財産分与記事一覧

そっとタンスの奥の方や化粧品箱にへそくりを隠し金として残しておく・・・だんだんと貯まっていくお金を見ると、ニヤニヤしてしまうのがへそくりですよね。今は家の中に隠すんじゃなくて、銀行に自分用の口座を作って、預金する人もたりします。へそくりは、結婚生活中だけでなく、仮に仲が悪くなって離婚した後も、見つかりたくないですよね。離婚後もへそくりを見つからないようにするには痕跡を残さない貸金庫を利用するの二つ...

宝くじが当選したら内緒宝くじが当選した!離婚寸前の夫婦ならすぐに離婚してしまいそうですよね。ただ、結婚していて宝くじが当選したら、気になるのはそのお金の行方ですよね。離婚するとしたら当選金が財産分与の対象になると、半分 になってしまいますからね。「お金は人を狂わす」とよく言われます。ラブラブの夫婦でも、宝くじが当選したことで、ギクシャクし始めるかもしれません。じゃぁ高額当選した宝くじを離婚後に換金...

「債務者変更」と「借り換え」離婚をするにあたって、マイホームがあったら、売却するか、それとも誰が所有し続けるのかなど、離婚後はどうするかを考えますよね。その際に、住宅ローンを組んでいる場合、住宅ローンの保証人にからんだ問題がでてきます、その住宅ローンの問題のうちの一つに、住宅ローンの債務者は夫だけど、妻が保証人になっているこの場合に、保証人を解除しようと考えているなら「債務者変更」と「借り換え」の...

独身時代の貯金は財産分与の対象にはならない財産分与の対象になるお金は、離婚する時に結婚中の夫婦の共有の財産を分けることですよね。この結論は理解できるはずです。独身時代に、ためた貯金は夫婦で共同して作り上げたものではないですからね。となると、離婚で財産分与をする際には、独身時代の貯金は差し引いてOKってことになります。ところが、結婚後に独身時代の貯金を、結婚したときに合算して使っていたりした場合はど...

財産分与の意味する範囲はとても広い離婚する際にはお金の清算を「財産分与」で行いますよね。婚姻期間中に夫婦が協力してできた財産(共有財産)を分け合うのが財産分与です。慰謝料を請求できない場合でも、夫婦で築いてきた財産があれば、離婚の原因に関係なく財産分与の請求ができます。例えば、浮気した妻が離婚するときに財産分与を求めるような場合ですね。どの財産をどのように分けるかについてや金額などは話し合いで決め...

お金の話は『同棲=結婚』レベルの場合結婚前に同棲して、お互いに「これなら結婚してもいい」と思えたら結婚する、というカップルもいますよね。結婚してから一緒に住みだして、子供ができてから『あちゃぁwwww失敗したぁ』 って思うよりも、結婚の試用期間?として、同棲する期間があった方がいいですよね。法律で縛られる結婚がイヤだから同棲している、というカップルもいます。でも同棲してから、そのまま結婚すれば、お...

結婚後に買った車が財産分与の対象結婚してから家族で使うために 車を買ったんですが、離婚する時に自動車も財産分与の対象になるんですか?もちろん、「車」も財産分与の対象になります。車が財産分与の対象になって、割合が夫婦それぞれ半分ずつだとしても、エンジンは夫のもの、タイヤは妻の私、というわけにはいかないですよね。ましてや、ローン付きの車をもらうことになったら、車+ローンで負の遺産にもなりかねません。離...

まずは、今の自宅がいくら になるか、算出しますその結果、自宅の価値 > 住宅ローン残高↑ ゼロ以上なら自宅が財産分与の対象あらかじめ計算してわかっていると、財産分与で損をしない可能性があります。最近ではインターネットを使って、1分程度でカンタンに不動産価格を出してもらうこともできます。オーバーローンは財産分与の対象にならない離婚するときに、住宅ローンがあると気になりますよね。住宅ローンのある自宅を...

財産分与の対象は”お金になるもの”離婚するときに財産分与をする、って知っていますよね。でも、そもそも何が財産分与の「財産」か、っていうのがわかりにくいですよね。夫婦は結婚後、協力して預貯金を作ったり、住宅や自動車を購入したりしますが、離婚にあたってはこれらを精算します。財産分与の対象になるものは、お金に換えられるものはすべて、と言っても過言ではないんですね。将来もらえるであろう退職金やら、保険金な...

ドロドロの修羅場は財産の範囲が複雑な時財産の範囲が明確な場合、じつは財産分与はあまり大きな争いにならないことがほとんどです。範囲がわかっているので、単純にそれを半分にするだけだからです。財産分与でもめて、問題が大きくなるのは財産隠しが疑われる場合妻の実家名義の土地に、夫名義の家を建てたり自宅の権利関係が複雑で住宅ローンもある場合です。財産の範囲が明確でなく、法律関係も複雑この場合に、離婚の財産分与...

贈与税だけ注意する財産分与すると、財産が移転することになるので、税金がかかるように思えますよね。でも、財産分与では、基本的に税金はかかりません。注意しておきたいのは、その財産の分け方によっては 贈与税がかかってしまうことがあることです。不相当に財産を分与すると贈与税の対象になるかも離婚するときに、現金や預貯金についてはそのまま財産を分与すればよいわけですが、自動車や家財道具といったモノ の場合には...

財産分与と聞くと、夫婦でお金を稼いできた方が、貢献度が大きいから、分ける割合も多いにちがいない、とも思えますよね。でも、実際の財産分与では、ほとんどの夫婦が財産を半分ずつに分けることになります。2で割ればいいので、一見単純に決まりそうですが、実際にはいろいろな問題があります。例えば、自宅を購入した際に、頭金を結婚前からの預貯金と一方の親からの援助金で出した場合を考えてみると、離婚の際にはまだ住宅ロ...

離婚前から計画をしないと、とりっぱくれる財産分与って離婚の時に夫婦で半分ずつにするイメージがありますよね。でも、どうしても離婚したいから、とりあえず離婚届を先に出して、後からゆっくり財産を分ける相談をしよう、という人もいるんです。結婚しているとどうしても、お互いについ感情的になってしまうこともありますからね。そこで気をつけたいのは 財産分与の請求できる期間です。この期間は離婚してから2年とキッチリ...

2年でキッチリ請求できなくなります離婚するときは、なにか物事を考えるだけでも精神的につらいですよね。そんな中で、離婚時の財産分与は計算すること自体すら、とても面倒で、ついつい後回しにしがちです。協議離婚、調停、裁判離婚の場合でも、財産分与の額を決めなければならないのですが、もめてしまうこともあります。もう顔を見るのもいやだ、とりあえず離婚!財産分与は後で決めようという気持ちにもなりますよね。また、...

資産隠しは財産分与がパーになることもある偽装離婚って離婚する前から何かたくらんで離婚届をだして、離婚をするっていうことですよね「偽装離婚」って聞くと、何やら怪しい雰囲気がありますよね。本来の意味は、離婚するつもりではないけど、離婚届を提出するのが偽装離婚。逆に、ちゃんと離婚したのに、偽装離婚と判断されてしまうことがあります。この場合は、離婚で財産分与をして土地と建物をもらったのに、偽装離婚で資産隠...

離婚するときには、財産分与でもらえるものはもらいたい、と思いますよね。その財産分与の対象として、夫の会社の資産は財産の対象になるのでしょうか。個人経営をしていて、財産が個人のものだか一人会社のものだかわからないってこともありますよね。離婚で財産分与をする時に、財産が「個人のもの」なのか「会社のもの」なのかどちらの財産かわからないと困ってしまいます。会社と個人の資産は別物なので、財産分与で分けてもら...

財産分与も慰謝料も養育費もOK内縁関係を解消して別れようと思うと、結婚している場合と比べて気になることが出てきますよね。特にお金の問題はシビアになります。でも、結婚して届けを出している場合と比較して、不利か、と言えば気にすることはないんですね。内縁関係があれば、法的には相続と届け出以外の面では、結婚と同じ扱いをしています。だから、内縁関係を終わらせても、財産分与や慰謝料、養育費の請求などもできます...

財産分与と慰謝料を合算する方が多い財産分与というと離婚の最終的なシメにあたりますよね。一般的に言えば、熟年離婚の方が新婚で離婚するより、婚姻期間が長くなれば夫婦で築いた財産も多くなるので、高額となっている場合が多いです。現実の財産分与の支払いは、慰謝料と合算する場合もあります。普通のサラリーマンだと、財産分与と慰謝料を合わせて100万から400万円が相場です。財産分与の決め方具体的にどんな手順で財...

共有のままだと処分に一苦労する妻が離婚による財産分与を請求するという場合、夫婦間の主な財産としては住宅ローン付きの住宅という場合があります。夫婦で話し合って、財産分与として住宅を渡すという場合には、残りのローンをどうするか財産分与額よりも住宅の評価額の方が高い場合、妻が現金で財産分与額を超える分を渡すといったことなどを決めることになります。不動産を現物で分与して共有を解消しておくほうがいい土地や建...

財産分与の対象になる財産ってマイホームや現金とかだとわかりやすいですよね。でも、これまでかけていた 保険ってどうなんだろう?って思いますよね。もちろん、これらの保険も財産分与として受け取ることができます。離婚時の保険のチェックポイントは積立金があるか、ないかある場合は、その時点での解約返戻金を確認する解約返戻金をどのようして分けるのかを考える保険を解約するか、維持するか?維持する場合は、そのまま続...

家を出て行った妻から、「離婚したい」と言われ、離婚原因がこちらにあるように、やってもいないことをでっちあげられたりすると、納得できないですよね。子供も一緒に連れていって会えなくり、離婚訴訟を起こしても負けてしまう。たとえ、妻の離婚請求が認められなかったとしても、現在の司法の運用を前提にする限り、妻子を家に連れ戻すことはできません。妻子の生活費である婚姻費用の請求も続きます。そんな、妻からの離婚請求...

親から相続した不動産などいわゆる 『遺産』 が、離婚の時に財産分与の対象になるのか、気になりますよね。結論から言えば、相続した遺産は、離婚の際には財産分与の対象になりません。結婚前でも結婚中でも、もちろん離婚後に遺産を相続しても、相続したものは、財産分与の対象になりません。それは、離婚の財産分与の性質の「夫婦の共有財産」と関係あるからです。離婚の財産分与の「共同して」という要件がないから離婚時の財...

えっ!プレゼント半分返すの?離婚する時には、夫婦で築いた財産を清算するために財産分与をします。その時に、結婚指輪は離婚したら不要だけど、財産分与の対象になると損した気分になりますよね。誕生日プレゼントでもらったブランド品や時計も、返すことになるなら喜んだ時の意味さえなくなってしまいそう。プレゼントされた婚約指輪は場合によっては、離婚時に財産分与の対象に含まれることもあります。財産分与を計算するとき...

離婚後のペットは話し合いが最優先夫婦仲が悪くて、「離婚したい」と思っているけど、ペットは愛してやまない、なんて家庭もありますよね。夫婦仲は悪くても、ペットは大好き!なら「自分が引き取りたい」と考えるのは当然でしょう。夫婦でお互いに会話するときは、ケンカ腰でも、ペットに向かって話すときは、「かわいいでしゅねぇ〜」って、赤ちゃん言葉だったり....離婚したいけどペットがどうなっちゃうのかって、離婚後の...

マイナス財産も折半ただし、計算方法に注意離婚すると、通常は離婚時には財産分与がされて、どちらかの配偶者が他方におカネを支払ったり、物を渡すイメージがありますよね。でも、借金しかない状態だったら、何も渡すものはないわけです。財産は正も負も、同じように負うとなったら、離婚して、財産分与で借金まで背負い、離婚した後の生活がどうなってしまうのか不安になりますよね。そんなマイナスの財産しかないような場合に、...