日本人同士の離婚は海外に住んでいても簡単

離婚も外国がからむと手続きが面倒な気がしますよね。

 

Exactly!(その通り) 外国人がからむ離婚はとても手続きが煩雑です。

 

でも、外国に住んでいる 日本人同士が離婚する場合は、日本で離婚するのと変わりません。

 

大変なのは、外国人と の離婚の場合です。

 

 

日本人同士の離婚は簡単だけど裁判が関わると微妙

 

夫は日本人ですが、今、お互いに海外に住んでいるんです。

 

離婚するときの手続きは大変ですか?

海外での離婚といっても、日本人同士の離婚ならカンタンです。

 

日本にいるのと同じで、離婚届を出すだけです。

日本人同士の夫婦が協議離婚するならカンタンです。


日本人夫婦が外国で離婚する場合、必ず日本の法律が適用されます。

 

だから、夫婦が話し合って離婚する協議離婚であれば、離婚届を提出するだけだからとても簡単なんです。

 

その国にある日本の大使・公使・領事に対して協議離婚届出をしてもいいですし、日本の本籍地へ直接協議離婚届出書を郵送してもいいのです。

 

確かに、外国での別居とか、引越しとかを考えると、日本国内での離婚とは違った大変さはありますけどね。

 

もし、協議離婚ができなければ、裁判所を通して離婚するしかありません。

 

しかし、外国の裁判所で離婚裁判を起こした場合、日本の法律が必ず適用されるか、というわけではなく、「法廷地法」を適用するとされていれば、その国の法律が適用されます。

 

外国で日本人と外国人の夫婦が離婚する場合は、夫婦の日常生活の本拠となっている場所がその国にあれば、その国の法律が適用されます。

 

韓国、中国等はその国で協議離婚をすることができます。

ただ、手続き的に外国人がパートナーだと離婚手続きは、文化の違いもあって大変です。

外国人の配偶者の場合は離婚手続きが大変

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ