子供についてしっかり取り決める

離婚するときに、未成年の子供がいたら、子供のことで決めなくてはいけないのは3つあります。

 

  1. 親権者
  2. 養育費
  3. 親権者でないほうの面接交渉権

のことです。

 

親権者 は未成年の子供がいる夫婦が離婚する場合、必ず 決めなければなりません。

 

夫婦の話し合いで決まらない場合、調停→裁判となります。

親権とは?

 

養育費は、子供が自立するまでに必要な費用のことで、一般的には子と離れて暮らしていてなおかつ収入の多い方の親が支払いますね。

養育費

 

親権者にならなかった親が子に会うために決めるのが面接交渉権です。

面接交渉権

 

 

離婚は子どもにとって親の身勝手だとまず理解する

 

離婚した両親を持つ子供がどれだけいるかですが、国民生活基礎調査のデ ータによると 、全世帯数のうち 、母子世帯は 2 . 7パ ーセント 、父子家庭は 0 . 4パ ーセントとなっています。

 

しかしこの数字には死亡による離別も含まれています 。

 

離婚するにあたって、子供がいる場合には、子供の人権を守るのが最も重要だと言っても過言ではありません。

 

離婚はあくまでも両親の問題で、子どもは進んでどちらかの親を失おうとはしていないからです。

 

どちらが引き取るかなどの条件的な問題もありますが、それ以前に子供といっても別人格なので、子供がどう思うかを考えるのも確認しなければなりません。

 

離婚する両親はつい自分たちのことに気をとられがちになってしまいます。

 

とくに感情では自分たちの都合で別れることばかりを優先して、子どものつらい寂しい気持ちを無視した結果になりかねないこともあります。

 

いくら親でも子どもの人生を離婚で不幸にする権利はありません。

 

子どもに対するDVなどが原因でも子どもは意外とそのために親、家族がばらばらになってしまうのをいやがることもあります。

 

年齢によっては離婚の事情を話すことや理解させることが難しい場合もあります。

どうして別れることになったのか不安に感じます。

 

家庭内暴力や精神的虐待などの環境を変えなければ改善しない原因の場合は別ですが、修復できる関係であれば修復して、離婚は避けることが理想でしょう。

 

特に子供がいる家庭であれば、離婚の影響は夫婦だけにとどまりません。離婚によって子供も少なからず精神的な打撃を受けます。

 

子どもも2歳から3歳くらいになっていれば、別れた親の記憶も残るので、将来的には、自分自身の気持ちを整理した上で、きちんと子どもが納得できる事情や理由を説明しなくてはならないことになります。

 

さらに年齢が上がってきたら、なるべく嘘はつなかいようにするすべきで、自分の気持ちを正当化して子どもに押しつけるのはやめましょう。

 

とくに、相手の方をを悪者にしすぎないのも大切です。

 

子どもにとって親は親です。

自分の中にあるDNAが悪い人間のものだと思わなくてはいけないと思ってしまうからです。

 

子どもへのメンタルケアも充分に考えて、子どもに関しての取り決めをしましょう。

 

親権者

 

子どもに関して一番最初に考えなくてはならないのは、親権者です。

 

未成年の子どもは、一人で戸籍を編成して、独立することはできないので、どちらかの親の戸籍に入る必要があります。

 

親権者は離婚届に決定事項として記入するので、子どもの将来も含めて真剣に考えて早めに決められるようにしましょう。

 

面接交渉

 

面接交渉は人としてとても大切な取り決めです。

 

子どもにも別れた親の方にもお互いに会う権利があります。

 

親権者になれなかった親は、子供と離れて暮らすことになったら、未成年の子供との面会の方法(面接交渉)を決めたりします。

 

子どもが幼ければ、幼いなりに、年齢が上がればそれなりに親と会うことの重要性があります。

 

子どものその時々の気持ちや精神状態もよく配慮して決めておくことが大切です。

 

養育費

 

子どもが成長する上で養育される権利があります。親として守らなくてはならない大きなポイントです。

 

いわゆる養育費と呼ばれるものですが、離婚する両親で生活費、学費、習い事や塾の費用などについて細かい取り決めをしていくことも可能です。専門家の意見を取り入れながら考えていくのがいいでしょう。

 

子どもの戸籍・姓

 

子どもの姓をどうするのかもないがしろにはできません。

特に、婚姻中の姓から帰るつもりの親と暮らすことになる場合、そのままでは親子で姓が違うことにもなってしまいます。

 

片方の親が親権や監護権を持っているからといって、子の姓が自動的にその親の姓と同じにはならないのです。

離婚後の戸籍の変化

 

結婚の時に姓を変えた方の親は、離婚後3ヶ月以内でどちらの姓にするかを決めなければならないので、手続きが遅れないようにしなくてはなりません。

 

離婚する親である自分の立場だけを考えるだけでなく,子どもの気持ちや将来的な立場なども充分に考えて決めましょう。

 

親が離婚して子供たちは少なからず影響を受けます。法的にはきっちりできるかもしれませんが、学校は名前が変わったことや片親がいなくなったことでのいじめがあったりもします。

 

夫婦間のことだけにとらわれずに、子どもの将来を慎重に考えましょう。

 

離婚のことで悩んでいたり知りたいことがあれば、まずは家庭裁判所に行くといいです。

 

もちろん、「離婚できるか、できないか」の判断はしてくれませんが、主に手続き的なことであれば、わかりやすく教えてもらえます。

家庭裁判所の離婚相談は無料で中立・公平

 


離婚と子ども関連記事一覧

親権とは、成年に達しない子を監護、教育し(監護権)、その財産を管理するため、その父母に与えられた身分上および財産上の権利・義務(財産管理権)の総称のことです。親権には2つの権利が含まれていますその未成年の子に対して親権を行う者を親権者といいます。離婚するとなると、たいてい父も母も子供を引きとりたい、と主張しますよね。よく言えば親としての責任の自覚があると言うことなんでしょうか。もしかしたら、ひとり...
離婚の時にどちらかの親を親権者として決めますよね。もし、その後、親権者となった親が亡くなってしまったらどうなんでしょう。子供が成人する前にその親が亡くなってしまったら、って思うと子供を誰が監護していくのか気になりますよね。この場合、親権は戻らず、後見という制度になります。未成年後見という制度になって、未成年後見人を選ぶことになるんですね。この未成年後見人は、親権者じゃなかった方が自動的に親権者にな...
離婚届を出す時に「親権者の欄は後から変更できるだろう」と思えますよね。法律上の書面の手続きの延長のように考えると、親権者の変更も書面でできそうな気がします。または、離婚してから子供と会っているうちに、子供と一緒に暮らしたい、と思うようになって親権を自分の方に持ってきたい、とか、ですね。親権者の変更を離婚後にすることはとても大変です。家庭裁判所が必ず関わってきます。それも、家庭裁判所の許可です。書面...
「会わせたくない気持ち」と「面会交流の権利」はまったく関係なし離婚してから、元妻が 子どもに会わせてくれないんです。「子供が会いたくないと言っている」と元妻は理由をつけるんですが、どうも嘘っぽいんです。よくある、母親側が本当は「自分が子供と会わせるのがいやだから」と、父親と子供を会わせないケースが多いですね。当たり前の事ですが、離婚して親権がなくなってしまった親も子供に会う権利はあります。面接交渉...
離婚に際して親権者を夫か妻のどちらかに決定しますよね。最初に決めた親権者は「後で変更すればいいや」と、とりあえず離婚届を出してからゆっくりまた決める。そんな風に、親権者については再度夫婦で協議するいうわけにはいかないのです。親権者の変更は親の身勝手な行動と考えられています。親の身勝手で子供を翻弄できない、ということです。だから、親権者の変更は家庭裁判所がかかわり、ほとんどの場合変更できないことが多...
離婚することになって、両者とも冷静には離婚条件を話し合ったんです。お金の事でもあんまりもめることなく、慰謝料と財産分与の金額も決まりました。ところが子供の親権者だけが決まらない!困ってしまっているんです。子ども、とくに未成年の子どもがいて離婚するときにもめるのは、たいてい親権問題です。離婚での子供の親権、いわゆる「親権者」は当事者の協議、話し合いで決めることが基本なんですね。本当は、子供の生活、福...
けんかは子どもによくないってわかっているのに・・・親以上に不安を感じてますたび重なる 夫婦げんか、 冷え切った家庭の空気、ママやパパが家を出て行ったまま帰ってこない・・・・・子どもがいると喧嘩はいい影響を与えない、ってわかっててもしてしまうことがありますよね。でも、不仲な両親との暮らしはどんな小さな子供でも心に大きな影響を与えてしまいます。離婚は夫婦当事者だけの問題ではありません。お互いの親族にも...
離婚届を出したら前の夫とはキレイさっぱり別れたい!そう思うこともありますよね。子供がいなかったりすれば、すっかり忘れてしまうくらい一人になれる、そう思っても離婚しても300日は注意!離婚後300日問題というのが女性にはあるからなんですね。離婚後300日問題とは、離婚してから300日以内に生まれた子どもは、離婚前の夫の子ども、と形式的に決まってしまうんです。離婚後に生まれた子は300日がポイント離婚...
「跡取りのために親権」は裁判では通用しない離婚の時、親権を決めるにあたって、長男は 跡取りだから・・・って主張して親権をもとうとするのって、戦前の家制度みたいですよね。そんな親権の決め方ができるのでしょうか。離婚裁判になると「子供を跡取りにしたいから親権を」という理由はまず通りません。今の時代、家族制度が重要な意味を持つとは思えませんし、子どもより親のエゴに思えます。でも、どうしても子どもを跡取り...
離婚後の生活でデメリットを強く感じる夫婦仲を解消して離婚が頭によぎると、どうしてもデメリットのことを考えてしまいますよね。経済的なこと・将来の不安・子供にかかるお金などなど・・・一方で、離婚するメリットは、嫌いな夫と法的にも別れることができる、新しい男性と恋することもできるなどなど・・・離婚したことが、メリットと感じるか、デメリットと感じるかは、人それぞれの環境によって違います。でも、離婚した後の...
離婚後も親としての権利は放棄できない離婚しても、元妻や元夫とは会いたくないと思っても、自分の子供には会いたいと思いますよね。離婚後にいつも子供に会っていない親が会う権利を、面接と言います。民法第766条に規定されています。面接の内容を、いつ会うか・どこで会うかなど細かく決める権利を、面接交渉権と言うんですね。この面接交渉権は、親同士て「もう会わない」「会わせない」と決めても、親としての権利なので、...
浮気相手の子が元夫の戸籍に入る300日問題浮気してその相手の子供を妊娠してしまったら、どぎまぎしてしまいますよね。自分では、浮気相手か夫か、どちらの子供か判断できないと、ビクビクしてしまうのは自分だけです。その妊娠がズバリ浮気相手だということを、自分が知っていたら、間違いなく離婚を言い渡されます。こういった時に、自分からいろいろな事を言って、都合のいい条件で離婚できたとします。さらに、運よく浮気相...
手に負えなくなったら調停をする面会交流で子どもと会う機会を決めた場合、月に1度くらいが多いですよね。離婚前は子どもには何もしなかったのに、離婚後は面会のときにここぞとばかり、子供にお金を与えたり、極端に甘やかせていたり。元夫が新しい恋人を連れてきたりすることがあります。面会交流の日時は決めることはできても、内容までは制限することはできません。子どもが反抗的になったり、比較したりしてきたら、せっかく...
うつ状態でも親権者の適格性は否定されないうつ 状態=子供を育てることができない、と思ってしまいますよね。そうなると、離婚に際して親権者にはなることができないと思ってしまいそうですが、うつ状態であることだけの理由で親権者になれないということはありません。離婚時に、親権者を決める条件は、今までの監護状況などの様々な事情が考慮されるからです。DV被害と親権の関係夫からのDVの影響でうつと診断されています...
離婚する前に片方の親が連れ去ってしまう。離婚することを決めてて、親権者も決まっでも子供を引き渡してくれない。そういう子供を引き渡してくれない状況がありますよね。そんな時に、強引に子供を連れ戻したりすると、自分の方が刑罰を受けてしまうこともあります。そんな時には、家庭裁判所に「子の引き渡し」を求める調停・審判を申し立てることができます。特に緊急の場合は保全処分で子供を返すように命令を出してもらことが...
離婚したときに未成年の子供がいる場合は、夫婦のどちらかを親権者に決めなければなりません。しかし、夫婦ともに子供を引き取りたくない場合には、どのようになってしまうのでしょうか。親だから子供のことを愛していて一緒にいたい、と全ての親がそうだとは限らないですよね。場合によっては、一緒にいたいけどいられない、なんてこともあります。子供に親権者がいなくなると、後見人を選任することになります。両親とも親権放棄...
離婚した後の面会交流で、相手に子供を会わせたくないから、親が「子供が会いたくないと言っている」というケースはよく聞きますよね。でも、子供が自ら「会いたくない」というケースっていう場合もあるんですよね。別れた親と会う面会交流の機会では、1ヶ月に1回くらいがよくあるパターンです。子供が大きくなるにつれて「会いたくない」というようになるケースが多いんですが、この場合は、一時的に面接交渉をやめて様子見した...
離婚後に子どもと会う権利を主張するのは、多くの場合、ふだん子どもを育てていないほうの元夫の方です。ところが、離婚するときには決めていた、子どもとの面会をさせないように仕向けている元妻もいるんですね。理由は、大きく分けて2つのパターンがあります。子供と会わせることに協力的でないパターン元夫の接触を持つのが嫌なパターンです。理由はどうあれ、元妻が約束に反して子供との面接を認めない場合どうすればいいんだ...
離婚時によくあるトラブルで、子供を引き渡す場面がありますよね。そうなんです。離婚して夫婦のどちらかに子供がいて、親権がある方にいたらそのままでもいいのですが、調停や訴訟で親権がない方に子供がいた時に子どもを引き渡すのってとても一筋縄ではいかないんです。何らかの子供の引き渡しのルールってあるんですか?実は、まだなくて、離婚後の引き渡しのルールを明確化するために、2017年にやっと法相の諮問機関である...
早く離婚したいけど「親権でもめている」「子育てしていけるかわからない」「世間体が気になる」「親権の責任は重たすぎる」などの理由で、親権はいらないから早く離婚したいと考えることがありますよね。子供が未成年で離婚すると、父親か母親のどちらかを親権者にしなければいけないことが、かえって重荷になったりします。そんな子供の親権のことが気になって離婚の決断ができずにいるなら、離婚前にチェックしておきたいことが...