浮気のススメ!?

浮気は恋愛カロリーが高い人がする

 

結婚しているか、男女を問わず、浮気をする人の方は「恋愛」に対して積極的ですよね。

 

恋愛カロリーが高いです。

 

浮気する人にとっては、妻や夫を愛しているとかいないとかとは別次元の問題なんです。

 

「恋愛と結婚は違う」と言われることがありますが、浮気をしない人からすれば、ぶっちゃけて言えば浮気はめんどくさいんですね。

 

そういう意味で言えば、浮気をする人ほど「めんどくさい」を超えるほどの熱量がある、ってことなんです。

 

浮気する人にとっては、パートナーに対しても恋愛カロリーは高いし、浮気相手に対しても熱量は高いです。

 

アメリカでの調査では、男性の社会的地位や年収と相関関係があって、お金持ちで、社会的地位がある男性ほど浮気するんだとか。

 

「心を開けば股開く」ということでもないのでしょうが、心を開かなくても、活力があるほど浮気はできてしまうんです。

 

 

生物学的には男性も女性も浮気する

生物学的には男女ともに浮気しやすい

浮気相手とは、日常生活を共にしないからこそ、ときめきを保ったまま恋愛は続いていくものです。

 

浮気は男性がするもの、と思われていた昭和のころと比べると、今は女性も浮気するのは当たり前になってますよね。

 

生物学的には、男性も女性も浮気する研究結果がでています。

 

「浮気」がいい意味で、仕事パワーにつながるといいんですが、結婚していたり、バレてしまうと後の処理を考えなければならないんですよね。

 

浮気って仕事の活力 になったりするんですよね。

 

でも浮気って男性だけがしているイメージがありますが。。。

人類は学者の血球結果では「乱婚の傾向がある軽度な一夫多妻」というややこしい繁殖様式を、数百万年続けてきた、と発表されています。

 

乱婚傾向を持つということは、生物学的にも浮気は男性だけがするものではない、ということなんです。

女性の場合は、浮気相手の子供を出産 することもあるんじゃないですか?

女性の場合、浮気して相手の子供を産む、という例も決して少なくありません。

 

5%ほどという統計結果があります。

 

統計的には、およそ30%の男性は浮気をしていないですが、これには経済力や社会的地位などが、当然のことながら関係してきます。

仕事ができる人ほど浮気をする、ってことなんでしょうか。

アメリカでの調査によると、一ヶ月ののべ不倫相手数は、男性の社会的地位や年収と相関関係があるそうです。

 

お金持ちで、社会的地位がある男性ほど浮気するわけです。

 

逆に、浮気する男性ほど仕事ができる、とも言えます。

浮気が仕事の活力になっているのは、あながちウソでもないんですね。

 

人間の身体がそういう風にできているんでしょうか?

このことは、人間の脳の仕組みから見るとさほど極論ではないです。

 

浮気するのは、身体的には男性ホルモン、特にテストステロンのレベルが高い必要があるし、脳内ホルモンとしてはドーパミンが重要だからです。

 

テストステロンやドーパミンの活性が高い男性は、精力的でプラス思考、外交的なので、仕事をバリバリこなすはずです。

 

一般知能指数にもドーパミンが深く関与しているし、一般知能指数が高いと社会的に成功する確率が高まります。

浮気じゃなくても異性と接するだけでも仕事にはいい影響を与えることがあります。

 

ネズミの雄での実験の話しですが、一匹の雌と暮らし続けていると、テストステロンが下がって性交もしなくなります。

 

ここで、新しい雌をゲージに入れると、テストステロンが急上昇して、その雌と性交を頻繁にするようになるという、有名な実験があります。

 

もちろん、浮気をしなくてもテストステロンをあげることもドーパミンレベルを上げることも可能なのですが、特に中年以降はどちらも低下します。

 

その際には、浮気まで行かなくとも、新しい女性と接することは意味があるのかもしれません。

 

浮気した後の男女の違い

 

浮気に限らず、男は女を口説くためにさまざまな努力を惜しみません。

 

女性が男性に浮気を持ちかける場合は、よほどのことがない限り断られることはないでしょう。

 

だから、本来、浮気に有利なのは女性の方なのです。

 

浮気相手の女性が、そそのかしたとしても、妻の方が責められることもありますよね。

日本の文化では、浮気した夫よりもされた妻の方が何か悪いところ、至らない面があったのでは?と周りから責められるケースがありますね。

夫が浮気したから復讐に浮気するなどはもってのほか、と言われますよね。

 

それをばらすのはおしゃべりな女友達だったりするから悲劇です。

 

それに対して、浮気した夫の方は、

 

「浮気は男の甲斐性。生物的にも浮気をする生き物」・・・そんな俗説で許されたりもします。

 

「英雄色を好む」とも言います。他の女性にもてない男よりモテる男の方が出世するとも言われています。

 

寝言でバレる浮気、というのもあるようです。誘導尋問で白状させられたり。

 

もし、浮気や不倫を離婚するいいきっかけにしたい、と考えているなら、すぐにはおおごとにせず「証拠集め」から作戦を練ってるほうが賢明です。

浮気の証拠を確実にしてから離婚するかしないか

 

「浮気された。もう離婚したい」

「浮気がばれないように離婚したい」

と思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

開き直られて、さらにこじれて「離婚」も話し合えないとも多いです。
だから、離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

もし自宅などの不動産を所有しているのなら、最終的に離婚したとなるとお金の問題は、財産分与で清算、という方法をとります。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。
電化製品など細かいものは後回しです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

浮気を黙っているほうが幸せ!?

浮気を黙っている

 

釣り好きな人はよく知っている、中国の古いことわざがあります。

 

「三日間幸せになりたかったら結婚しなさい。」

 

「永遠に幸せになりたかったら、釣りを覚えなさい。」

 

これは男性の本質を見事についていますね。

 

狩猟やそれと似たことを、人類の男性は200万年近くし続けています。

 

狩猟の一種である釣りは、男性の「天職」と言ってもよく、その天職を全うすることは幸せなはず、ということなんですね。

 

一方で、現在の多くの国では、結婚という形態は男性の本質から外れているので、3日とは言わないまでも、結婚している状態は『それほど長く幸せでいることはできない』と感じている人も多いです。

 

ところが、現在のかなりの国では、一夫一妻制 が法的に定められています。もちろん日本もそうです。

 

ここで、この軽度な一夫多妻制という繁殖様式をするためには、浮気をするしか不満を解消する方法がない、ということになってしまうんです。

 

そして、ところが、人類は、軽度な一夫多妻なので、女性よりも男性の方がより浮気するようになっています。

 

このことは統計的に見てもあきらかで、浮気率は女性でおよそ20%、男性で70%です。

 

相手の数は女性で平均2人。男性では平均6人です。
この統計は日本でのことです。

 

とはいっても、もし異性と二人だけで飲みに行くとして、相手に許可を取るべきでしょうか?

  • 後でばれるのがイヤだ
  • ウソをつきたくない

と事前にいうのも考え方ですが、何もやましい下心がないなら、余計な波風を立てないためにも黙っていた方がいいですよね。

 

黙っているのも思いやりですから。

 

浮気は、年齢や環境も影響を受けるような気がします。

男性の浮気相手の平均年齢は27歳です。

 

女性の27歳というのは、生物学的に見て繁殖の最適齢期で、いわゆるフェロモンを最も強く出しています。

 

一方で、家族を持つことが幸福感に深く関係することは、以前からよく知られていることです。

 

結婚しても浮気したり浮気願望をもったりすることは、人間の進化的にしかたがないとはいえ、家族をきちんと維持することも進化的に必要なことです。

そうですよね。浮気が原因で家族がバラバラになっては仕事への活力どころじゃなくなっちゃいますもんね。

家族を崩壊させるような浮気をするようでは、元も子もありません。

 

両親が離婚すると、子供の脳の発達には、悪影響を及ぼすこともわかっているのでなおさらです。

浮気はばれなければいい、というのはすでにある家庭が影響しているのは間違いないです。

 

ただ、浮気が原因で離婚にまでなってしまうと悪影響になりますが、仕事をバリバリするには浮気は妙薬かもしれません。

 

男性と女性の浮気のとらえ方や考え方の違いは確かにあります。

 

日本では、その浮気は一線を越える=性交までする、と法律用語での「不貞」に該当してしまいます。

 

現在の法的婚姻関係の法律制度の下では、結婚しても男女ともに一人の異性に満足しろ、ということになっています。

 

ということは、一線を越えてしまった相手を見逃している、ということは、極論すれば法律に違反していてもそれを見逃している、ともいえます。

参考→既婚で一線を越える男女の関係があるなら離婚したい|一線の境界とは?

 

浮気されて何もしないでいるのは、自業自得です。

 

浮気が原因で離婚裁判をする際には、浮気の証拠が必要となります。

 

一方で、離婚したいという原因が「相手の浮気・不倫」だったら、「証拠」を集めるのと同時に、プロの探偵の助言によってかなり離婚は進展し、有利に自体をすすめることができます。

 

探偵に依頼すると、確実な証拠を集めることができ、離婚裁判をしても勝つ可能性が非常に高くなります。


街街角相談所-探偵-では、浮気の調査が必要なかった場合には調査費用がかかりません!
街角相談所は匿名で相談もできます(無料です)

 

離婚 住宅ローン

 

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ