円満調停なら本心が確かめられる

円満調停で相手の本心を確かめてやり直し

 

離婚まで考えたもののやはり相手と

 

もう一度話し合ってみたい

 

もう一度相手の本心を確かめてみたい、

 

というときがありますよね。

 

そんなときに、いざ夫婦で話し合おうとしても

 

二人きりになると感情的になってしまう、うまく話ができない、ということがあると思います。

 

また、一方が話し合いをしたい、と思っても、相手が聞く耳を持たない、話し合いに応じないなどということもあるでしょう。

 

もう一度話を聞いて、離婚したいのかを確かめる

 

そんなときには、家庭裁判所で夫婦関係調整(円満)調停を利用することがおすすめです。

 

円満調停では、第三者である調停委員が間に入って、しかも、直接、配偶者と話をする必要もないので、本心が確かめられるからです。

 

ここでは、円満調停をどのように利用したらいいのか、を紹介します。

 

 

円満調停を使って離婚する方法もある

円満調停を使って離婚したい!相手の本心を確かめられる方法です

 

たとえば、夫が家を出て愛人のもとに走ってしまって、一方的に離婚を要求している。

 

しかし、妻はまだ小さい子供がいるので離婚を望んでいない。

 

夫に戻ってくるように呼びかけても応じない。

 

こうした場合には、この夫婦関係調整(円満)調停を申し立てることで、妻は夫と話し合いの場を設けることができるわけです。

 

家庭裁判所の円満調停って、夫婦のどちらかが、離婚したくないような時に利用するものなんですか?

夫婦関係調整(円満)調停は、離婚調停と違ってあくまでも元の円満な夫婦生活を回復するために家庭裁判所で話し合いを行う、というものです。

この調停は、離婚調停同様に離婚原因の有無や、相手方に調停申立について同意があってもなくても申立ては可能です。

 

ただし、相手が裁判所に出頭してこない、ということも考えられます。

 

調停で実りある話しをしたいと思っても、相手が出てこないのでは意味がありません。

 

だから、できれば内緒で調停の申立をしないで、

 

相手の事前に申し立てをすることを伝えておく方がいいですね。

 

それも「復縁のための話し合い」ということを相手にきちんと伝えておきましょう。

 

また、お互いの言い分を聞いてもらって、

 

裁判所の助言を受けながら今後の方針を二人で決めていく、

 

公平で、かつ、押しつけがましいものではないことも伝えておきましょう。

 

円満調停での話の進め方

 

調停では、調停委員が当事者双方から事情を聞いて、

 

  • 夫婦関係が円満でなくなった原因はどこにあるのか
  • どうすれば夫婦関係が改善するのか

その解決のために助言をしたり、解決案を提示する形で進められます。

 

原則として、当事者双方が顔を合わせて話しをするのではなく、夫婦別々に男女各々ひとりずつの調停委員と話をします。

離婚調停での雰囲気

 

この調停での調停委員の基本方針は、夫婦関係の解消ではなく、夫婦関係の修復に向けての話し合いを行うことです。

 

ただし、あくまでも話し合いの場なので、相手に何かをするように強制させる力を持っていないです。

 

だから、必ずしも自分が望む結果が得られるとは限りません。

 

結婚したころは仲がよかった夫婦でも、時が経つにつれて会話も少なくなり、けんかも絶えなくなってしまいますよね。

 

このまま不仲の状態で夫婦を続けるか、仲のよかった夫婦仲に戻る方法をやってみるか、さっさと離婚するか、など選択肢は3つしかありません。

 

離婚したいという動機はさまざまでも、離婚となると結論は一つです。

 

もし、離婚を避けたいというなら方法を試してみるきっかけを得られるかもしれません。

夫婦仲を改善するレッスンとは

 

円満調停で夫婦関係を戻せる可能性が薄い場合

 

円満調停は、基本的に夫婦仲を戻すことに主眼が置かれているんですね。

 

反対に、どちらかが積極的に離婚をしたいという場合(こちらがよく言われる)、「離婚調停」です。

 

離婚調停申立書を書こうとしている人にとっては、

 

どうにかして離婚したいというのが本音でしょう。

 

円満調停でも、夫婦関係を戻すことが難しそうだ、と直感したら、

 

方向転換して離婚に向けて準備をした方がいいです。

 

離婚するときにはある程度、家にある財産を把握していると、心の余裕を持つことができます。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらになるか60秒でわかります(無料です)

 

円満調停を使ったときに、相手の本心が「離婚」に向かっていることが判明したら、

 

再度、「離婚調停」という、離婚に向けての調停をして、夫婦関係を清算することになります。

 

でも、

 

「できれば、調停までしなくて離婚をしたい」そう思っているなら→離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ