離婚の原因は5つだけ法律で決まっている

 


離婚の原因関連記事一覧

離婚裁判するなら法律上の離婚原因が必要話し合いで離婚が決まれば離婚の理由は何でもOKですが、離婚訴訟になると法律で決まった離婚理由が必要です。離婚の原因は離婚訴訟になると5つの原因が必要とされているんですね。民法の条文に書かれているのは次の5つ配偶者の不貞行為があること(配偶者以外の異性と肉体関係を持った場合)悪意の遺棄があること(相手を捨てて家出をする。相手を追い出す。出て行くように仕向けて復帰...
離婚したい原因は?って聞かれたら、真っ先に「性格の不一致」という夫婦も多いですよね。実際には「なんとなくいや」とか、他にもいろいろな離婚原因があっても、「性格が合わない」で結論づけてしまうことも多いです。離婚する際の理由としての「性格の不一致」もし、離婚裁判にまで進んで、「性格の不一致」の法律上の根拠はどれくらいなの?という判断が必要な場合のレベルは夫婦生活が改善できないくらいが「性格の不一致」夫...
悪意の遺棄とは「夫婦の義務をしない」こと悪意とは「わざと」、遺棄とは「放置」することですよね。つまり、悪意の遺棄の意味とは、家族や配偶者がすべき義務をしないで放置することなんですね。民法上には、夫婦で助け合うためにいくつかの義務が規定されています。悪意の遺棄に関係するのが、民法第752条の「同居義務」(夫婦が一緒に暮らすこと)、「扶助義務」(夫婦で助け合って家庭を維持する義務です。「遺棄」という言...
マザコンって聞くと、「きもっ!」って思いますよね。でも、古風な女性が好みだという男性にマザコンは多いそうです。マザコンもいろいろで、逆ギレ、亭主関白、暴力、親離れしていない、何でも母親に告げ口するタイプまで・・・少しくらいのマザコンなら許すことができても、度が過ぎると、妻を見下すようになってしまいます。どんなマザコンのタイプでも『母親 > 妻』という、なんでも妻より母親優先になると、離婚を考えてし...
タバコをやめて と何度言ってもやめてくれなくって、吸わない私の気持ちなんか全く考えてくれないんですね。せっかく新築で買った家なのに、部屋も臭くて、黄ばんでくるし・・・このままたばこをやめてくれないのなら、離婚したいんですよ。結婚生活ではいろいろな問題が出てくるものですけど、タバコが原因で離婚に発展するとなると古くからある嫁姑問題と違って、新しい問題ですよね。実際にタバコが原因で問題になっていること...
夫婦関係が破綻しているなら離婚を言い出してもOK有責配偶者というのは、かんたんに言ってしまえば、夫婦のどちらかで浮気をした方、暴力をふるった方のことです。自分に離婚の原因があるのが、有責配偶者ですよね。有責配偶者の方から離婚を言い出して離婚できるのでしょうか?もし、どうしても別れたい、というなら、別居を長期間しているなどの条件があれば、離婚することもできたりします。有責配偶者でも離婚したい!という...
DVが起きるのは、家庭内という限られた空間で行われることが多いですよね。だから、外からはわからないことも多いです。過去に虐待を受けたのか、過保護エリートの逆ギレなのか、家庭内で豹変する人も増えているようです。そういったDVをする人の特徴は、DVで一回発散できると習慣性もって繰り返しますだんだんと習慣になっていくので、DVをするほうも受けるほうも麻痺しがちなんですね。そのDV習慣に気がついて、暴言暴...
「誰のおかげでメシが食えてるんだ!」このフレーズを言われた事ある人、きっといると思います。この言葉を言われて、モラハラを意識し始めて離婚したい、と考える原因になっているという方が大勢います。モラハラの典型的な事例最初のうちは思いやりのある優しい人だったんです。結婚後も同じで、どちらかというと少し臆病なところもある人なんです。それが変わってきたのは、ここ5年くらいのことだと思います。旦那さんが仕事上...
心のどこかで何だかものすごく物足りない気持ち離婚したい理由が「セックスレス」そう聞くと、「わかる、わかる」と言う人から、子どもや家庭のことを大切に思うなら「そんな理由で離婚するはずがない」と言う人もいますよね。やっぱり、実際に夫婦である前に、一人の大人の人間としての男女なんです。性の不一致は離婚理由にもなります。どういったきっかけかわからないけど、気がついたらいつの間にかセックスレスになってしまっ...
一時盛んに取り上げられた「熟年離婚」です。熟年離婚については1990年代頃からメディアで取りざたされるようになり、2005年に「熟年離婚」というドラマが放映されて、高視聴率を獲得して注目が集まりましたよね。婚姻期間が20年以上の離婚を熟年離婚というようです。想定される年齢は、40代後半からそれ以上の年齢の人でしょうか。思慮分別もあり、社会経験も豊富なはず、、、、、、結婚の年数が長くなればなるほど、...
この人 精神病じゃないの?結婚していると相手のことをそんな風に思うこともありますよね。わけのわからない事を言ってきたり、無理なことを押し付けたり・・・・・逆に、自分が精神的にまいってしまって、精神的におかしくなってしまっている・・・・そんな精神状態だったら離婚のレベルかな、と考えてしまうこともあるかもしれませんね。法律で決まっている離婚原因として、民法上には「強度で回復の見込みがないとき」というも...
日本人って世界の中でも、無宗教の人が多いですよね。自分が特定の宗教を信仰していなくて、パートナーが、宗教を熱心に信仰していたことを知って「えっ!」とすることもありますよね。相手のことを愛していて信頼していても、自分が育った環境に宗教色がそんなにないと、若干の違和感があるものです。信仰や宗教活動の自由は憲法で認めているので、妻あるいは夫が家の宗教と異なる信仰をするからといって、そのことだけを理由に離...
結婚して、夫の両親と仲良くできるかな?仲良く買い物もいけるかな?結婚した当初は姑との関係に、不安と期待があったりしましたよね。結婚生活が続くと接する機会も多くなり、だんだんとお互いの本性があらわになって、嫁と姑のいさかい、嫁と夫の身内との不和に発展してしまうんですね。嫁姑問題 はどんな時代にもある古くからの問題です。同居している、していないにかかわらず、どの家庭も親族の不和に関する問題を多少は抱え...
「好きだけど離婚したい!」って聞くと、「理由はなんで?」と思いますよね。嫌いになったから離婚するのはわかるけど、好きなのに離婚するのは矛盾しているように思えます。でも、「好きでも離婚」は矛盾はしていません。結婚生活は好きな気持ちだけではうまくいかないこともありますよね。結婚すると生活がかかってきます。家族が夫婦二人だけの時もそうですが、子供もいたらもっと生活の比重が高くなりますよね。好きだけど離婚...
スマホ離婚って聞きなれない言葉ですよね。◯◯離婚、とよく言われますが、たいていの場合、◯◯には離婚原因が入ります。妻の浮気が原因なら「あばずれ離婚」、姑が原因で離婚するなら「姑離婚」とかですね。とすればスマホ離婚とは、スマホが原因で離婚すること。スマホのやりすぎがきっかけってことです。スマホが原因で離婚したいと思うのは、夫婦のどちらか一方がスマホのやりすぎ、それもスマホゲームのやりすぎで依存してい...
お小遣い制の夫は家計のやりくりと無縁だから独身時代は、自分が稼いだお金は全て自分の自由に使えていたのに、結婚したらお小遣い制になった、という夫は多いですよね。お小遣い=昼食代・交通費という人もいます。そして給料日前になってくると、足りないお小遣いを夫が妻にせがんでくる図式もありがちですよね。でも、夫がお小遣い制で、専業主婦やパートの妻が夫のお給料の一部を渡していることが、離婚につながる可能性が高い...