妻から離婚を要求された

冷静になって3つのことを考える


自分では夫婦円満だと思っていたのに、

 

いきなり妻から離婚をしたいと言われた。

 

そんなシチュエーションはドラマだけ、と思えますよね。

 

でも、実際にはあるんですよね。

 

この時に夫は、まず、離婚したい理由を冷静に検討することからはじめます。

 

妻が離婚を言い出した原因がわからないと、これからどうやって対策をしていけばいいのかがわからないですしね。

 

その答えの結論が、離婚になるのか、ならないのか、どうやって対応するか、について考えてみました。

 

 

離婚したいと言われたら考える3つのこと

 

妻から離婚したいと言われたら、3段階に分けて、冷静に対応する事で自分も冷静に対応することができます。

 

  1. まずは、話し合いの機会を作る
  2. 明らかな離婚原因があるか考える
  3. 離婚するメリット・デメリットを考える

 

話し合いの機会を作る

 

妻が離婚を要求してから、別居→調停→訴訟、と一気に離婚話しが進むことがあります。

 

さらに、別居してしまうと、ほとんど話し合う機会がないまま、妻が一方的に離婚したい理由を言い続けるだけということも少なくありません。

とりあえず別居!その結末は・・・離婚

 

 

妻が「離婚したい」と言ったら、流されるまま離婚しなければならない感じがして、納得いかないですよね。


 

夫側としては、最終的に離婚するかどうかにかかわらず、納得できない部分も多いはずです。

 

できる限り、夫婦だけで冷静に話し合える機会を作るのが先決です。


妻が先に「離婚したい」と、突然言い出したような場合には、夫婦間での話し合いが尽くされていないことが多いですね。

妻が突然離婚を言い出した理由がわからない夫

 

そのため、離婚した方が家族にとって幸せなのか、離婚しない方が幸せなのか、すぐには判断ができないでしょう。

 

できれば、自宅以外で夫婦二人が話し合いの場を設けるのが最初です。

 

自宅以外の場所がおススメなのは、妻のわがままではないか?と思ってしまう言動に、ついカッとなって怒鳴ってしまうかもしれないので、自制をするためです。

 

冷静になれる場所や時間帯を決めてまずは話し合いからです。

 

もしそんな余裕すらない場合は、調停を利用して、積極的に話し合いの場を作るのもアリです。

 

話し合いを尽くしていないことを裁判官が感じていたら、話し合いの場を設けてもらうように働きかけて、できるだけ納得のいく形で進める方向で話し合いの機会を作りましょう。

 

訴訟になった場合でも、家族の問題は家族で話し合って決めた方がいい、と考える裁判官もいるからです。

 

明らかな離婚原因があるか考える

夫側に明らかな離婚原因があるかを検討する

 

妻が言ったことに対して、どのような理由で離婚を要求しているのかを検討して、それが「離婚原因」に当てはまるかどうかを検討しましょう。

 

夫婦であれば、いままでに何回かは言い争いの場面にあったりすることはありますよね。

夫婦だから少しくらい争いがあるのは当然

 

細かいことの積み重ねが離婚の原因だということもありますが、「離婚したい」という言葉のどこかに原因があるはずです。

 

 

離婚って、離婚したいということに対しての理由がないとできないわけではないんですよね。


 

確かに、協議離婚では、離婚するのに理由はいりません。

 

でも、調停、離婚訴訟となった時に、離婚訴訟では離婚理由がないと離婚できないんです。


もし、明らかに離婚原因に当てはまるのであれば、訴訟で離婚を認められる判決が出される可能性があるため、それを前提に考える必要があります。

 

反対に、離婚原因に当てはまるかどうかが明らかでないのであれば、離婚に応じない限り、離婚が成立しない可能性があります。

 

原因がはっきりしない場合には、離婚しなければならないことを前提に、戦略を練る必要はありません。

離婚の原因が夫にあると再考した場合

 

しかし、その後の話し合いや調停、訴訟などで妻の考えを聞いていくうちに、今後も一緒に生活を送ることは難しいと考えるようになるかもしれません。

 

妻の事を聞いていたら、自分の方にも非があることに気がついて、でも、やはり離婚は回避したい、そう思うこともあるかもしれません。

 

協議離婚の段階ならまだ、妻も調停委員など第三者を介入していないので、離婚を避けることができるかもしれません。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 

離婚するメリット・デメリットを考える

 

離婚を請求されても、離婚に応じない間は、別居状態であっても、夫の方が稼ぎがあれば妻に婚姻費用を払い続けなければなりません。

 

夫にしろ妻にしろ、どちらかが「別居したい」と思うようになると、婚姻費用の負担が毎月生じることには、注意が必要です。
婚姻費用分担費用義務ってどういうこと?

 

そのため、離婚に応じると婚姻費用の負担から逃れるというメリットはあります。

 

もちろん、その場合でも未成年の子供がいる場合は、離婚の際に取り決めた養育費の負担は続くことが多いです。

 

一方で、離婚に応じることは円満解決の可能性を閉ざすことになりますし、それ以上の話し合いの機会もなくなります。

 

 

離婚を考えると、「お金」と「気持ち」のどちらを優先させるべきかってことですね。


 

難しい問題ですが、それによって選択肢が変わってきます。

 

自分にとってのメリット、デメリットを考えながら個々のステージに対応し、最終的に離婚したいのかどうかを判断することになりますね。


妻から離婚を言われてしまうと、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。
離婚について、本格的に話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 

よく読まれている人気関連コンテンツ

---離婚アンケート(お願い)---

「あなたの今は?」