とんでもない妻への要求にはきちんと対抗する

 

妻と離婚したいけど、話し合いがうまくいかないことってありますよね。

 

さらに、離婚時の条件でとんでもない要求をしてくることもあるんですよね。

 

払えそうにない高額な慰謝料だったり、

 

子供に会わせないことだったり・・・・

 

妻側の離婚の請求に対して、夫は早期決着をしたいがために

 

つい冷静さを欠いて理不尽な要求を受け入れてしまうことがあります。

 

しかし理不尽かどうかは、調停や離婚裁判の判決といった社会通念できまります。

 

そんな理不尽な要求をしてくる妻に対しての夫側の対抗策のポイントをまとめてみました。

 

 

 

離婚そのものに対する理不尽な妻の要求

社会通念レベル

 

妻が離婚を言ってくるんですが、どう考えても 理不尽な要求 に思えるんですよね。

離婚になると、女性である妻側は往々にして本性をあらわします。

女性ってとことん追い詰めるときは、夫だろうが誰だろうが、容赦ないんですよね。

 

もちろん、離婚しようとする夫には、理不尽な請求をガッツリ突きつけてきます。

 

そんなときに、カッとなってしまうと冷静な判断を失ってしまうので、

 

法律専門家など第三者の意見を聞く耳を持つような余裕を持ったほうがいいです。

 

離婚裁判で通常の「社会通念」とされる判断を基準にして、

 

おおまかにその妻側の理不尽な要求と対抗するためのポイントを紹介します。

 

子供に関しての理不尽な要求

 

ろくに子供の面倒もみず育児放棄していたのに親権者になりたいと言っている妻

 

子供のことを考えて、妻が育てるのは無理、というのであれば拒否できます。

 

その場合、妻との話し合いがつかなければ、調停・審判、離婚裁判で子供にとってどちらを親権者にすればよいかを判断してもらいましょう。

 

母親でなく父親が子供の親権者になる【離婚体験談】

 

 

 

離婚後は子供に一切会わせないと言われた

 

子供に会う権利である面接交渉権は、親に固有の権利といわれており、妻が反対しても会うことはできます

 

子供のことを第一に考えて、会う日時や場所などを事前に決めるなどの方法によることになります。

 

離婚した親と子供が「会いたくない」と言っている

 

妻の側から「離婚したい」と言い出した場合

 

リストラで解雇されたら離婚してください、と言われた

 

リストラによる解雇自体が、離婚訴訟で離婚原因になることはありません。

 

リストラの後に、再就職しようとしないなど勤労意欲が欠如していて、それが原因でいさかいが絶えることなく、婚姻生活が破綻している場合は離婚されてもしかたがないこともあります。

 

リストラ→再就職先を探す→仕事が見つからない→家計がだんだん危うくなってきた→夫婦けんかが激しくなる→婚姻生活が破綻、となると離婚です。

 

これが、

リストラ→再就職先を探す→仕事が見つからない→家計がだんだん危うくなってきた→プライドを捨てる→とりあえずパートで夫婦で生活費を稼ぐ、となると離婚という結果はでないでしょう。

 

プライドは、夫自身のプライドもありますが、妻の見栄っぱりな性格も含まれます。
たいがい、このプライドは捨てることができないから、離婚してしまうんですけどね。

 

リストラがきっかけで離婚!頑固になると離婚裁判で負ける【離婚体験談】

 

 

 

まじめにやっているのに離婚してくださいと突然言われた

 

性格の不一致として問題になりますが、実質的に夫婦の愛情が喪失して、婚姻生活が破綻しているかどうかが問題となります。

 

どんな時代でも、性格の不一致は、離婚理由ランキングで1位です。

 

この性格の不一致は実際には、どこがどう違うから離婚できる、という基準はないんですね。

 

この理由を自分が浮気や不倫している隠れた理由にして使って離婚する人もいます。

 

離婚判決では、どちらかが離婚する気もなく、円満な夫婦関係回復が期待できると思われる場合には、離婚が認められないこともあります。

 

【離婚体験談】愛せなくなったから離婚!

 

 

 

自分が浮気しているのに離婚を言い出す

 

→浮気などしている(離婚原因がある)側からの離婚請求は原則として裁判所は認めていません。

 

ただ、別居期間が長期に及んで、婚姻生活が完全に破綻している場合などは離婚を認めることもあります。
最近の判例では、別居期間が5年以上になると、離婚をする判決がでています。

 

浮気が原因で離婚の方向に進みそうなら、かならず証拠を押さえておくことが後々で必要になってきます。
浮気するような人はシラを切るのがうまく、浮気したこと自体を人のせいにもしたりするからです。

 

証拠を押さえるには、どうすればいいのかわからないときは相談するほうがうまくいきます。

弁護士法人が運営する探偵 響Agent(無料で相談できます)

 

 

 

お金に関しての理不尽な要求

 

定年退職したら離婚を請求されて、さらに退職金もほしいと言われた

 

通常の婚姻生活であれば、結婚生活が破綻していると客観的にも思われないので、離婚請求そのものが認められないです。

 

夫婦間の愛情が喪失していて、婚姻生活が破綻している場合には、離婚請求が認められることになって、財産分与も行わなければならないこともあります。

 

熟年離婚 年金分割も請求されて【離婚体験談】

 

 

 

妻の浮気が離婚の原因なのに高額な慰謝料を要求された

 

慰謝料は原則として離婚原因を作った側から他方の配偶者に支払われるものだから、この場合は逆に妻に対しての慰謝料請求ができます。

 

ただし、財産分与の請求は婚姻中に二人で築いた財産の分配になるので、拒否することができません。

不倫した妻が財産分与を要求してきた!【離婚体験談】

 

 

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。
離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。

 

気をつけておきたいのは、マイホームを持っていて離婚をする場合には、売却したらどれくらいの価格になるかを出しておかないと、資産価値からの処分を検討することもできません。

 

住宅ローンはその価格から差し引きます。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ