年齢差が○歳だと離婚しにくい

離婚しにくい 年の差

同じ年齢なら離婚しない?

 

アメリカのエモリー大学というところで、3,000組のカップルを対象に調査を行ったそうです。

 

その結果、ここでわかったのは、

 

最も離婚率の低いカップルの年齢差は“ゼロ”

 

そうなんです同じ年齢のカップルが一番離婚しないんだそうです。

 

トラブルになってしまう理由はさまざまですが、それが発展して離婚ということになってしまうのは、どんなカップルにも十分起こりうること。

 

英語の女性向けサイト『redbook』の記事にでていた、カップルの年齢の差によって離婚しやすいかどうか、という統計。

 

やはり、男女の年齢差ないことが、離婚率にも大きく影響しているという理由があるようです。

 

 

一番結婚生活がうまくいくカップルの年齢差はゼロである理由とは?

年齢差があってもうまくいくカップル

 

冒頭の”最も離婚率の低いカップルの年齢差は0歳という調査の結果”をよく見てみると、さらに興味深いことが書かれています。

 

それは、カップルの年齢の差が大きくなるにつれて離婚率が上昇していくということ。

 

1歳の年の差でも3%多くなる

   ↓

10歳差で39%

   ↓

20歳差で95%

 

かなり離婚の確率が高いですね。

 

これは最終的に離婚に至ったケースです。

 

実際のところ、年の差でラブラブに見えるカップルでも、実際のところあまりいい仲といえない年の差カップルの数はもっといるのかもしれません。

 

その理由はやはり、

  • 生活環境がぜんぜん違う」
  • 「話しがかみ合わない
  • 経済観念が違う」

などと同じなのかもしれません。

 

年の差カップルの結婚を見聞きて感じるのは、

 

どうせすぐに離婚するでしょう!

 

年の差があると離婚しやすい、そう思うんじゃないでしょうか。

 

最近は、芸能人でも、自分自身の周りでも、年の差のあるカップルの結婚ってよく聞きますよね。

 

自分自身が、うらやましいとか、そんな感情は除いても、ほんと、40代の男性と10歳くらい年下の女性の結婚くらいでは驚かなくなりました。

 

その反対の50代以上の女性が、自分の子ども?っていうくらいの年下の男性と結婚するのも耳にしたりします。秋吉久美子さんなんかは、離婚しましたけど、26歳離れていましたからね。

 

夫婦の共通点がなかったり、全く別の世界に住んでいるように見えたりもすると、長続きできないということなんでしょう。

 

年齢差が大きいほど、長続きしずらいことは、ちょっと考えてみるとわかりますよね。

 

たとえば、25歳の女性が40歳の男性と結婚したとします。

 

男性の方は、「もう落ち着いて家庭を!」って思っていても、女性の方が、「まだまだ子供はいらない」って思ったりすると、自然のなりゆきで考え方に摩擦が生じてきますよね。

 

結婚するにしろ恋愛するにしろ、実際の年齢より「自分との相性」が一番大事、なんですよね。

 

ほとんどの人が、年の差カップルを見てそう言うし、相性がいいんだなぁって思うはずです。

 

でも、年齢の差が大きいと、いろんなところで食い違いが出てくるのも事実ですね。

 

たとえば、

  • 生活環境がぜんぜん違う」
  • 「話しているけどかみ合わない
  • 経済観念が違う」

などなど・・・

 

年の差カップルでなくても、結婚したらどこの夫婦でも、結婚生活っていうものがつきものです。

 

一目惚れして結婚したとしても、結婚生活に「なにごとも波風起きずに一生安泰!」というのはありえません。いくら今がラブラブでもです。

 

さらにこの調査、年齢差のあるカップルでも、離婚率が低くなるケースも紹介しています。

 

年齢差があっても離婚しにくい夫婦の特徴は?

年齢差がある離婚しにくい夫婦

 

統計上は圧倒的に年齢差があると、離婚に発展するケースが多いのですが、あくまでも可能性。

 

実際の夫婦生活では、ケースバイケースでちがってくるものです。

 

たとえ夫が10歳年上でも、妻が15歳年下でも、うまくいくんです。

 

その年の差カップルでも 離婚率が低くなる条件 とは、

 

  1. 結婚の期間が長い
  2. 2人に子どもがいる
  3. 夫婦2人の教育レベルが似ている

 

この3点が条件だそうです。

 

なるほど、と納得できる条件ですが、この3つの条件をクリアーするためには「夫婦2人の教育レベルが似ている」というのが一番難しいかもしれませんね。

 

今まで受けてきた教育レベルなんて、結婚する前から決まっていることですからね。

 

今あなたは年の差カップルですか?

 

離婚したい、と頭をよぎったりしてませんか?

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

話し合えずにこじれることも多いです。
離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。
電化製品など細かいものは後回しです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 


     

よく読まれている人気関連コンテンツ