松居一代の動画は「週刊文春」と「夫船越英一郎」

明るい表情が持ち味のタレントの松居一代さんが2017年7月5日に、ユーチューブで自分が自ら話した動画を2本アップしました。

 

松居一代さんの主張がなされているアップしたYouTube動画は
大きく分けて2つです。

 

  • 週刊文春にだまされた(1本目の動画)
  • 船越英一郎がだましていた(2本目の動画)

 

というもの。

 

今のところ、本当なのかウソなのかは明らかではありません。

 

動画では、テレビ上では明るい表情の松居さんが、血相が怖い表情をしてます。

 

 

週刊文春にだまされた(1本目の動画)

 

1本目では 「週刊文春は私を騙した」 と主張していますね。

 

2017年5月に直筆で週刊文春編集長に手紙を出し、船越との問題で取材を受け、出版前に原稿を読む約束を破棄され、7月6日に発売された、というもの。

 

その中で「嘘は大嫌い。罰せられると思います。神様は見ている。嘘をついた人は罰せられる。」と語っていて、正義感が強すぎて、これを夫に強要していたら、疲弊しちゃうだろうなぁ、という印象も受けます。
1本目「真実の告白 松居一代は週刊文春にだまされました」

 

船越英一郎がだましていた(2本目の動画)

 

2本目の動画は若干支離滅裂さがあります。

 

いいたい事は、「船越英一郎がだましていた」の主張です。

 

夫の船越さんが、2008年から糖尿病だという内容から始まりました。

 

糖尿病なのに健康食品の宣伝もしている、だから見た人は騙されてる的な発言で、一連の話からするとおまけ的な要素ですね。

 

本当に言いたいことは「バイアグラを飲んで女性と性交渉している」ことのようです。

 

羅列すると、

  • 2015年の春から船越は松居一代のハワイ在住親友と不倫、その女性と一緒に、松居一代の財産を奪い取ろうとしていた
  • その親友と船越が会うために、短い時間でも会いに行ったパスポートの記録がある
  • 一方女性の方も、来日した、記録がメモに残っている
  • 1年5ヶ月間女性誌に尾行されウソの記事を書かれた

    船越にしか言わなかった場所で、写真を撮られたポルシェのお祓いに行ったことのようです。

  • 週刊誌の記事に出ることが船越のノートに事前に書かれていた

 

この時点では、松居一代を悪者にして、船越英一郎が被害者を装って離婚しようとしている、と思い込んでいる印象を受けます。
2本目 「妻・松居一代を欺き続けた船越英一郎裏の顔

 

 

事の騒動

 

「船越英一郎を愛している」と言っていたオシドリ夫婦として松居一代さんはテレビに出ていましたよね。

 

それが、実際のところは船越英一郎から2015年11月に船越英一郎から離婚を言われ悩み続けていた、とのこと。

 

2017年4月、死のうとおもってた(松居一代の動画から)矢先に、船越英一郎のノートなるものを見つけたことで、今回の騒動に至っているわけです。

 

「1年5ヶ月間女性誌に尾行されウソの記事を書かれた」というのは6月の時点でブログに書かれていましたね。

 

船越のノートに書かれていたことが、全ての疑問が解けた、というのが松居さんの主張です。

 

だから、自分を悪者にして、夫が被害者ぶって離婚しようとしているのが許せなくなった、という現在の松居一代さんの状況です。

 

船越英一郎側の主張

 

船越さん本人は世間が騒いでいる7月5日の生放送でもコメントなしでした。

 

ほんの少し冒頭で、「早く過ぎて欲しいと思うことがある」と意味深な発言をしていたのはどうでしょう?

 

ただ、船越さんの事務所と週刊文春に掲載された代理人の反論で垣間見ることができます。

 

船越英一郎事務所のコメント

離婚調停申立書の提出は事実。それ以外のプライバシーについてはお話できません。
なお、一部で言われているような、船越のプライベートに関しては事実ではないことをこの場を借りて一言申し上げます。

 

週刊文春編集部のコメント

取材過程についてはお答えしていませんが、松居一代さんのご発言には数多くの事実誤認が含まれています。

 

週刊文春の7月13日号(7月6日発売)の内容

 

松居一代がビデオで告白したのと同じ内容です。

 

加えて書かれているのは、

  • 船越英一郎の代理人の反論
  • 松居一代と結婚当初反対された義理の父との確執
  • 船越英一郎に対するDVと暴言
  • 2015年11月に船越英一郎から離婚の意思を伝え、その後、松居一代が拒否したので、別居生活になったこと

です。

 

松居一代と船越英一郎の離婚が泥沼化しそうなたわけ

 

自分達夫婦のことを動画でアップしているのは、かなりやるせない思いがあるからでしょうね。

 

松居一代は現在60歳で、船越英一郎は56歳で年下。

2002年に松居一代が子連れ再婚、船越英一郎は初婚。

 

結婚当初は、船越の父は大反対したにもかかわらず、松居一代は「年上で子持ち」と結婚してくれて、感謝していました。

 

その後、オシドリ夫婦としてよくテレビに出ていましたよね。
生活に関する執筆やらグッズを発売していて、事業家っぽい面もあります。

松居一代ストア

 

ところが、この松居一代さんの動画で、ワイドショー報道は加速して、冷静になっていない様子も目に浮かびます。

 

離婚になる、と言っても、松居一代は事業家でもあるのでお金じゃないことは確かです。

 

お金に執着しないはずです。

 

「正義が大事」と言って、人にわかってもらうために捨て身の覚悟で動画やブログをUPしたりツイッターを始めているわけです。

 

客観的に見ても、松居さんの方はテンションが上がりやすいタイプに思えます。

 

最近よく聞くメンヘラに似てますね。

 

こうなると、離婚は泥沼の様相を見せますよね。

 

船越英一郎のことを愛している気持ちと、許せない気持ちがまじっている感じです。

 

悲壮な表情のYouTubeビデオに現れているけど、心の片隅にはやり直せるかもという可能性を持っているはずです。

 

どうやってこの離婚劇は収束するかは、予想不可能なところですね。

 

このあとは、船越英一郎さんが離婚調停を申し立てたので、調停をすることになりますが、怒り感情がこじれると調停は不成立になります。

 

すると、離婚裁判です。

 

離婚裁判は、基本は公開なので、プライバシーを保てないですよね。

 

そこまでして、人にわかってもらう可能性はあります。

 

ただ、SNS投稿などは裁判官の心証は悪いので、別居期間といい、感情の起伏などで離婚判決は出そうですが、そればかりは今後の展開次第かもしれません。

 

7月6日のツイッターでも、松居一代側は

「命を懸けて、最高裁まで争います。船越が『申し訳なかった』と頭を下げるまで、ガッツでまいります。私は絶対にうそをつきません。すべてを公開してまいります」

と。

 

離婚裁判で離婚劇が長引きそうですね。

 

唯一、松居一代さんの息子さんがいます。船越英一郎も実の子のように可愛がっているとのことです。

 

もう社会人として独立しているのですが、夫婦を取り持つことができるかもしれませんね。

 

結局、離婚騒動中だった、船越英一郎(57)と妻でタレントの松居一代(60)の離婚は2017年12月14日、調停での離婚が成立しましたね。

 

発表では

「調停の詳しい内容はお話できません」
とした上で

 

「私ども所属の俳優 船越英一郎ですが、12月13日、東京家庭裁判所において、双方の当事者出席のもと、第2回の離婚調停が行われ、合意に達し、調停離婚が成立したことをご報告申し上げます」

と発表しています。

 

「慰謝料、財産分与はありません」
とコメントもしています。

 

財産分与とか慰謝料はなかったようですが、お金のやり取りに関して、コメントが出ていました。

 

「調停の詳しい内容はお話できませんが、慰謝料、財産分与はありません」とし「尚、船越が建設費の一部を負担して建てた自宅についてですが、具体的な金額はお知らせできないものの、相当な財産評価を前提に、松居さんが船越の持分を買い取ることになりましたことをお伝えします」

 

とりあえず、一件落着。

 

ただ、離婚が成立した会見で、松居側がメディアに出まくって、

「離婚を勝ち取った」

「夢がかなった」

と勝利宣言をして、ガッツポーズを何回もしていました。

 

見ていてもあほらしくなってしまう、離婚劇は幕をいったん閉じたようです。

 

でも、

 

ブログやYouTubeで船越さんを攻撃する松居に対して、船越さんが東京地裁に名誉毀損行為を差し止める仮処分を申請していたんですね。

 

この部分はもちろん松居側から発表があるわけもなく、影で進行していたんです。

 

結果、『二度と誹謗中傷しない』と表明したことで、この仮処分申請は取り下げられたんですが、名誉毀損の刑事告訴の捜査に松居側が応じないと、またまた芸能ニュースが動きそうです。

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ