任意売却は弁護士では相談できない

離婚で財産処分の検討中で、お金の問題で 自宅を売却 を検討しているんです。

 

自宅を売却するか、そのまま住み続けるかって。

離婚するときに、財産分与や慰謝料などお金の問題で自宅を売却することを決めるときがあります。

 

ほとんどの場合、夫婦の協議では決まらないんですよね。

 

それはたいがいの場合、住宅ローンが残っているからなんですよね。

そうなんです。
その住宅ローン。

 

設定した当初に 夫婦共有で連帯保証人 なんかになっているので、とてもやっかいです。

住宅ローンで、返済するために夫婦共有で連帯保証人なっていると、問題になるのは調停等まで進んで任意売却の話しが出てくる場面ですね。

 

場面としては、自宅に妻と子供が住んでいて売却に応じないケースが多いことです。

 

お金がないのにどうするかとか、お金の押しつけあいをするっていう感じで、調停がなかなか進展しなかったり、不成立になるとこれまたなかなか進展しなくなりがちです。

離婚調停があるからといっても競売手続きは待ってくれないですよね。

もちろん、離婚調停不成立と競売手続きは関係ないので、容赦はないです。

 

もし、競売になると今住んでいる物件の情報が公開されたり、近所に売却のチラシがまかれてしまうこともあったりします。

 

「競売物件!」と書かれてしまったりもします。

そんなときに、家族の精神的な負担ってものすごく大きいですよね。

 

今と今後の方向として、

  • 自宅を売却して、夫婦別々に新しい場所で生活したい!
  • すでに任意売却を検討しているが、にっちもさっちもいかない!

どちらにするか、悩んでいるところです。

自宅売却を含めて、家を手放すことまで決めているなら、すぐに対応した方がいいです。

 

もしかしたら今現在は滞納が進んでいる、という状況ならなおさらすぐに対応しないといけませんね。

 

ローンが残っていたりしていては、住宅ローンの問題は対応が遅くなれば遅くなるほど、金銭的に不利になりますから。

 

もし、そんな感じになっているのであれば、任意売却専門会社に相談するといいですよ。

 

第三者の任意売却業者等から妻に話しをすることで、進展するケースも多いんです。

今、何もしないとどうなりますか?

もし、このままなにもしないでいると、確実に競売になってしまいます。

 

任意売却と競売を比較すると、圧倒的に任意売却の方が高く自宅が売れます。

 

競売になるとほとんど換金されないので、財産分与などをする際にはもらう方にとってもかなり不利になってしまいます。

 

任意売却は、都道府県公認の宅建免許を持っている不動産会社が行います。
そして、その交渉などについても不動産会社が債権者と交渉して行います。

 

信頼できる不動産会社と金融機関との話し合いになるんです。

任意売却を離婚で相談している弁護士に依頼したら、弁護士費用も安くなるんじゃないか?と思う人もいます。

 

ただ、住宅ローンの滞納があると、売却するにも銀行の了解などを得なければなりません。

 

法的には「任意売却」という手段で行うのですが、法律の専門家で離婚に強い弁護士さんでも、そのような不動産の売買内容はほぼ不動産屋さんの内容なのです。

 

ローンを滞納しているマイホームの扱いは、任意売却を専門にしている不動産専門機関に依頼することになります。

 

離婚に強い弁護士さんは、離婚の法律のプロかもしれませんが、「任意売却」ということになったら、その専門機関にまかせましょう。

おまかせ任売ナビ(無料です)

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ