離婚体験は夫婦の数と同じ

離婚をする夫婦の原因の一番は「性格の不一致」といわれています。

 

そもそも性格は人間それぞれが違うのが当たり前なので、性格の不一致という理由も、後付けかもしれませんね。

 

本当のところは離婚した人にしかわからないものです。

 

他の夫婦の離婚体験はどう?と言う意味では、自分とぴったりな境遇は一つとしてないはずです。

 

でも、似たような考え方をしているから自分も大丈夫、という自信や、他の人の離婚体験談が参考になる事はとても多いです。

 

離婚を考え出すと、つい、自分に自信がなくなってしまうものです。

 

でも、離婚体験談を知る事で前向きに生きていく方向性をつかんでいただけたら幸いです。

 

     

離婚体験談あるあるBEST20記事一覧

夫婦の会話がない→住宅ローンの滞納→自宅を失う→離婚心が完全に離れた夫婦は、家庭内別居の状態になりがちです。自分たち夫婦が選んだ結果としてなら、それはそれでかまわないはずですが、そこに住宅ローンなどのお金の問題がからむと、きれいごとだけではすまされない現実に直面します。

陽子さん(42)は大変聡明な女性です。ただ少し舌足らずなところがあって、愛嬌十分なキャラクターもあって周りからはちょっとおっちょこちょいでのんびりした人と思われています。ところが、思い込みはやっかいで、一度信じ込んでしまうと、その気持ちを変えるのはなかなか難しいようです。その彼女を一番頼りなく思っているのは夫だったんです。

子連れでの再婚は、妻の方は夫と子供の間で、夫は妻と子供の間で板挟みになってしまいますよね。子供の主張と親の考え。どちらを選択するか悩ましい立場になってしまいます。そんな難しい立場に立ってしまうと、夫婦としての仲は良好、でも子供の幸せのために離婚結局はまた離婚、という選択をとって再出発をすることになってしまいます。

不倫、隠し子4人、借金の本当の理由ぜんぶ離婚前にわからなかった離婚した後に夫がすぐに再婚した。その上、再婚相手にはすでに元夫の子供が4人いるという。その相手は結婚前に元夫が付き合っていた元カノ。その事実は、1年前に自らの意思で離婚を決意したときには知らなかった。しかし、その事実はいまだ元夫の口からは聞いていない。

結婚歴20年夫 一流上場企業のサラリーマン妻 専業主婦子供 2人妻とは大学で知り合った仲でした。おとなしくてまじめな性格を気に入って、大学卒業後に結婚。その後、20年の間、妻を信頼して家計の管理は全て任せていました。夫はあまりお金に頓着しない性格だし、妻は適宜うまくやってくれているだろう、いや、専業主婦なんだからそのくらいやってくれないと困る、そう考えていました。まさか、その信頼が裏切られる日が来...

終身雇用制度が崩れて、いつ誰がリストラされてもおかしくはないようなってきましたね。30年ほど前では日本では、会社倒産以外は、リストラはほとんどありませんでした。その頃入社したサラリーマンは、ちょうど今、中高年です。ただ、特に中高年になると、再就職もできなくなることも多いです。

夫の玉置ハルオさんは、らーめん一郎というラーメン店のチェーン店の店長として勤務していました。年齢も41歳になり店長として活躍していました。ところが、ここ数年は不況で売り上げは伸び悩み、品揃えの変更や価格の引き下げなどの努力をしたのですが、その効果もなく、ハルオさんが店長をしている店は閉店となったのです。その時、店長であるハルオさんは他のチェーン店に移るという話もあったのですが、主任に降格ということ...

離婚を考えはじめたのが 夫の浮気 という人は多いですよね。芸能人のニュースでもよく出てきます。夫の浮気が発覚するのは、女の直感とよく言われますが、浮気を原因に離婚するのなら、必ず証拠は押さえておく必要があります。離婚するまでの決断には、一度は修復しようと試みたりしますが、『浮気』がきっかけになるほかに、さまざまな理由が絡み合うことの方が多いです。離婚したのは31歳 直子さんです。6年前に離婚し、現...

離婚したいと思っていても、「言い出したらどうなっちゃうんだろう」って考えてしまいますよね。言い争いがエスカレートすると、離婚すること自体が長引いて、離婚訴訟で離婚が決まるまで3年半かかることもあります。やっと離婚届を役所に提出したばかり。3年半にも及ぶ離婚騒動をやっと終えた今、振り返ってみると夫も妻も離婚を戦いだと思って、お互いの主張ばかりを繰り返していたことが情けなく思えるのです。

タケシさんと涼子さんは共稼ぎの夫婦です。お互いに私生活では干渉しない、ということが、15年前の結婚時の約束でした。妻の涼子さんは、従業員が100人程度の水産物を扱う商社で仕事をしており、夫の地方公務員としての仕事と比べてもハードでした。この夫婦には、小学校6年生の一人息子がいます。しかし、妻はほとんど子供の面倒を見ることもなく、朝のご飯から夜の風呂まで、夫のタケシさんが面倒を見てきました。世間的に...

感情と財産は別物?離婚する際の財産をわける方法は、トラブルになる典型的な例ですよね。財産分与、結婚してできた夫婦の財産は、たとえ相手が浮気してもわけることになります。でも一体なぜ、不倫や浮気をした妻にまで、財産を分け与えることになってしまうのでしょうか。

春まっただ中の4月も終わりのある日3年前に購入した自宅マンションに帰宅した夫の亮介(仮名)は妻の久美子(仮名)から「大事な話があります」と言われました。夫 竹川亮介(30歳)は地方の銀行勤務。妻 竹川久美子は専業主婦で同じ年で、見た目はキレイ系、都内近郊の出身。ともに、四年制大学を卒業後に友人の紹介を通して知り合ったことがきっかけで、結婚しました。

最近よく聞かれるようになった 熟年離婚。妻は不満・我慢ばかり、夫は家庭の事は関与せず。そんな長い間の結婚生活後に、夫の定年退職と同時に、妻が離婚を言い出すパターンが最も多いです。そんな熟年離婚はお金の問題が一番の悩みどころです。これから一人で生きていくためのお金ですね。特に、熟年離婚で期待を大きくしているのは年金をあてにしているケースです。結論から言えば、熟年離婚では、勝也の年金だけをあてにして離...

夫の給料で生活し、妻は専業主婦、夫は妻を働かせない。理想的な夫婦として言われることもありますが、4,50年ほど前の昭和的な夫婦形態ですよね。いまの専業主婦希望の妻は、夫の給料だけが目当てのATMな結婚生活が理想ってよく言われます。『金の切れ目が縁の切れ目』とは昔からよく言われます。夫はお金で妻を縛りつけますが、稼ぎがなくなったら不用品と化してしまいます。夫は「お金」が武器。妻は「お金」に従う。

「DNA鑑定」や「血液鑑定」と聞くと大きな事件でニュースになることがありますよね。実際には、親子関係があるのか、を確かめるために、血液鑑定はとにかく離婚訴訟にからみがちです。あるきっかけで、妻に不信感を抱いた夫が、今まで自分の子供として育ててきた我が子を、ひょっとしたら妻と浮気相手との間にできた子なのではないかそう思って親子鑑定をする場合もあります。すでに離婚した後に親子鑑定 をすることもあります...

家の所有者を変えても連帯保証人として全額請求される離婚するときには、できれば円満に離婚したいと思うものですよね。とくに、お金に関することは離婚前のケンカの火種になることがよくあります。住宅ローンをかかえて自宅を購入していた場合は、どちらが住み続けるのか、どちらがローンを払い続けるのか、も考えることになります。

結婚記念日といえば、お祝いしたり、されたりもしますよね。「記念」というくらいなので、明るい雰囲気を想像します。中には毎年、花束や夫婦で食事という家もありますよね。ふだんは夫婦仲が冷めていても、日頃からコミニュケーション不足なら、結婚記念日に補っておく夫婦もいます。その結婚記念日のお祝い品?が「離婚届」だったら、驚きを通り越して、ア然としますよね。