30年の代償は大きい

「妻と離婚するから」

 

いかにも浮気や不倫をしている男性が言いそうなフレーズですよね。

 

結局は、妻とは離婚しないで、不倫相手と別れる、というのがお決まりのパターンです。

 

この妻との離婚をえさに30年にもわたって重婚的内縁関係を続けた女性から、起こされた慰謝料請求事件があります。

 

 

慰謝料10億円を請求

 

女性は23歳の時に、25歳年上の会社社長の男性と性的関係を持ちました。

 

当時、男性には妻子がいたのですが、彼女は彼の

 

「妻とは近く離婚する。結婚してくれ。」

 

という言葉を信じて、男性の費用で建てた自宅で同棲生活をはじめ、その後に一子を出生して認知も受けました。

 

しかし、同居から23年経って妻と離婚した後も、男性は女性と入籍せず、しかも30年目をすぎる頃から月々支払ってきた生活費も払わなくなり、事実上の絶縁関係状態になったのです。

 

ここで、女性が男性を相手取って、慰謝料10億円を請求した事件です。

 

不当破棄として慰謝料1千万円を認める

 

原告の女性は、被告男性は結婚をエサに自分の一生を踏みにじった、と主張し、婚約不履行または内縁の不当破棄を理由に慰謝料を支払え、と請求しました。

 

なお、請求額は被告の資産を500億円と推定し、そこから算定したものです。

 

一方、被告は結婚の約束もなく、内縁関係にもなかった、と反論しました。

 

裁判所は、まず原告と被告との関係が重婚的内縁関係にあたる、と認定し、本件のように妻との関係が形骸化している場合には、重婚的内縁関係にも相応の法的保護を与えるのが妥当、としたのです。

 

そして、

  • 二人の内縁関係が30年に及んでいること
  • 関係破棄の責任は被告側になること

などから、男性に慰謝料1000万円を命じました。(東京地裁H3.7.18判決)

 

なお、女性の請求額の基礎となった男性の資産額については、裁判所としては、明確でない、として請求の基礎にできないとしています。
不貞行為と慰謝料の関係|もらえる金額に基準はあるの?

 

内縁関係の慰謝料

「妻とは別れる」男のウソに1千万の慰謝料を支払う判決がでた!

 

離婚の慰謝料は、離婚原因を作った側か、またはその責任の重い方から支払われます。

 

これは、内縁関係の男女間でも同じなのですが、その男女が不倫関係にある場合には、公序良俗違反などによって関係そのものを無効とする考え方もあります。

 

慰謝料請求できるかどうかに争いがあるところなんですね。

 

内縁や同棲など結婚していない婚姻外男女関係事件の調停・審判で、慰謝料・財産分与の取り決めがなされたのは約4割で、全体の平均額は221万円(平成10年)、正式な離婚と比較すると、半分程度です。

参考→慰謝料の平均額はどれくらい?

 

慰謝料を取れるか財産チェック

 

離婚や別れ話のときに問題になるのは、親権・財産のことがほとんどです。

 

浮気されてもう別れたいと思いつつ、「もう終わりにしましょう」と言い出した後は、二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

こじれて話し合えないとも多いです。
だから、別れ話をする前に財産チェックをしておいた方がいいです。

 

もし自宅などの不動産を所有しているのなら、最終的にお金の問題は、財産分与で清算、という方法をとります。

 

財産分与に慰謝料を含めた額で清算することも多いです。

 

売却したらどれくらいの価格になるかを出して、資産価値からの処分を検討しておきましょう。
住宅ローンはその価格から差し引きます。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ