離れて暮らす親にも子供を養育する義務がある

養育費は子供がいる夫婦の離婚では重大な問題ですよね。

 

離婚の時に養育費のことで決めなくてはいけないのは3つ

  1. 金額
  2. 支払期間
  3. 支払い方法

離婚したての頃に子供が小さかったりして、、、、、

 

今は保育園だからいいけど、これからどんどんお金がかかるんだよねぇ
と思いつつ

 

少しでも貯金しなきゃ!!
それには養育費の一部を、とがんばって節約していても

 

「あぁ、もう払えないからぁ」
と相手方に言われて、半年で養育費が途絶える。

 

はぁ!?

 

と言っても、これからどうなるんだろう。。。
進学とかできるのかなぁ
もしかして、死んじゃう??

 

養育費とは子供を監護、教育するのに必要とされる費用です。子どもを育てるのに必要な費用全般ということです。

 

離婚して夫婦は他人になっても、親子関係はとぎれません!

 

離婚して親権がなくなった方の親にも、子供を扶養する義務があるので、子供と同居していない方の親が養育している親に支払います。

 

養育費は子どもが持つ権利です。

 

親子の身分関係から発生するので、どちらに親権があるかとは無関係に父母の経済力に応じて分担しなければなりません。養育費の支払いは子どもに対する親としての義務です。

 

だから、子どもと一緒に生活しない親でも養育費を支払うことになるのです。通常は、子供を引き取って育てる親に、引き取らない親が支払います。

 

養育費には、子供が社会人として生活できるまでの必要な経費が広く含まれるので、衣食住などの生活費、教育費、医療費、最低限度の文化費、小遣いなどの娯楽費、交通費などが含まれます。

 

養育費の受け取りは、協議、調停、裁判などという離婚の形態に関わらず、ほとんどの場合に取り決められます。
また、離婚後でも養育費の分担について話し合うことは可能です。

 

 

養育費の不払い

 

厚生労働省が行った調査によると、離婚による母子家庭のうち、養育費の取り決めをしているのは、38.8%しかいません。

 

取り決めをしなかった理由は、

  • 「相手に支払う意思や能力がないと思った」が47%と最も多くて、
  • 「相手と関わりたくない」が23.7%
  • 「交渉をしたがまとまらなかった」が9.5%

などです。

 

離婚してから、養育費を受けている人はわずかに19%で、一度でもうけたことがある人は16%で、まったく受けたことがない人は59.1%と、ほぼ6割の人が養育費を受け取っていません。あきらめと泣き寝入りをしているのです。

 

養育費が不払いになっても泣き寝入りはしない! 

 

子供を育てるにはお金がかかります。

 

養育費は通常「子供が成年になるまで継続的に支払う」という約束をしていることが多いものです。

 

養育費は子供にとっての権利で大事なお金です。親の自分が泣き寝入りするのは子供への約束も自分が破っていることになるのです。

 

養育費の請求を自分で行う必要はありません。

自分で請求する必要なし!弁護士が未払い養育費を回収してくれます

養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション

 

 

 

     

養育費記事一覧

養育費を確実にもらうためには、どうやって決めるのがベストか、悩みますよね。どれくらいの養育費を払う支払い方法不払いになった時の対応養育費の金額をあげてもらいたい時とか、決めるべきことで、いろいろなことが思い浮かびます。離婚の時に話し合いで、養育費の内容を決めることができなければ、家庭裁判所の調停で養育費を決めるのがベストです。離婚後に、仮に養育費の不払いがあっても、調停で決まった紙を裁判所に持って...

養育費の支払いは、通常は月払いですよね。ほとんどの場合は長期間になるはずです。養育費の支払い期間に、もらう方も、渡す方も、それぞれ経済的事情が大きく変わることもあります。例えば、子供の進学や倒産、失業、再婚など、家庭環境も変わりますよね。だから、経済的事情が大きく変化した場合には、養育費の増額も減額も後からできます。養育費をもらう方は、増額してもらいたくても、養育費を渡す方は、増額が負担になる養育...

離婚するときに、「親権」でいざこざがあると、とりあえず子供の親権だけあればいいから、どうしても早く離婚したい!だったら、子供に関するお金は一切出さない!こんなやりとりがあると、養育費はいらないから、早く離婚届に印鑑を押して〜って養育費の請求をしないことで離婚の決着をつけてしまいがちです。でも、養育費は子供の権利です。親が、養育費をもらう権利を放棄できるのか、が問題になることがあります。離婚裁判での...

養育費の支払い期間は通常、成人するまで養育費は、子供が成長していくために必要なお金ですよね。お金の問題なので、養育費を支払う方はできるだけ少ない負担と短い期間で、養育費を受取る方はできるだけ多くそして長く、と考えるのが通常です。一般的には、子供が成人するまで、と考えられていて、成人=20歳なんですね。成人するということは、子どもが親から自立するということです。法律上は「子供が扶養を要する」状態でな...

養育費を毎月きちんと支払っているのに、なにかと「子供にかかるお金だから」と、いつもの養育費より多く請求されるようになったら、自分の生活も回らなくなってしまいますよね。離婚したけど、自分の子供のためなら、という思いで支払っている養育費がきちんとあるわけです。その上で、養育費以外のお金を請求されると、子供への気持ちにつけ込まれたようで、心の葛藤が生じますよね。確かに、離婚しても子供の扶養義務は残ります...

子ども一人に4万前後が相場だけど、経済レベルによって大きく違う未青年の子どもがいて離婚する場合、養育費がどれくらいになるのか気になりますよね。養育費の金額は相場があって決まった額があるわけではありません。離婚後も親には子供に親と同レベルの生活をさせる義務があると考えられています。養育費の相場は親の生活レベルによって違う のです。養育費の額って、相場とかがあるんですか?養育費の相場というのもはないの...

子供を育てるにはお金がかかりますよね。養育費って払ってもらえなくなると、生活ができなくなって死活問題です。確かに公正証書・調停などで法的に養育費を取り決めるのがベストなんですが、もっと簡単に養育費をもらい続ける方法があります。それも、相手の夫に会ったり、もちろん請求を自分ですることもなくです。それは、養育費の回収を完全成功報酬で依頼することです。養育費の不払いをさせないように、離婚前からいろいろな...

離婚する時に決めた 養育費が支払いになると、元夫と子供を会わせたくなくなる気持ちになりますよね。養育費の支払いと子供の面接権は違うものだってわかっていても、約束を破ったことへの感情は許せないものです。でも、養育費だけが、元夫と子供を会わせたくない理由であれば、未払いを解決してしまえばいいんですよね。そんな、養育費の未払いをすぐに解決できる方法があります。それは、弁護士が対応して、養育費を回収する方...

養育費の取り決めをしたのに、だんだんと支払ってくれなくなる。滞納がどんどんたまると、生活にも支障が出てきてしまいますよね。公正証書や調停などで、養育費の取り決めをしていれば、相手には何も言わずに裁判所にお願いすることで、給料からの差し押さえなどができますが、今後も継続してもらうことを考えると、相手の神経を逆なでさせない方がいいですよね。その中間地点になるのが、内容証明という文書の送付です。ここでは...

養育費を支払う約束期間の 途中で支払われなくなるという問題はよくあるんですね。厚生労働省の統計と最高裁の調査では、協議離婚で約8割程度、調停で決まっても3割の人が支払いをしなくなるそうです。養育費の支払いが滞った場合には、慰謝料や財産分与の支払いが滞ったときと同じように 養育費の請求ができます。養育費の請求方法はまずは自分から相手方に対して内容証明郵便で支払いを促すのが一般的です。もし、自分で請求...

日本では 「養育費が支払われない!」ということになっても、行政が動いて、強制的に支払わせるってことはないですよね。それは、日本の養育費支払い確保の精度が十分ではなくて、せっかくの養育費の取り決めや審判が守られないという弊害が生じているからなんです。そしてこれが母子家庭の貧困につながっているという・・・これが、あの契約の先進国? アメリカの制度では、日本とは異なって養育費の支払い確保のために様々な制...

『養育費は子供が成人するまで支払うから・・・』夫婦二人で養育費を決めて最初の半年は支払ってくれたのに、お願いしても、知らんぷり。よくあるケースですね。養育費を踏み倒された ようなものです。こうならないためには、公正証書を作っておけばよかった、といっても過ぎてしまったことはどうしようもありません。離婚時にも、相手の裏の心を読めなかった自分を反省するしかないです。それでも、養育費の取り決めさえしておけ...

国の教育ローンは安心できる内容離婚後に、子供を親が一人で育てるとなると、気になるのは教育費ですよね。子供が成長するにつれて、手はかからなくてもお金がかかってきます。突然、子供にかかる教育費が捻出できなくなることも考えられる時代です。養育費を十分にもらえる保証もなかったり、父親が養育費を支払えないことも想定できます。そんな時は、公的に利用できる制度があると安心ですよね。実は、国が教育費について低い利...