高額当選の宝くじの悩み?

宝くじが当選したら内緒

 

宝くじが当選した!


離婚寸前の夫婦ならすぐに離婚してしまいそうですよね。

 

ただ、結婚していて宝くじが当選したら、気になるのはそのお金の行方ですよね。

 

離婚するとしたら当選金が財産分与の対象になると、半分 になってしまいますからね。

 

「お金は人を狂わす」とよく言われます。

 

ラブラブの夫婦でも、宝くじが当選したことで、ギクシャクし始めるかもしれません。

 

じゃぁ高額当選した宝くじを離婚後に換金したら、財産分与の対象にならないんでは?という疑問が出てきますよね。

 

実現性は低い?高額当選の宝くじの悩み?をスッキリさせておきます。

 

宝くじの当選金を財産分与の対象にさせない方法とは

当選した宝くじは離婚後に換金したら財産分与の対象にならない?

 

宝くじで当たったお金は、高額だったら夫婦間で祝杯をあげたくなりますよね。

 

でもそれは夫婦間の仲がいいときだけ。

 

ふだんから「離婚したい」と思っている夫婦だったら、宝くじが当選したことなんか隠し通しておきたいものですよね。

 

「宝くじが当たったら離婚したい」と思っていたら、なおさら隠しておきたいですよね。

 

お金のことで夫婦ケンカになることはよくあります。

 

宝くじが当たったりなんかしたら、仕事しなくなったり、金銭感覚が麻痺しそうですね。

高額当選の宝くじは、あぶく銭とはいえ、大金を持つと人は変わってしまいます。

 

実際に宝くじが当たって離婚した、という話は少なからず聞きますが、

 

その後の生活もお金があって幸せと言えたかは微妙なケースが多いです。

宝くじが離婚の際に、財産分与の対象になったとしたら、当たった方はものすごく損をした気持ちになりますよね。

 

例えば、

 

そもそも、財産分与の対象になるのは夫婦で築いた財産です。

財産分与の対象になるもの

 

逆に、財産分与の対象にならないものは、結婚前から持っていたものや、独身時代の貯金を別にわけているなどしている場合です。

 

宝くじは夫婦の共有財産なのか

 

となると、個人の収入は各自それぞれが管理する家庭であれば、宝くじは財産分与で分割の必要なさそうです。

 

でも、夫婦がそれぞれの個人財産になるかどうかについては微妙です。

 

家計から買った宝くじであれば、財産分与の対象になりそうですしね。

 

もっと微妙なのは、宝くじの換金時のタイミングもあるからなんです。

 

宝くじの換金時が問題になりそうだけど隠し通す


きっちりと厳密にすれば、離婚届を出した後に宝くじの換金すれば財産分与の対象にはならないことになります。

 

微妙なのは、結婚中に当選しているから、換金時期に関係なく折半するという考え方も否定できないからなんですね。

 

結婚中「宝くじが当たったら離婚したい」というギリギリのタイミングならもっと微妙ですね。

 

法的な判断が微妙ということは、もし宝くじが当たったら、相手には内緒にしていて、離婚後しばらくしてから換金する方が自分のものになりやすい、ということです。

 

財産分与時にわからないように離婚後に換金すれば、少なくとも財産分与の対象には引っかからないんです。

 

宝くじの換金は1年は大丈夫なので、この期間を有効に使うと、お金でこじれないはずです。

 

宝くじが当たったことは隠しておけばバレない?

宝くじが当選して離婚した

 

宝くじなど当選金は所得税や一時所得として税金を納める必要がないんです。

 

だから、基本的に税務署から問い合わせがあったりして、家族の誰かにも当選したことがバレてしまうことがないはずです。

 

うまくいけば、もめないように隠しておいても法的には問題ないんですね。

 

借金癖やギャンブルをするパートナーに知られるのだけは、やっかいですよね。

借金を返せるくらい当選金があったら、親から借りた事にして返してしまうのがいいかもしれません。

 

ギリギリ借金の分だけ当たったことにすることにしたり、借金の返済で宝くじの当選金を使うなら理由は変えておくなり、できるだけ宝くじに当たったことは隠しておきたいですね。

宝くじが当たっても高額当選なら完全には秘密にはできないかもしれません。

 

確かに、所得税などの税金は取られないのですが、宝くじの高額当選者には、高額当選したことと非課税としての「証明書」が発行されて、確定申告をすることになるからです。

 

この確定申告をしないと、銀行の口座が急に増えて、税務署が脱税と判断して税金の取り立てにくる可能性もゼロではないからです。


離婚を考えたらまずは財産チェック


離婚時にお金のことは問題になる事が多いです。

 

宝くじが当たったら離婚したいと思いつつも、実際に離婚を口に出したら、夫婦が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。

 

離婚について話しをする前には、家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

実際に離婚する段階になって、夫婦の財産が隠されたりするかもしれないからです。

 

マイホームがあるなら、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらになるか60秒でわかります(無料です)

 

宝くじが当たる人の持っている財布

宝くじがあたって離婚した夫婦が持っている財布

 

宝くじが当選する人って『当たる財布を持っている』って聞いたことがありますよね。

 

いわゆる 金運財布 とよばれるものです。

 

長財布?金色の財布? 白い財布?

 

財布を変えるだけで、高額当選された方もいます。

 

「宝くじが当たったら離婚したい」と憂鬱に思いながらも、財布を変えた楽しみを持ちながら生活したら離婚に至らずにすむかもしれません。

 

宝くじが当たってから離婚を考えるにしろ、宝くじがあたる人が持っている長財布財布の共通点をチェックしてみてくださいね。

宝くじがあたる人が持っている長財布(一粒万倍財布)

 

離婚 住宅ローン

     

よく読まれている人気関連コンテンツ