離婚裁判の費用を立替払いしてくれる制度

立て替えて離婚裁判して決着をつける


離婚訴訟になると、弁護士をつける必要がありますよね。

 

その時に真っ先に思い浮かぶのが弁護士費用です。

 

弁護士費用は高い!

 

というイメージが定着していますよね。

 

離婚裁判で弁護士をつけた場合の費用は

 

最低でも100万円

 

と考えておいた方がいいです。

 

さらに財産分与や慰謝料が加わると、プラスアルファされます。

 

確かに、離婚に関して弁護士に依頼すると、安いとは言えないです。

 

でも、弁護士費用が高いからといって、離婚しないままずるずると過ごしている方が

 

人生の費用対効果として考えると、もっともったいないです。

 

弁護士費用は、全額を立て替えてくれて、訴訟が終わってから少しづつ返済していく法テラスの制度を利用できます。

 

離婚裁判でかかる費用が高いから、と渋っていないで、離婚での決着をつける方法を紹介します。

 

弁護士費用が分割払いで利息もつかない法テラスの制度

法テラスでは訴訟費用を立て替えてくれる

 

離婚訴訟になると、弁護士費用がかかります。
離婚での弁護士費用の相場は?

 

少ないところでも、40万前後はかかると思ったほうがいいです。

 

そんな費用を一度に支払えない、という人のために、

 

「日本司法支援センター」、いわゆる法テラスが弁護士費用を立て替えてくれる制度があります。

 

離婚したいんですけど、弁護士さんに事件を頼むとドーンとお金が出ていくイメージがあるんで躊躇しているんです。

離婚の解決が裁判にまで発展してしまったとき、弁護士費用に対する不安がでてきますよね。

 

弁護士に依頼するには、着手金からお金がかかります。

 

でも、お金のことであきらめない方がいいです。

 

そんなときに心強いのが、民事法律援助です。

弁護士費用の援助なんかをしてくれるんですか?

民事法律援助とは、経済的理由から弁護士費用が払えないときに利用できます。

法テラス(日本司法支援センター)が、国、地方自治体、弁護士会、日本財団などの援助を受けて行っている制度です。

 

特に離婚に際して、弁護士費用が一気に支払えない専業主婦などが利用するのはおすすめです。

 

案件にもよりますけど、利用すれば着手金+成功報酬で20万円前後で済みます。

 

離婚訴訟にならないと利用できないんですか?

協議や調停でもお金はかかりますが、そういう実費も法テラスが立て替えてくれるんです。

 

とはいっても、調停の場合は「印紙代」+「切手代」で2000円程度しかかかりませんけどね。

立て替えるとして、月々どれくらい返していくことになりそうですか?

法テラスでは、弁護士費用を立て替えてくれて、援助開始決定後5000円〜10000円を毎月返済すればいいんです。

各都道府県にある法テラスから、弁護料の支払いについて便宜を図ってもらうことができます。

 

弁護料を立替払いしてもらって、依頼者は法テラスに毎月分割払いで返済するのです。利息は付きません。

 

法テラスの方が安く済みますし、審査を受けてもらえば、自分で選んで弁護士に依頼することも可能です。

 

もちろん、懇意にしている弁護士がいれば、依頼することも可能ですが、

 

弁護士にも得意な分野、不得意な分野があります。

 

法テラスで紹介してもらった弁護士と、比較して、最終的に依頼する弁護士を決めてもいいかもしれません。

 

法テラスを利用する条件

離婚裁判の費用|法テラスは弁護士費用の立替払いも分割払いもできる制度

 

弁護士費用を立て替え制度を利用する要件としては、

  • 世帯収入が一定額以下である
  • 事件について勝訴の見込みがあるか(示談、和解、調停などによる解決の見込みがあるものも含まれます)
  • 事件の内容から弁護士をつけるのが妥当なのか

が必要です。

法テラスでの審査に必要なもの

  • 資力を証明する書類(課税証明・非課税証明・給与明細など)
  • 住民票
  • その他関連書類(申し込みの時に確認する)

収入基準

 

世帯収入基準としてはボーナスも含めた月々の手取り額が以下の通りで決まっています。

  • 単身家族 182,000円以下
  • 二人家族 251,000円以下
  • 三人家族 272,000円以下
  • 四人家族 299,000円以下

基準は都道府県によって若干違う場合もあるので、詳しくは居住している自治体の法テラスに問い合わせてみてください。

法テラス{日本司法支援センター)のサイトへ

 

法律的な解釈が必要なくらいの離婚の相談をしたいならば、最終的には弁護士に相談したほうがいいです。

離婚したいと思った時に弁護士にする離婚の「相談」と「依頼」

 

離婚のときに問題になるのは、親権・財産のことがほとんどです。

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

こじれて「離婚」も話し合えないとも多いです。

 

だから、離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

もし自宅などの不動産を所有しているのなら、売却したらどれくらいの価格になるかを出して、資産価値からの処分を検討しておきましょう。

住宅ローンはその価格から差し引きます。

売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ