妻が「離婚したい」と言う理由は2つ

「離婚したいんです」


ふだんと変わらない日。

 

特別に何かがあったわけでもない日に、突然、妻に「離婚したい」と言われたらどうします?

 

たいていの場合は、

 

「えっどうして? 」

「浮気もしてないし、仕事もちゃんとやっているのに」

 

って思いますよね。

 

もし、自分に浮気の身に覚えがある場合は、別です^^;

 

浮気はばれていない、と自分では思っていても

 

女性の勘ってやつで、妻にはバレバレってこともありますからね。

 

そんなたいそうなこともなく、妻の方から「離婚したい」と言い出された場合に、考えられることは2つしかありません。

 

それは

  1. 価値観が違う
  2. 実は妻が浮気している

の2つです。

 

ここでは、妻が突然「離婚をしたい」と言った心理を、詳しく確認します。

 

 

価値観が違う

夫との価値観の違いで悩む妻

 

結婚って、お互いに育った生活環境も違う、性格も違う大人同士が一緒になるわけです。

 

それぞれ考えていることとか、もともと価値観って違うものなんですよね。

 

お互いに

 

「夫だったら働くのが当たり前」

 

「妻だったら家事するのが当たり前」

 

そんな風に思うのも、価値観の違いです。

 

だから、たとえば

 

共働きなのに家事だけは妻しかしていない。子育てもまかせっぱなし。

 

夫の側からしてみれば、

 

『妻より外で稼いでいるし、ハードな仕事なんだ。子育ては妻の仕事だろう』

 

って思っています。

 

妻の側からすれば、

 

『家事ってお金にならないけど、仕事より大変。休みがないんだから』

 

って思っています。

 

レベルの差はあれど、こういうのも価値観の違いですね。

 

子育てなどではイクメンパパが増えてきているといわれていますよね。

 

実際にそういった話しなんかを聞いた妻は、

 

他と比較して、夫に逆に過剰な期待なんかしたりして、今現在とのギャップを感じちゃったりするわけです。

 

妻に離婚を言われた理由で、価値観の違いのチリが積もってしまった、ということが一つ考えられます。

 

たいていの場合は勘違いからはじまっていくんですよね。

 

そして、その勘違いが大きな溝になってしまう。

 

年月はどれくらいかかるかはそれぞれの夫婦によって違うんですが、

 

妻が、離婚を言い出した時点で、かなり覚悟を決めている

 

と考えた方がいいかもしれません。

 

離婚するかもと思いつつ、「離婚」を口に出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

こじれて「離婚」も話し合えないとも多いです。

 

だから、離婚について、本格的に話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にはどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 

実は妻が浮気している

妻が離婚したいと言い出した理由は浮気

 

妻が浮気していることは、たいていの場合、夫にはわからないものです。

 

実際に割合的には、男性の方が女性よりも2倍くらい浮気する、といわれています。

 

計算して割合にすると、結婚している30%の妻が不倫または浮気しているとか。

 

そして、圧倒的に女性の方が見つからないという……

 

もし、妻に離婚したいと言われて、

 

浮気かな?

 

と少しでも思ったら、冷静な演技をしながら聞いてみるといいかもしれません。

 

「誰か好きな人でもできたか?」

 

っていうソフトな感じでの演技です。

 

女性の場合、隠し通すか、あっさり認めるか。

 

どちらかです。

 

「好きな人ができた」

 

好きな人ができて離婚したい、というのであれば、相当深入りしているでしょう。

 

プラトニックラブの可能性もありますが・・・・

 

離婚、そして再婚はかなりの消耗を伴うものです。環境も激変します。

 

そう考えると、妻が「離婚したい」と言うのは、相当の覚悟をしているはずです。

 

「つきあっている人と結婚したい」

 

「つきあう」ということは、男女関係がある、ということでしょうね。

 

妻が別れようとする夫に、ダイレクトに体の関係まである、なんて言わないです。

 

もっとも、自分が不貞していることがバレていない、と思って、

 

何食わぬ顔で「離婚したい」とも言ってくることもあります。

 

男女関係があると、法律上は「不貞」となります。

 

こうなると、話は早いですね。

 

自分自身の内面からわき上がる怒りを抑えることさえできれば、さっさと別れることができます

 

そして、あわよくば相手から慰謝料をもらうことができます。

浮気相手への慰謝料請求で慰謝料UPするテクニック

 

浮気が原因で離婚裁判をする際には、浮気の証拠が必要となります。

 

事実上、肉体関係を証明できなければ、慰謝料はほとんど認められません。

 

もし、浮気や不倫を感じたとしても、すぐにはおおごとにせず「証拠集め」から作戦を練るのが得策です。

浮気の証拠を確実にしてから離婚する

 

子供がいる場合、ちょっとやっかいですけどね。

 

未成年の子供がいると、浮気や不倫などの不貞行為をした妻の方に親権がいってしまうこともよくあるんですね。

離婚で子供の親権はどのように決まるか

 

理不尽に思えるかもしれないですけど、法律が絡んでくると「子供の福祉」っていうのが立ちはだかるんです。

 

古い考え方がまかり通っている法律の世界では、

 

いまだに『母親が子供を育てる環境にいいんだぁ』的な世界になっているんですね。

 

 

妻が「離婚したい」と言われたら、夫としては、

 

その感情の温度がどれくらいなのか、見極めが大事です。

 

女性の場合は、一度決めたら後に引かない面がありますからね。

 

できるだけ夫側もネガティブにならないで、ポジティブに準備をしていく方が展開は開けます。

 

離婚 住宅ローン

     

よく読まれている人気関連コンテンツ