とにかく話し合い、これが協議離婚の進め方のすべて

協議離婚の進め方

 

協議離婚の進め方があるとしたらポイントは何ですか?

協議離婚で決めなければならないことは、法律上は、未成年の子供がいれば、親権者、いなければ何もありません。

 

だから、最大のポイントになるのは話し合いです。

協議離婚は、時間や費用が最も節約できる離婚方法です。

協議離婚の進め方次第でスムーズな離婚ができます。

 

離婚するカップルの約9割が協議離婚で進めています。
協議離婚の場合は、双方に離婚の意思があればいいだけです。

 

離婚届に離婚理由の記載は必要ありません。

 

離婚する夫婦の話し合いって、どうしても明るいイメージができないんですけど、話し合いができないと協議離婚が成立しないんですよね。

離婚の話し合いは、まず、離婚の意思の伝達がスタート地点です。

 

ほとんどはその時点で、離婚するのかしないのかを話し合いますが、言い争い、喧嘩などで手間取ることがほとんどのケースです。

話し合っていると、結婚生活の中で起きた様々な問題を振り返って検討して、問題の一つ一つを話し合って解決していくことが修復につながることもあります。

 

この状態がうまくいけば、協議が成立したということになります。

 

離婚そのものに合意ができたら、離婚の条件を話し合ってまとめます。

 

離婚の条件が決まるまですんなりいけば、協議離婚がうまく進んだってことですよね。

 

そうして離婚届の記入とか署名すれば離婚成立ですか?

離婚届を夫婦ともに記入して、署名押印したものに成人二人が証人として署名押印することになります。

離婚届の証人は成人なら誰でもいいのですが、通常は夫または妻の両親、離婚の協議に関与した友人、双方の弁護士などが証人になります。

離婚届の証人はだれでもいい!

 

協議離婚の場合には合意がすべてなので、離婚の法的な成立には離婚の理由は誰からも問われません。

 

離婚届にはどんな理由で離婚するのかを記載する必要はありませんし、受け付ける役所でも、離婚の内容に立ち入ったチェックは一切行いません。

 

法律的に離婚が成立するのはどの時点ですか?

離婚届を本籍または住民登録のある市区町村役場に提出して、受理された時点で法的に離婚が成立です。

離婚の成立条件には正当な離婚届の受理

 

協議離婚では、財産分与・慰謝料や養育費など離婚時に決めておいたほうがいいことを決めないまま離婚してしまいがちな面があります。

 

協議離婚を進めるにあたっては話し合いがとても、重要です。

 

別れたい、という気持ちが先走ってしまうのもわかりますが、合意を急ぐのは離婚後の後悔やトラブルの原因になるので注意が必要です。

 

協議離婚の進め方は、離婚の方法の中でもっとも簡潔なのですが、確実に責任の所在が明らかな場合などがある場合は、トラブルを回避するために、調停を申し立てるのも一つの手段と言える場合もあります。

 

相手の性格や、自分の状況をよく見極めて無駄な話し合いをしないのも得策です。

 

 

協議離婚が成立する瞬間はいつ?

 

そもそも離婚とは何でしょうか。

 

二人で合意した時が離婚、と当然思えるのですが違うのです。

 

離婚届は役所に提出して、窓口で戸籍係が受領して、はじめて離婚が成立するんです。

 

これが、協議離婚は役所で離婚届が受理されたときに成立するということなんです。

 

つまり、
離婚の成立は窓口の戸籍係が離婚届受領のスタンプをポン!と押した瞬間です。

 

最終的に離婚が成立するのは、物理的にいうと離婚届受領のスタンプを戸籍係が押したときです。離婚当事者の二人の合意ではなくて、戸籍係の届出受領のスタンプなんです。

 

協議離婚をするための条件は

  1. 離婚をしたいという気持ち(意思)があること
  2. 離婚届を出すこと

この2つです。

 

協議離婚の進め方はスタンプが押される瞬間までどうやって進めていくか、ということです。

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。
離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。

 

気をつけておきたいのは、マイホームを持っていて離婚をする場合には、売却したらどれくらいの価格になるかを出しておかないと、資産価値からの処分を検討することもできません。
住宅ローンはその価格から差し引きます。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 


     

よく読まれている人気関連コンテンツ