話し合いができなければ次は離婚調停

夫婦で離婚の話し合いがまとまらない

相手が、離婚に応じてくれない

離婚はOKだけど、子供の親権やら財産、養育費などで話が合わない

 

そんなときには、家庭裁判所での離婚調停に進みます!
「夫婦関係調整(離婚)」の申立です。

 

協議離婚は難しいと予想できるときに、最初から調停離婚を選ぶケースもあります。

 

調停とは話し合いという意味です。

 

あーーー話し合いができなーーーい

訴訟だぁ!

 

「調停なんてめんどう、すぐにでも裁判を!」
って気持ちになっちゃうものなんですけど、離婚訴訟を起こす場合には、その前に家庭裁判所で離婚調停を行わなければならないんですね。

話し合いがこじれたからって、すぐに訴訟ができないんです。

 

これが、調停前置主義です。法律で決められているんですね。

 

一般的に裁判こそが第三者を介した離婚の有効な方法のように思えるんですが、日本では調停前置主義といって、調停をしなければ離婚裁判をすることができないので、調停を申し立てることが、協議がうまくいかなかった離婚の進むべき道とされているんですね。

 

離婚したい当人同士はかな〜りまどろっこしかったりするんですが、裁判は時間もかかって、お互いの意見が真っ向からの対立します。

 

実際にはほとんどの場合、弁護士さんが法廷には立つんですけど、自分自身は過去を振り返ったりすると、相手のいや〜なことばっかり思い出したり、そんなことに時間がかかったり、消耗する体力・気力も大きいです。

 

それを考えれば、お互いの話の中から調停委員が合意できるところは指摘してくれるし、話し合いを進めてくれる調停はある意味で理にかなっていると思えますよ。

 

この家庭裁判所に持ち込まれる調停事件は、ストレートに離婚したい!という申立が多いのは当然なんですが、それ以外にも

  • 離婚せずにやり直したい
  • 離婚はいいが子どもをどちらが引き取るか
  • 離婚はOKでも財産分与はこれくらいほしい、、、

など申し立てられる原因はさまざま

 

こういったことを調停委員や家事審判官(裁判官)という第三者の介入によって離婚を進めていきます。

 

申立が受理されると、裁判所が第一回調停期日を決定します。すると、書記官の名前で、調停期日呼出し状が申立人と相手方のそれぞれに郵送されてきます。

 

調停は、通常男女各一人の調停委員が、申立人と相手方それぞれの言い分や事情を聞いて問題点を整理したり、今後の調停の方向付けをします。

 

離婚調停の期間や流れ

 

調停を重ねて話がまとまって、合意に達したら、裁判所が調停調書を作成して「調停離婚」が成立します。

 

成立したら、原則として申し立てた人は10日以内に離婚届を提出します。

 

     

調停離婚記事一覧