所有権にこだわるより住宅ローン

離婚してから夫の名義の自宅に、わたしと子供が住んでいくことになったんです。

 

住宅ローン は夫が払い続けることになったので、自宅の 所有権 をわたしの名義に変えることってできるんですか?

所有権を変更する所有権移転登記は可能です。

 

ただ、住宅ローンと登記の所有権とは別物です。もし、住宅ローンが返済できなければ、所有権はまるで意味がなくなりますよ。

ローン残債があると、ローンの名義変更はまずできない

 

離婚をすると、離婚後にはたくさんの変更手続きがあります。
住民票、国民健康保険、年金、免許証の氏名変更、郵便局や金融機関などの名義変更もありますね。

 

手当などによっては、変更が終わっていなければ受給することができないものもあるので、離婚したら早めに変更する必要があります。

 

ところが、不動産、自宅の住宅ローンの名義変更 は、役所へ届けるだけでは終わらないのでやっかいです。

 

マイホームは、慰謝料や財産分与の名目で「夫が家を出て妻と子供がそのまま住み続ける」ということが多いです。しかし、この場合は、不動産所有者名義を夫単独、あるいは夫と妻の共有から、妻の単独名義に変更することもあります。

 

ただ、ここで大事なことは「不動産の所有名義」と「住宅ローンの名義」は別物、ということです。

 

不動産の所有名義を変更する「所有権移転登記」は法務局に申請すれば可能です。
一方で、住宅ローンの名義変更はなかなか大変です。
なぜなら、住宅ローンを借りる際に「金銭消費貸借契約」という契約をするからです。

 

この金銭消費貸借契約には、「住宅ローンの名義を変更する場合には、金融機関の承諾 を得なくてはならない」という決まりがある場合がほとんどだからです。

 

さらに、金融機関は、住宅ローンの残債がある間は、簡単には名義の変更に応じてはくれません。

 

住宅ローンを引き受ける妻が新たに単独で住宅ローンを申し込んで、残債を妻の名義で返済していく方法があります、しかし、専業主婦などで返済基準を満たす年収がない場合には、担保となる自宅があっても、住宅ローンの借り換えはできないことがほとんどです。

 

妻に所有権の名義を変える所有権移転登記だけすることも可能でないわけではありません。
もし、住宅ローンの返済が滞った場合などに、離婚の事実や不動産の所有名義が変更になっていたことが金融機関に知られると、一括返済を求められることがあります。

 

不動産の所有名義変更は、住宅ローンが残っている場合、またはオーバーロン(ローンの方が住宅の価格より多い場合)には、まるで意味がないことになります。

 

まずは、今の自宅の価値を把握して、どれくらいのローン残高との比較をすることが必要です。

 

いまではネット上でカンタンに不動産の価値を診断してくれます。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ