離婚と法律の関係

離婚したいと思ったら、法律関係をある程度把握しておいた方がいいです。

 

離婚には、難しくてややこしい法律用語や届出書類、手続きがつきものですからね。

 

正しい知識を得ることで、気がかりや心配事を少しずつ解決していきましょう!

 

離婚の方法

離婚の方法の手順

 

離婚の方法も法律で順番が決まっています。

  1. 夫婦で話し合い離婚を決める「協議離婚

    これが離婚をするのに最も一般的な方法で、離婚の90%を占めます。
    離婚の理由は問われず、夫婦間で合意して離婚届を提出・受理で離婚成立です。

  2.  

  3. 家庭裁判所が関与して離婚する「調停離婚

    およそ10%くらいです。片方が離婚に合意しない場合はこの調停離婚をします。
    家庭裁判所に調停を申し立てると、調停委員が夫婦の間にたって双方の合意に向けて調停を行います。お互いが合意すれば、離婚成立です。

  4.  

  5. 最終手段として家庭裁判所の訴訟によって「離婚裁判

    離婚全体の1%前後くらいです。調停離婚でも離婚の合意が得られない場合、家庭裁判所に訴えを起こします。
    法律で定められた離婚事由のどれかに当てはまる場合に、裁判所の判決によって離婚が認められます。

 

協議離婚がこじれたら

 

離婚したいと思ったら、まずは、夫婦間で話し合う離婚交渉です。

 

が、決裂してやはり離婚の道を進むことになったとしても、協議離婚ができる状態にならない場合は、すぐに訴訟をすることができず、まず「離婚調停」をすることになります。

 

日本の離婚の制度では、調停前置主義といって、離婚裁判をする「裁判」の前に「調停」が不調に終わっていないといけないんですね。
だから、まず離婚調停をすることになります。

 

協議離婚が成立せず、法的手続きもしないままでいれば、別居機関がどれだけ長く続いたとしても離婚ができるわけではありません。
調停や訴訟と言った法的手続きが必要になってきます。

 

離婚は、子供・お金・生活について法律が関係してきます。

 

およそどのような関係があるのかは以下のようなものです。

 

子供と法律について

  • 子供の親権者を決めておかないと、離婚届は受理されない
  • 一度決めた親権者を離婚後に変更するには、家庭裁判所の許可が必要になる
  • 養育費は子供が成人に達するまで請求できるが、相手に請求しなければもらえない場合がある
  • 離婚届を出しただけでは子供の戸籍は変わらない
  • 子供の姓を変更するには家庭裁判所の許可が必要になる

お金と法律について

  • 別れた親には子供と会う権利があり、特別な理由がなければ拒否はできない
  • 財産分与の対象となる財産と、対象外になる財産とがある
  • 離婚後の財産分与や慰謝料の請求には時効がある
  • 財産分与の方法によっては税金がかかる
  • 年金分割は単純に半分もらえるわけではない
  • 慰謝料の請求ができない場合がある
  • 婚姻中の姓を名乗る場合は手続きが必要になる

生活と法律

  • 離婚するまで生活費(婚姻費用)はもらえる

 

離婚したいと思ったら、ある程度、家にある財産を把握していると、心の余裕を持つことができます。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。
電化製品など細かいものは後回しです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 


離婚の法律関係関連記事一覧

夫婦が話し合って「離婚しよう」ということになって、役所に離婚届を提出して受理されれば離婚成立です!この、協議離婚は、離婚全体の約90%を占めます。理由も問われませんし、ハンコ押せば済んじゃうしお気楽ですよね〜でも、「お気楽」だと後でトラブルの原因になりがちです。協議離婚の手続きは簡単ですが、離婚後のトラブルも多いです。協議離婚とはその名の通り、当事者(夫と妻)の協議=話し合いによって離婚を決めるも...
夫婦で離婚の話し合いがまとまらない相手が、離婚に応じてくれない離婚はOKだけど、子供の親権やら財産、養育費などで話が合わないそんなときには、家庭裁判所での離婚調停に進みます!「夫婦関係調整(離婚)」の申立です。協議離婚は難しいと予想できるときに、最初から調停離婚を選ぶケースもあります。調停とは話し合いという意味です。あーーー話し合いができなーーーい訴訟だぁ!「調停なんてめんどう、すぐにでも裁判を!...
「もう、一緒にいられない! 離婚する!」結婚してから数年の夫婦から、銀婚式を過ぎた熟年夫婦まで、離婚したいと思ったことがない、という人の方がすくないのですよね。夫婦がお互いに「離婚したい」と思っている場合は離婚が簡単にできます。だって、話し合いがスムーズにいきますからね。理由が「顔を見るのもイヤだ!」「何となく考え方があわない。」「一緒にいる理由がなんにもない」なんていう曖昧な理由でも離婚はできま...
こじれるほど面倒くさくなる離婚の手続き離婚の手続き は結婚よりめんどうなイメージがありますよね。でも、離婚届さえすんなり出してしまえば全くノープロブレムです。離婚したいと思ってから、話し合ってもこじれ出すと、だんだんと手続きは面倒になります。離婚手続き方法としての手順は、大きく3つあります。協議離婚、調停離婚、訴訟離婚です。日本ではいきなり訴訟をすることができないので、離婚したいと思ったら、まずは...
離婚届の証人の責任は全くない離婚届には離婚の「証人」欄があって、協議離婚なら 離婚届の証人 に名前と印鑑を押してもらわなければならないですよね。それも一人ではなく二人。この証人は法的な責任もなく、成年であれば誰でもいいのですが、結婚届と違って、たいていの人は重い心境で書くことが多いです。それなのに、離婚届に証人が必要な理由は2つあります。それは、「離婚届が虚偽でないこと」「離婚についてじっくり覚悟...
会社までなんとか通勤できる距離なのですが、夫は仕事を優先させて、自宅に帰ってきません。浮気はしていないようなのですが・・・・民法752条には夫婦の同居・扶助義務が規定されています。「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」民法上の条文では夫婦が同居の義務をうたっているのですが、強制をしているわけではありません。そのため、妻(夫)を強制的に自宅に連れ戻すことはできません。仕事優先の生き方...
外国人との離婚は手続きの複雑さは覚悟する最近は外国の方と結婚する人も増えてきました。本当に愛し合っているなら、「離婚」という考えも出てこないんでしょうけど、文化の違いや、打算で結婚した場合には、すぐに離婚したいと思う状況になることもあるんですね。日本にいる外国人の場合には、ビザの期限切れが近くなると、日本人と結婚をして配偶者ビザを取得したいがために結婚する人もいたりします。結婚したい女性の育った環...
元夫がお金持ちでも元妻の遺産相続はゼロ離婚したら、法律関係がどこまで相手とつながっているのか気になりますよね。元夫・元妻が亡くなったらどうなるんだろう、借金は?相手がお金持ちでプラスの財産しかなかったら、相続できたらいいな、と期待したり。でも、離婚後に相続権があるのは子供だけです。遺産を相続できるのは、子供だけなので、いくら元夫がお金持ちでも、元妻には一円も入って来ません。離婚後は、元配偶者を相続...
時効にかかっていないか確認する離婚の話し合いをしているときは、どうしても離婚したい気持ちが強くて、後先見ないで離婚届を出してしまうものですよね。離婚届を出すときに、離婚したい!一心で、なにがなんでも「離婚」に向けて先走っちゃったんです。ふだんはなにをするにも後回しなことでも、こと離婚届を提出するまではものすごい勢いで準備して、提出して離婚後に 後悔 していることがあるんです。離婚届を出すと、いった...
無料法律相談で離婚専門弁護士に当たるのは宝くじレベルよく法律相談を、弁護士さんが無料でやっていることがありますよね。役所の法律相談で月一回くらい法律相談を開催していたりもします。でも、法律って日常的なことから国の内部のことまであらゆることがテリトリーで、弁護士もすべてに対応できるわけではないんです。だから、離婚の法律相談をするなら、 離婚専門の弁護士さんを狙った方がいいです。よくある役所の法律相談...
離婚訴訟の弁護士費用は80万〜120万程度離婚したいと思って、絶対に離婚すると決めているなら、最近では協議離婚から弁護士に依頼するケースもあります。できれば、円満に離婚できそうなら、離婚では弁護士なんかいない方がいいですよね。でも、離婚って夫婦でうまく話ができないから、離婚したいと思うわけです。そこで、弁護士費用がどれくらいかかるのか、を確認してから、「離婚したい」と切り出すのは、もちろんアリです...
妻の弁護士から手紙が来た「離婚したい」という内容の手紙が、妻の名前が書いてあって送られてびっくりしてしまいますよね。それが、長い間別居状態だったりしていたのに、妻が依頼した弁護士から届く「通知書」だと、離婚が現実問題として立ちはだかっているはずです。その手紙は、内容証明郵便でくることもあれば、普通郵便や書留の時もあります。妻が弁護士を立てると、「弁護士が窓口になるので妻に直に連絡をしないで欲しい旨...
離婚届を役所に直接もらいに行くのって、気が引けますよね。自分が役所の人に直接「離婚届ください」っていうシーンを、近所の人に見られたりすると・・・・なんてネガティブな思考になりがちです。離婚届って ダウンロードして提出することができるんですか?離婚届の用紙は全国一律で、開示している自治体のホームページ上からダウンロードすることが可能です。たとえば、こちらの自治体(札幌市)からただ、離婚届の用紙はA3...
離婚届は法律上、決まった書き方がある離婚届の記入のしかたには、法律に従って決まった書き方があります。様式に従って書くことが必要なのですが、離婚届の書き方の記入する時に特に大事なポイントは次の3つです。自筆であること決まった用紙に書くこと証人欄に20歳以上の成年が記入していること(協議離婚の場合)です。なんだか、離婚届を書くというと特別な感情がありますが、書き方は役所へ提出する書類なので、淡々とした...
離婚届不受理申出書の制度がある離婚したいから 勝手に離婚届を代筆して届け出てしまうのは、罪になりますよね。でも、役所に離婚届を出されてしまうと、それが形式的に整っていれば離婚したことになってしまうんです。離婚の話がこじれてくると、勝手に離婚届を出されてしまいそうになります。でも、離婚届を受け付けないでほしい、という不受理申出をしておけば、勝手に届けを出されても、役所は受け付けてくれなくなります。離...
離婚届を勝手に出していいことはない代筆っていうと、代わりに書いてあげることですよね。離婚でお互いに離婚する意思があれば、離婚届を代筆 してもいいんじゃないの?って思えます。また、離婚したい、とは漠然と思っていて、離婚届をあらかじめ用意しておく、なんてこともありますよね。実際に相手の方だけ空欄にして、自分の署名などかける部分は書いて、タンスや机の奥にしまっておくとか・・・・でも、離婚は離婚届に向けら...
離婚届を提出すれば、一人の男と女の関係になりますよね。となると、離婚届の紙切れ一枚で結婚生活が終わってしまうことになってしまうことになりそうです。離婚が成立するのは、「離婚したい」という離婚意思と離婚届の提出だけです。離婚届にはそういった意思がこめられています。(調停や離婚訴訟は、離婚届の提出は報告的なもの)完成した離婚届を見ながら、今までの結婚生活でいろいろなことが走馬灯のように浮かぶこともあっ...
離婚の相談 って家庭裁判所でしてくれるんですか?家庭裁判所でも夫婦や親子の問題についての相談業務を行っています。離婚のことで悩んでいたり知りたいことがあれば、まずは家庭裁判所に行くといいですよ。たいていの家庭裁判所には相談室があって、一応の手続きについての相談を受けています。これが家庭裁判所の家事相談といわれるものです。無料 で離婚の相談をすることができるんですか?通常、家事相談は無料で利用できて...
6か月→100日に女性だけ離婚してからすぐに結婚できないって、聞いたことがありますよね。女性だけは子供を産む体だということで、以前から再婚するのには6ヶ月の期間は待たなければならなかったんですよね。それが、女性の再婚禁止期間といわれるもので、女性差別とか言われていました。平成28年6月に民法が改正されて100日になりました。さらに、条件さえ整えば、100日前でも再婚もできるようになりました。この条...
所有権移転登記だけしても名義変更してもデメリットしかない離婚した後に妻の方が自宅に残ると決めたから、妻の方に、所有権移転の登記をして名義を変える、というのはよくあるケースなんですね。その自宅には、住宅ローンがあっても、所有権移転登記自体はできます。ただ、デメリットとして、本来はかからない税金がかかったり、銀行側が住宅ローンの一括返済を求めてくるケースに該当する可能性もあります。自宅の住宅ローンが残...
結婚したら財産分与で精算する夫婦の財産を契約で決めるっていう制度があるって聞いたんですけど・・・夫婦財産制度ですね。でも、この制度は結婚前に 夫婦財産契約をして、さらに 登記をしないと第三者に主張できないんですよ。そうなんですか!結婚前ですかぁ・・・・結婚前に財産の処分を考えるっていう習慣がない日本なので、ほとんど夫婦財産登記の利用はされていないみたいですよ。ただ、もし将来親の不動産を引き継ぐとか...
夫婦は関係ない他人子供はずっと親子離婚後も法律上ずっと親子離婚したら夫婦は他人ですよね。それはもともとも他人だからですね。結婚していたら、夫婦同士はどちらかが亡くなったら半分ずつ相続権はありますけど、離婚したらお互いに相続するものも全くなしです。でも、子供には父母それぞれの相続権があって、親が離婚しても子どもの相続は変わらない んですね。その相続は、プラス財産だけでなくマイナス財産も相続の対象にな...
離婚届を提出する方法って役所に届ける郵送で離婚届を送るどちらかしか方法がなさそうですよね。現在の日本のシステムでは離婚届は電子申請はできません届けるにしても、郵送にしてもどっちも、離婚届という「用紙に書き込む」という手間がネックです。離婚届という紙に、夫婦が向き合って記入して、署名して、さらに証人の署名までいるんです。→離婚届はダウンロードできるけどそのまま使えないこの手間を考えるだけでも、離婚し...