財産分与が請求できる前提がある

お金の話は『同棲=結婚』レベルの場合


結婚前に同棲して、お互いに「これなら結婚してもいい」と思えたら結婚する、

 

というカップルもいますよね。

 

結婚してから一緒に住みだして、子供ができてから『あちゃぁwwww失敗したぁ』 って思うよりも、

 

結婚の試用期間?として、同棲する期間があった方がいいですよね。

 

法律で縛られる結婚がイヤだから同棲している、

 

というカップルもいます。

 

でも同棲してから、そのまま結婚すれば、お金の話はそのまま二人の財産となりますが、

 

同棲して「ダメだった」とわかって、結婚しない結末になったらどうでしょう。

 

結婚に向けて生活していて、別れる時に一番問題になりそうなのは、

 

お金のこと です。

 

同棲も事実上の夫婦となれば、

 

同棲の解消することで、財産分与や慰謝料などの請求ができるようになります。

 

ただ、大前提として、離婚と同じ法律で保護されるには、同棲=婚姻状態、という状況を作っていなければならないんです。

 

ここでは、同棲で二人が過ごしているけど、夫婦といえるくらいかどうか、詳しく説明します。

 

そもそも法律の保護がある「同棲」とは

 

同棲っていうと、付き合いたてのカップルとか、そういうイメージがありますよね。

確かに、同棲してラブラブのカップルなんかをイメージする時には、付き合いたて=同棲、みたいに考えちゃいますよね。

 

でも、同棲するカップルの中には、ほとんど夫婦と同じような暮らしをしていて

 

「妻です」「夫です」と他人に紹介するような、同棲ベテランとも言える人たちもいるんです。

同棲という形態でも、いろいろな形をとっているカップルがいますよね。

 

  • 友達っぽく成り行きで、2人で暮らしている
  • 最初は不倫だったけど、もう10年近くの期間一緒に夫婦のように暮らしている
  • 同棲してお互いに結婚できそうだったら結婚する、という結婚お試し

などのパターンがあります。

 

ただ、同棲がうまくいかなくなって別れる時に問題になることがあります。

 

好きだから別れない、

 

いや別れる

 

そういった感情レベルの問題ではないんです。

 

お金にまつわる問題です。

 

長いこと同棲して夫婦のように暮らしていると、財産といえるようなものができたりするんですよね。

 

ところが、財産分与とか慰謝料とか、法律上のお金にからむことが出てきた場合には、

 

法律上の夫婦と同じくらいの同棲状態でないと、法的な保護を受けられないんですね。

 

法律上の保護を受けるには、「同棲=内縁」の状態でなければ、ダメなんです。

 

財産分与や慰謝料が認められるには、「同棲=内縁」と言えるかどうかが一つのハードルなんです。

 

内縁関係にある夫婦だったら、法律に定める婚姻届をした夫婦と同じような関係として、

 

法律上でも保護の対象になるんですね。

財産分与、慰謝料も養育費も内縁を解消してもできます

 

長い期間、同居して同棲しているというだけで、「内縁」という立場になるわけじゃありません。

 

同棲が夫婦関係に見えれば、事実上の婚姻=内縁の夫婦になるので、

 

同棲の期間とはあまり関係ありません。

 

内縁となるからには、お互いが夫婦として生活をして、まわりにも、夫婦として紹介などをしている場合なんですね。

 

法律上に婚姻関係はなくても、二人の間で婚姻意思があり、事実上の夫婦共同生活がある関係のことを言います。

 

内縁といえる関係でなければ事実上の夫婦ではないので財産分与はできない

 

彼氏、彼女としてふるまっているだけでは、何年一緒に暮らしても、「同棲=内縁」の条件には引っかからないんですね。

 

婚姻意思がなく、事実上の夫婦共同生活がないような場合の、単なる同棲として、内縁関係が認められない可能性が高いです。

 

ということは、彼氏、彼女状態だと、同棲を解消しても財産分与や慰謝料を請求することもできない、ってことなんです。

 

別れた時に財産分与が請求できる自宅の購入

内縁関係でも財産分与をすることはできる

 

法律上の内縁関係と言えるかは微妙、という場合もありますよね。

 

結婚前に買った財産は、それぞれ固有の財産であり、共有財産とはならないのが原則です。

 

結婚して、その後離婚する場合でも、

 

結婚前の財産はそれぞれの単独財産なので、離婚時の財産分与には含まれません。

【関連記事】独身時代の貯金が財産分与の「対象になる」か「対象外」かの違いは?

 

でも、一緒におうちも買って、同棲生活してきた、となると、

 

戸籍上の夫婦じゃないけど、将来の結婚した生活を前提に夫婦として暮らしていた、と言える可能性が高いです。

 

結婚前に同棲を始める時に、自宅を買って、住宅ローンも払いつつ、同棲の彼女も折半して半分支払っていた、なんて場合には、まさに夫婦です。

 

こういった内縁夫婦の関係が、何らかの事情で解消されたときには、離婚の場合と同じ扱いになるんですね。

 

「財産分与」として、二人が一緒に生活していた期間中に築いた財産を清算することも認められます。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に」条件を展開できる可能性があります。

 

財産分与などで分配する際にうやむやになったり、財産が隠されたりするかもしれないからです

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

相続はどんな同棲関係でもできない

 

ただ、内縁解消でも原因が「相続」だと財産分与はできません。

 

内縁では、法律上は他人です。

 

他人は相続人にはなれませんよね。

 

内縁相手に自分の遺産を渡す遺言が書かれていないなら、相続として遺産はもらえません。

 

 

同棲解消で慰謝料はもらえる?

同棲解消と慰謝料

 

同棲をやめて別れることが辛い、と思った時に、離婚と同じく慰謝料が頭をよぎるかもしれません。

 

同棲で別れ話となって、慰謝料として離婚と同じように請求できるか、

 

というのも「同棲=内縁」となっているか、にかかってきます。

 

離婚の時と同じように、慰謝料として請求できるないのなら、

 

「手切れ金」として、

 

預貯金の半分をスパ!っと分けてしまう方が、後腐れないかもしれませんね。

 

同棲解消での別れで、できれば法的手段などはしたくはないなら、

 

貯金の半分を渡した方が、法律上うんぬん言っているより、すっきりと慰謝料代わりになりますしね。

 

同棲解消で、離婚と同じくらいの慰謝料が発生する場合は、「同棲=内縁」状態の場合です。

 

同棲してて別れる原因が「浮気」「不倫」だった場合には、慰謝料が請求できます。

 

内縁状態って結婚してないから、浮気や不倫はいいんじゃないの、っていうことにはならないんですね。

 

浮気が原因で慰謝料を請求する際には、浮気の証拠が必要となります。

 

慰謝料を請求して同棲を解消するつもりなら、優位に立つための準備を始めましょう。

 

探偵に依頼すると、確実な証拠を集めることができ、裁判をしても勝つ可能性が非常に高くなります。


街街角相談所-探偵-では、浮気の調査が必要なかった場合には調査費用がかかりません!
街角相談所は匿名で相談もできます(無料です)

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ