子供の事を考えたら離婚できない?

親が不仲なほうが子どものためにならない


夫婦関係は冷え切っていて「離婚したい」けど、

 

子供のことを思うと 子供のためには離婚できない と考えていることってありますよね。

 

特に子供が小さいと、「子供には両親が必要だと思うから」と。

 

でも、「子供のために離婚しない」っていう親の判断は、ほんとに子供のためになりません。

 

夫婦仲が悪くて仮面夫婦の家庭にいる子供の気持ちは不安定なんです。

 

ぎくしゃくした家庭からは、後々のトラウマとなることしか生まれないんです。

 

子供が幸せに大人になってほしいならば、まずは夫婦二人が幸せを感じていることが前提です。

 

親が不仲な状態をずっと見て育つと子供は情緒不安定になります。

 

子どもが感じるの家族観は、潜在意識の中で

 

家族なんか、なにも信用できない関係

 

と刻まれるようになるんです。

 

人に対してまったく、プラスの感情を持てなくなるんですね。

 

よ〜く考えてみると、冷え切った夫婦関係の中で子供が幸せに暮らせるわけないですよね。

 

ここでは、「子供のために離婚しない」と考えると、子供にどんな影響があるのかについて紹介します。

 

 

「両親がそろっているほうがいい」のは親が仲がいいときだけ

両親が仲のいい夫婦

 

 

夫と仲がよくなくて、どうしても離婚したいんです!

 

ダンナとはケンカばっかり。
ぎくしゃくしてどうもうまくいっていないし。

 

でも、子供のことを考えたら離婚できないんです。


 

子どものために離婚しないって思っている人って結構いるんですね。

 

もし、子供がいなくて1人なら迷わず離婚すると思うけど・・・ってね

 

子供からしてみれば、父親がいなくなって寂しいかな、とか思っちゃうんですよね。

 

経済的にもお金がない生活になってしまうかも・・・とか思ったりしてね。


 

そうなんです。
親だけの理由で離婚するのは かわいそう。。。。

 

子供から父親を奪ってしまうのって・・・・

 

お金のこともあれこれ考えると、今後の生活 ができるのかなぁ

 

そう思っちゃうんです。だから、子供のことを考えてしまうと離婚できないって。。。


 

夫婦二人でいたころはお互いラブラブだったのに、子供ができてから離婚を考えはじめたパターンって案外多いですよね。

 

それまでは、仲良くしていたのに、何かのきっかけで「離婚したい」と思い続けはじめるんですよね。

 

こんなこと、仲のいい友達にだってなかなか話せませんよね。


結婚してから、「こんなはずじゃなかったぁ」とか

 

「こんな人ってわかっていたら、結婚しなかった」

 

と、結婚してから気がつくことがありますよね。

 

世間的には、外面がいい仮面夫婦だけど、

 

夫婦でケンカしても、子供の前では仲良く見せるようにしているとか。

 

 

夫とは、家では食事は一緒にしないし、寝る時も子供を挟んで違う布団で寝ています。

 

もちろん、子供が寝たら一言も話しません


 

自分の離婚の話題は家庭内のことなので、なかなか友人などには相談できにくい話ですよね。

 

仮面夫婦をやっている家族だとなおさら相談もできないですしね。


家庭内のことをほかで相談できないのと、子供のことは別に考えたほうがいいです。

 

本当に子供のことを考えて考えているなら、不仲の両親の下にいるよりも離婚しちゃった方がましです。

 

離婚したい原因にもいろいろあって、浮気やDVなどのわかりやすい原因から、

 

なんとなく離婚したい、という原因もありますよね。

 

夫婦仲が良いのが理想なのかもしれませんが、子供がいることを理由に無理矢理に関係を続けているぐらいなら、別れたほうが子供のためです。

 

自分の心の中では、とりあえず離婚して、

 

新しいスタートをはじめたい!

 

それは、人生のなかでは大きな決断の一つですよね。

 

「子供がいるから離婚はしない」というフレーズは、昭和の時代にはよく聞かれていました。

 

親の親の世代、戦前戦後くらいに生まれた親には、

 

「子供を生んでおきながら『親の仲が悪くなったから』という理由で離婚するのは、親としての責任を感じられない!

 

と憤慨する人もいますしね。

 

子供には「両親が揃っているほうがいい」とも言われていました。

 

確かに、家庭の外から見ると、両親がそろっているほうが、家族らしく見えるのかもしれません。

 

夫婦仲が本当は悪い子供のために離婚しない夫婦

 

でも、家族同士の悪口、ののしりあいを聞いていたり、冷え切っていたら、

 

子どもの心の中では『家族なんかなにも信用しあえない関係』と確信するようになるんです。

 

「家庭では夫婦で普通に会話をしているのを見たことがない」くらい仲が悪いことから、

 

子供が学ぶことは「仲のいい夫婦像っていうのはない」ことだけです。

 

家族で生活していくうえで必要な『合わせよう』とか『話し合おう』とする姿勢が、家族像として残らないんです。

 

冷え切った夫婦関係のまま、「子供のため」に自分が不幸であることを我慢していることは、子供に「不幸を我慢すること」しか教えられないんですね。

 

子供にとっても、そんな不仲な両親と重苦しい空気の中で暮すからこその苦痛だってあります。

 

最近は「子供のために離婚する」という方向になっています。

 

夫婦仲が悪いまま一緒にいても、かえって子供にはよくない、と認識されるようになってきたからです。

 

とはいっても、夫婦の間に子供がいたりして、それも、特に小さい子供や多感な時期の子供がいるとなると、なかなか離婚という決断まで踏み切れないんですよね。

 

子供がのびのびと幸せでいられることを一番に考える

子供がのびのびする環境

 

離婚しようと考えている家庭の夫婦仲がよくない

   ↓

家庭が暗い

   ↓

子供のために離婚しない

   ↓

子供の心が不安定

 

こんな流れになりがちです。

 

子供がいる家族なら、親同士が仮面夫婦で、子供の前だけ明るい演技をしていても子供にはバレバレです。

 

子供って親が思っているより、親の表情をよく感じ取っています。

 

「あんなお父さんなのに、どうして離婚しないの?」
と子供が言った時、

 

「あなたがいるからいるから離婚できないのよ」

 

と答える母親も多いです。

 

でも、その言葉を聞いた子供の方は大きなショックを受けます。

 

『親に何かしてあげられることはないか』

 

子どもはそう思って離婚を勧めたのに、離婚したいと思っている親は気づかないんですね。

 

「そうか、わたしがいるからか・・・・」

「僕のせいで、お母さんは悩んでいるんだ」

と自責の念に駆られて、心理的虐待を受けた時のように追い詰められてしまうんです。

 

「わたし(子供)のためにパパとママが離婚しない」って感じると、自分が悪いんじゃないか、って心の中では思ったりするんですね。

 

その子たちが大きくなるにつれて、『大人になってもっと苦しくなるなら、どこかで終わりにしたいな』って、生死をさまようこともあるんです。

 

だからこそ、子供が育つ環境が心の底から明るくて楽しいかどうか、まず、それが基準ですね。

 

子供が大きくなってから、

 

「親同士でが怒鳴り合うのがイヤだった。暗い雰囲気の家庭より離婚してた方がよかった
というのと、

 

「親同士でが怒鳴り合うのがイヤだった。離婚したら家庭が明るくなってよかった

 

と言われるのは、どちらがいいですか?

 

親がいないほうがずっとましな、生物学上の父親・母親なんか、いっぱいいます。

 

子どものために離婚しない?

 

子どものせいにするな

 

子どもは親とは違ってしっかりしています。ちゃんと育ちます。

 

子供は親が思っている以上に親のことをよく見ているものです。

 

「子どものために」という美名に惑わされて、目の前の子どものことを考えていないのは、むしろ親かもしれませんね。

 

離婚したいと思ったらまずは財産チェック

 

離婚のときに問題になるのは、子どものこと・お金のことがほとんどです。

 

「子どものために離婚しない、でも離婚したい」と思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。

 

離婚したいと思ったら、ある程度、家にある財産を把握していると、心の余裕を持つことができます。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。
電化製品など細かいものは後回しです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらになるか60秒でわかります(無料です)

 

子供は知っている

両親の離婚を気にして幸せになりたいと思っている子ども

 

子供たちは

「ちゃんと生きたいな、幸せになりたいな」

と思っているんですね。

 

そして、自分のお父さんやお母さんを見て、多くの子供が思っています。

 

「なぜ仲良くしてくれないのかな? ああなっちゃ、いけないよね」と。

 

子供は親が思っているよりずっと親のことを知っていたりもするんです。

 

何事もなかったように振舞おうとしている母親もいますけど、そんな演技に気がつかないほど子供たちは鈍感ではありません。

 

お父さんやお母さんが何かで悩んでいることなんかは、うすうす感じていたりもするんです。

 

長いこと家庭内別居でもう何年も口をきいていないって、夫婦の仲では当たり前になっているのかもしれませんが、子供はずっと違和感を感じています。

 

「子どもの前で両親が争うこと」は子どもの適応障害と関連します。

 

子供ながらわかるんですよね。

 

親の不審な行動は、かえって疑いを増長させて「うちの家族には暗い秘密がある」と思わせてしまうんです。

 

心がやさしい子どもほど何にも言いませんし、大人になってからも心に秘めてるものです。

太陽のように明るい母親

 

子供にとっては、親って太陽のような存在っていうのが望みなんですね。

 

どんなことがあっても、明るく照らしてくれる存在の太陽。

 

子供はやっぱり明るい家庭で育つのが一番なんですよね。

 

  • 「子どもが小さいから」
  • 「子供のことを考えたら、離婚できない!」
  • 「お金のことが不安だから」

こんな理由でなかなか離婚の決心がつかないのもわかりますが、

 

ただ単に父親とか母親がいない、いるっていうことだけで悩み続けているなら離婚しちゃった方がいいです。

 

子どもという多感な時期に両親の不和を見ながら生活して、不安な時期が長いことが想像できますか?

 

子どものために離婚しないって思っていると、かえって子供に負担になってしまうこともあります。

 

大人から見ると「子どもがかわいそう」と思っていても、子どもはそう思っていなくて、

 

逆に、大人が「子どもにいいだろう」と思うことが、子どもにとってはむしろ迷惑に感じていたりすることも多いです。

 

両親が揃っている、世の中のいわゆる「ふつうの家族」が正しくて、それ以外の家族の子どもは「かわいそう」?

 

そうではないんですね。
周りが「かわいそう」と決めつけているだけです。

 

 

子供たちにとっては、親が離婚するのは、ほとんどの場合、片方の親と離れることになってしまいますよね。

 

だから、離婚することに、親はどうしても後ろめたさを感じてしまいます。


 

家庭の現実がどうであっても、『離婚してよかった』とは言いづらいのが親の本音のことが多いですよね。

 

「離婚=不幸」の公式が一般的ですからね。

 

でも、離婚したいけどできない、と悩んでいるのを、子どものせいにして、子どもを「罪人」にしているようなものです。


大切なのは、父性と母性がある環境を子供に提供することですから。

 

経済的に苦しくても新しい生活に踏み出した方が、親も子も幸せに暮らせることもあります。

 

離婚して経済的なことや、日常の家事のこと、やっぱり子供のことを考えると離婚できない、と決めるのではなくて、

 

どうやったら明るい家庭を新しくスタートでできるか、ってことを考えて、その決断が離婚ならOKですよね。

 

お金や子供の問題がこじれると、離婚裁判にまでなると、離婚成立まで2〜5年かかることも珍しくないです。

 

離婚には想像以上のエネルギーを使います。

 

離婚したいという動機はさまざまでも、離婚となると結論は一つです。

 

でも、子どもを理由にして離婚を我慢している人にとってはどうにかして離婚したいというのが本音でしょう。

 

離婚は最終的には夫婦二人の離婚届に向けた意思、というのが法律上の建前ですよね。

 

でも、心の中では、将来のことも視野に入れた「穏便な離婚をしたい」はずです。

 

離婚への神頼み、というわけではありませんが、離婚したいと思ったときに、おまじないをかける人もいるようですよ。

離婚したい時にまじないで「幸せな」離婚がかなう3つの方法

 

よく読まれている人気関連コンテンツ

---離婚アンケート(お願い)---

「あなたの今は?」