内縁関係はほとんど離婚と同じ

財産分与も慰謝料も養育費もOK


内縁関係を解消して別れようと思うと、結婚している場合と比べて気になることが出てきますよね。

 

特にお金の問題はシビアになります。

 

でも、結婚して届けを出している場合と比較して、不利か、と言えば気にすることはないんですね。

 

内縁関係があれば、法的には相続届け出以外の面では、結婚と同じ扱いをしています。

 

だから、内縁関係を終わらせても、財産分与や慰謝料、養育費の請求などもできます。

 

ここでは、内縁関係を解消した場合のお金関係と、手続きについて紹介しています。

 

 

始まりも終わりも二人の意思だけの内縁関係

 

結婚届を出していなくて結婚生活をしている内縁状態なんです。

 

別れたいんですけどなにか 手続きっているんですか?

内縁関係を解消するためには、法的な手続きは必要がなくて、お互いに「別れたい」と思えばいつでも自由に解消することができます。

婚姻届があるから離婚届も必要なわけで、

 

内縁は一緒に夫婦生活をしているという事実が二人の関係の基礎なので、

 

別れる意思で別の生活に入ってしまうと、それが内縁の解消です。

 

もともと、法的な手続きがなくて始まっている内縁関係。

 

終わりだけは法的手続きが必要ということはないですよね。

 

内縁関係は続けるか続けないかの意思だけで決まる

 

内縁関係は、始まりも終わりも二人の意思だけです。

 

とはいえ、内縁関係であっても、事実上の離婚の際には法律的な保護を受けることができます。

 

どちらか一方に別れる意思がなかったり、内縁関係解消の話し合いでもめたりしたときは、

 

離婚調停同様に家庭裁判所に「内縁関係調整」の調停を申し立てることができます。

「内縁関係調整調停」裁判所のホームページへ

 

また、共同生活で築いた財産があれば、財産分与の対象にもなります。

 

不貞や暴力、生活費を渡さないなど、相手に原因があって解消せざるを得なくなった場合は

 

慰謝料の請求もできます。

 

子供がいれば養育費の請求もできます。

 

ほとんど離婚と同じ法的な保護が受けられるわけですね。

 

ただ、内縁関係が続いていても、相続で財産をもらうことだけはできないんですね。

 

内縁関係の別れで悩んでいたり知りたいことがあれば、まずは家庭裁判所に行くといいです。

 

もちろん、「別れたほうがいいか、別れないほうがいいか」の判断はしてくれませんが、主に手続き的なことであれば、わかりやすく教えてもらえます。

家庭裁判所の離婚相談は無料で中立・公平

 

事実上の夫婦の義務は法律婚と同じ

財産分与は内縁を解消してもできます|慰謝料も養育費ももらえます

 

内縁関係とは、法律上婚姻届は提出していないけど、お互いに結婚する意思があって、

 

夫婦としての共同生活を営み、社会的にも夫婦として認められている男女のこと。

 

法律上の結婚は男女双方に結婚の意思がある場合にはじめて成立します。

 

そもそも内縁関係と結婚の違いって何ですか?

結婚届を出しているか、いないかだけですね。

内縁関係は未入籍なだけということなんですね。

 

見た目には夫婦同然に暮らしていても、互いに結婚する意思がなければ、

 

そのカップルは単なる同棲相手に過ぎず、法律上の夫婦とは認められません。

 

しかし、

 

結婚の意思はあってもあえて結婚届を出さないカップル

 

もいます。

 

この事実上の結婚生活を送っている「事実婚」の夫婦が内縁関係です。

 

内縁関係も結婚のいずれも、夫婦としての実態のない単なる同居とは違って

 

婚姻の意思があり、事実上は夫婦としての共同生活を営んでいるので、結婚届を提出した夫婦と同じような義務が生じます。

 

  • 同居の義務
  • 協力の義務
  • 扶助の義務
  • 貞操の義務
  • 共同で養育する義務(子供が生まれた場合)

です。

 

この場合の同棲は、同棲=夫婦と同じなんですね。

 

内縁の解消には面倒な手続きはないのが特徴

 

内縁解消、つまり「離婚」の手続きは、法律婚のようなめんどうさはありません。

 

いつでも自由にまた、一方的に内縁関係を解消できます。

 

法律婚なら、民法の定める離婚原因など特別の事情がなければ相手からの離婚の申し出を拒否できますが、

 

内縁の夫婦には申し出を拒否するすべがありません。

 

夫婦一緒の戸籍を持たない事実婚の夫婦にとって、法律婚のような拒否権を認めても意味がないからです。

 

財産分与や慰謝料、養育費ももらえます

 

いくら自由に別れられる内縁関係だからといっても、

 

無秩序無責任な内縁解消まで認められるわけではありません。

 

一方的な内縁解消に対しては「内縁関係調整の調停申立て」をすることもできますし、

 

内縁解消によって損害を受けた場合には、相手方に賠償請求することもできます。

 

たとえば、内縁関係が破綻した責任が一方のみにある場合には、その相手方に慰謝料請求がでたり、

 

財産分与や子供の養育費を請求できることは法律婚の場合と同じです。

 

事実婚の離婚、つまり内縁を解消した際の離婚での支払いの考え方は、

 

  • 慰謝料は内縁解消の原因を作った方が払う。
  • 夫婦双方に原因がある場合は、より重大な原因がある方が払う。
  • 財産分与の対象になる財産は、原則として、内縁関係中に夫婦で築いた財産です。

    分与の割合は原則として2分の1です。

  • 養育費は、収入の多い親の生活レベルが基準になる。

 

離婚での考え方と、財産分与の内縁の解消はまったく同じです。

 

法律的な解釈が必要なくらいの内縁関係の解消に関して相談をしたいならば、最終的には弁護士に相談したほうがいいです。

弁護士にする離婚の「相談」と「依頼」

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ