長い間、家庭内別居 の状態が続いています。

 

二人の気持ちはすでに破綻しているので離婚したいと思います。

 

離婚するには、実際に別々に暮らす意味での別居の有無が判断基準になると聞きましたが。。。。。

協議離婚であれば、離婚するのに理由はいらないので、別居していようがしていまいが、夫婦二人が納得すれば、それで離婚できます。

 

ただ、離婚裁判になったりすると、そうはいきません。

裁判で離婚するには、理由がいるからです。
裁判で離婚したいなら5つの離婚原因に当てはまっているかチェック

 

離婚裁判で離婚できる理由の根拠となるのは、夫婦関係の「破綻」です。

 

離婚裁判の場合は、離婚するには別居の有無は判断基準になります。

 

この場合の別居とは、もちろん違う家に夫婦のそれぞれが住むことです。

 

同じ家に住んでいても、口も聞かない、食事も洗濯も掃除も別。
しかも、寝るときには部屋に鍵をかけるという状態は家庭内別居といいます。

 

家庭内別居が証明されて、家庭内別居にいたった原因と現在の破綻した状態があれば、離婚請求は認められることになります。

 

また、家庭内別居が証明できなくても、破綻の状況が証明できれば、離婚請求は認められます。

 

離婚と別居 の問題ですが、家庭内別居は証明が難しいので、本当に離婚したいのであれば中途半端な家庭内別居などはしないで、きちんと別居した方が賢明です。
離婚したいけど別居期間や年数は5年あれば確実に離婚できる?

 

家庭内別居状態から本当の別居の段階になる前には、実際に住んでいる家にある財産の把握しておいたほうがいいです。

 

本当に離婚する段階になって、財産分与などで分配する際にうやむやになったり、夫婦の財産が隠されたりするかもしれないからです

 

マイホームを持っていて離婚をする場合には、売却したらどれくらいの価格になるかを出しておかないと、資産価値からの処分を検討することもできません。

住宅ローンはその価格から差し引きます。

売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

本当の別居後に恋人ができたら不利になるか

 

家庭内別居は別居になる?離婚の原因で不利になる?

夫婦関係が破綻して別居後に男女の関係になった恋人がいても、夫婦の破局の原因ではないと判断されます。

 

だから、たとえ離婚裁判になったとしても、離婚の原因として不貞にはならず、慰謝料請求で離婚の条件が不利になることはありません。

 

  • ケンカが絶えなかったこと
  • その結果別居したこと
  • 夫婦関係に回復の見込みがなかったこと
  • 別居後に交際が始まったこと

などを主張すれば、相手が恋人の存在を責めても不利になることはありません。

 

離婚を考えて別居をする場合は、一挙に片付けようと思わないことが大切です。

 

別居しても、短気を起こして幸せになれない離婚をしないようにも気をつけなくてはなりません。
離婚前に別居して離婚したいのかを考えるメリットとデメリット

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ