話し合いができなければ次は離婚調停

夫婦で離婚の話し合いがまとまらない

相手が、離婚に応じてくれない

離婚はOKだけど、子供の親権やら財産、養育費などで話が合わない

 

そんなときには、家庭裁判所での離婚調停に進みます!
「夫婦関係調整(離婚)」の申立です。

 

協議離婚は難しいと予想できるときに、最初から調停離婚を選ぶケースもあります。

 

調停とは話し合いという意味です。

 

あーーー話し合いができなーーーい

訴訟だぁ!

 

「調停なんてめんどう、すぐにでも裁判を!」
って気持ちになっちゃうものなんですけど、離婚訴訟を起こす場合には、その前に家庭裁判所で離婚調停を行わなければならないんですね。

話し合いがこじれたからって、すぐに訴訟ができないんです。

 

これが、調停前置主義です。法律で決められているんですね。

 

一般的に裁判こそが第三者を介した離婚の有効な方法のように思えるんですが、日本では調停前置主義といって、調停をしなければ離婚裁判をすることができないので、調停を申し立てることが、協議がうまくいかなかった離婚の進むべき道とされているんですね。

 

離婚したい当人同士はかな〜りまどろっこしかったりするんですが、裁判は時間もかかって、お互いの意見が真っ向からの対立します。

 

実際にはほとんどの場合、弁護士さんが法廷には立つんですけど、自分自身は過去を振り返ったりすると、相手のいや〜なことばっかり思い出したり、そんなことに時間がかかったり、消耗する体力・気力も大きいです。

 

それを考えれば、お互いの話の中から調停委員が合意できるところは指摘してくれるし、話し合いを進めてくれる調停はある意味で理にかなっていると思えますよ。

 

この家庭裁判所に持ち込まれる調停事件は、ストレートに離婚したい!という申立が多いのは当然なんですが、それ以外にも

  • 離婚せずにやり直したい
  • 離婚はいいが子どもをどちらが引き取るか
  • 離婚はOKでも財産分与はこれくらいほしい、、、

など申し立てられる原因はさまざま

 

こういったことを調停委員や家事審判官(裁判官)という第三者の介入によって離婚を進めていきます。

 

申立が受理されると、裁判所が第一回調停期日を決定します。すると、書記官の名前で、調停期日呼出し状が申立人と相手方のそれぞれに郵送されてきます。

 

調停は、通常男女各一人の調停委員が、申立人と相手方それぞれの言い分や事情を聞いて問題点を整理したり、今後の調停の方向付けをします。

 

離婚調停の期間や流れ

 

調停を重ねて話がまとまって、合意に達したら、裁判所が調停調書を作成して「調停離婚」が成立します。

 

成立したら、原則として申し立てた人は10日以内に離婚届を提出します。

 

     

調停離婚記事一覧

家庭裁判所で調停こんな言葉を想像するだけで、緊張してしまいますよね。実際に、家庭裁判所に足を向けることなんて、一生のうちに行かない人の方が多いですからね。調停は家庭裁判所の区切られた部屋で行います。実際に行くと、テーブルとイスがあるだけで、小さい会議室のようにも思えます。そんな、家庭裁判所での離婚調停の手続きと、流れの雰囲気を、3分で読めるくらいにまとめて振り返ってみます。調停の雰囲気をすぐにでも...

調停にかかる期間は、おおよそ6ヶ月〜1年です。ここでは、調停の期間に、節目ごとに何をしていくのか、を紹介します。申立が受理されると離婚調停の申し立てが受理されると、事件番号がつけられます。この事件番号が名前のようなものです。書類や資料を家庭裁判所に郵送したり、なにかの問い合わせをするときにはこの番号が必要になります。申立が受理されてから1〜2週間後裁判所内部で、書類の事前チェックがあった後に、調停...

日本の離婚制度は、離婚したいと思ったら、離婚訴訟の前に一度、調停をしないと離婚訴訟ができないようになっているんです。これが、調停前置主義という離婚手続きの順番の一つです。たとえば、片方は、「離婚したくない」と思っている。もう片方は、「離婚したい」と思っている。そのとき、『離婚したい』って話し出したら、その後はお互いに話し合うのって難しいですよね。そうなってしまうと、自分ではもう離婚の話はしないで、...

調停しない審判の離婚は法律で決まっている離婚をするときは、まず夫婦で話し合ってできなければ調停、という流れをとりますよね。でも、事情や内容によっては調停で話し合わなくても、裁判に似た「審判」の制度で、離婚が決まることがあります。そもそも「審判」を離婚でするには、前提条件として「離婚そのものに合意」している調停ができない場合なければいけないんですね。その上で、細かいことを「審判」で決定する、という感...

離婚したい けど、夫婦二人で話し合いができないから 調停 を利用することってあるんですよね。調停を利用しても、離婚することと親権だけは決まったけど、養育費や財産分与の詳細が決まらないことがあります。その場合には、調停で決めたこと全部が不調になって、せっかく決まった親権も決まらなかったことになるのでしょうか。調停で一部だけ合意した場合は、いずれにしても離婚裁判に話し合いの場をうつすことになります。す...

妻と離婚したいけど、話し合いがうまくいかないことってありますよね。さらに、離婚時の条件でとんでもない要求をしてくることもあるんですよね。払えそうにない高額な慰謝料だったり、子供に会わせないことだったり・・・・妻側の離婚の請求に対して、夫は早期決着をしたいがためについ冷静さを欠いて理不尽な要求を受け入れてしまうことがあります。しかし理不尽かどうかは、調停や離婚裁判の判決といった社会通念できまります。...

結婚して夫婦仲が悪くても、よくても、相手の心の中ってなかなかわからないですよね。何かわからないけど、相手が突然、失踪してしまった。蒸発かもしれない。失踪したのか、事件なのかはわからない。そして、長い年月がたった。腹が立ったり悲しいのか自分でもわからないまま、今の住んでいるところで待ちに待っていたのに、いっこうに帰ってきません。いつまでもこのような不自然な状態のまま暮らしていくことになってしまうので...

離婚するタイミングって、離婚調停手続きに限らず、解決には意外に法律的な問題が絡み合っていて、複雑な法的判断が必要なことが多いですよね。そんな、離婚調停でも、一瞬で解決してしまう方法があります。今回は、離婚調停を法律のプロである弁護士に依頼する際に、これだけのポイントを押さえていれば、離婚を有利に運ぶことができる方法をご紹介します。離婚調停ってそもそも 弁護士 は必要ない、って聞いたことありますけど...

調停委員は仲介人調停委員って裁判官のようなイメージがありますよね。でも、調停の場にいる調停委員には何の権限もありません。だから離婚調停の場では、調停委員から変な人だとかわがままな人だと思われたとしても不利益はほとんどありません。相手が裁判官なら、悪い心証を与えることによって不利な判決がなされるリスクを考えなければなりませんが、調停委員についてはそのようなリスクはありません。調停委員は離婚の判断はし...

調停は「協議離婚+第三者」離婚調停って、夫婦二人では離婚を話し合えないからするんですよね。調停でも話し合いに決着しなければ、裁判離婚になってしまうわけです。裁判と話し合いの真ん中にあるのが、離婚調停です。一番の特徴は、調停委員という第三者が、夫婦の話を聞いてくれる、というところなんです。協議離婚の延長で、そこに第三者がいる、イメージなんですね。だから、調停での離婚したい理由は、法律で決まっておらず...

離婚をする際に調停の手続きを始めるとなると、お互いに気が立っていたりするので、トラブルも多くなってしまいがちですよね。そんな時でも、冷静に対応して、離婚後の生活を順調に進めたいなら前もって準備しておくと抜かりないことってあります。調停前の財産隠しや、調停が終わって決まったことを守ってもらうために有利になる知識をまとめてみました。調停をする前にもできる仮処分制度調停って短くても半年くらいかかるので、...

離婚調停は家庭裁判所で行われますよね。家庭裁判所って、典型的なお役所です。ということは、離婚調停する日時も平日、なんですね。そして、離婚調停をするという期日の通知は、突然やってきます。それも、勝手に日にちと時間を決められています。調停は家庭裁判所で行うので、お役所仕事の平日9時-5時の間に指定されるので、サラリーマンで仕事をしていると、どうしても出頭できないこともあります。もしかしたら、夫が仕事で...

離婚まで考えたもののやはり相手ともう一度話し合ってみたいもう一度相手の本心を確かめてみたい、というときがありますよね。そんなときに、いざ夫婦で話し合おうとしても二人きりになると感情的になってしまう、うまく話ができない、ということがあると思います。また、一方が話し合いをしたい、と思っても、相手が聞く耳を持たない、話し合いに応じないなどということもあるでしょう。もう一度話を聞いて、離婚したいのかを確か...

調停での弁護士の役割は脇役離婚調停では夫婦二人が話し合いの場を、調停委員という第三者に仲介してもらうので、実際に弁護士は必要ない気もしますよね。ちょっとした制限はありますが、弁護士も家庭裁判所の調停に行くことができます。弁護士がいると法的な会話がスムーズにできたり、代理人として調停に行ってもらうこともできます。夫婦の問題が調停になるくらいなら、弁護士への離婚相談はどこかでしておいた方がいいですよ。...

調停が成立すると調停調書を裁判官が作成してくれます。調停で離婚の話がまとまり、調停調書が作成されれば、調停成立です!調停の席できまった合意の内容を記載した調書が裁判所のお墨付きがもらえるようなものです。調停手続き中はほぼ顔を見せることがない裁判官があらわれて、そこに裁判所書記官が隣に座って立ち会って、調停調書が作成されます。まるで、ドラマのシーンの一場面のようですけどある程度ひな形が決まっている感...

調停は基本、話し合いの延長離婚の際に、慰謝料がからんで、話し合いがヒートアップすることってありがちです。慰謝料の額を決められないなら、家庭裁判所の調停で決められればいいですよね。家庭裁判所は、夫婦の合意できれば調停調書の内容にしてくれるこれが、離婚調停のスタンスです。だから、正確には家庭裁判所での離婚調停で慰謝料額も決めてくれるの?って言われると、答えはNO!です。「調停で慰謝料の額が決まる」の意...