求はできないですよね。

 

子供を育てるにはお金がかかります。しかし、養育費の取り決めをして最後まで支払いをしている人は2割にも満たない統計が出ています。

 

8割の人はあきらめと泣き寝入りをしているのです。

 

でも、養育費は子供にとっての権利で大事なお金です。親の自分が泣き寝入りするのは子供への約束も自分が破っていることになるのです。

 

養育費の請求を自分で行う必要はありません。

自分で請求する必要なし!弁護士が未払い養育費を回収してくれます

養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ