離婚されたり離婚する準備のために!

     

離婚対策記事一覧

離婚するかどうか離婚に向けて話は進んでいるどっちにしても、離婚のことって、考えるだけでも何も手につかず、精神的にもつらいですよね。悩んでいても、なかなか家庭内のことは親しい友人でも話しにくいものです。友人がいても、離婚すべきかどうか、どうやってこれからを考えていくかについてはひとりで問題を抱えている人って結構います。でも、それは精神衛生上おすすめできません。離婚を決断したのに、離婚を回避できないか...

夫婦のどちらも離婚を考えていない場合は、離婚の話し合いすらしませんよね。話し合いが必要なのは、離婚したくないと一方が思っていて、離婚したいともう一方が思っている場合です。でも、話し合いで一度は離婚を回避できても、その後の生活で蒸し返したりすると、再び険悪な雰囲気になってしまうものです。離婚したくないから話し合う、という時点では、結果は「離婚する」「離婚しない」の2つしかないです。離婚の話題が出てき...

悩むのは当たり前できるだけの準備で不安がなくなる離婚するにしても、子連れ離婚だと、どうしても躊躇してしまいますよね。経済的なことや、今後の生活面での精神的なことなど不安要素がいっぱい出てきます。特に子供が小さいうちだと、大きくなるまでのお金や生活環境、自分の仕事をどうするか、など不安なことで悩んでしまいます。でも、いくら悩んでもネガティブな感情しかわいてきません。実際に離婚してからの生活をしないと...

冷静になって3つのことを考える自分では夫婦円満だと思っていたのに、いきなり妻から離婚をしたいと言われた。そんなシチュエーションはドラマだけ、と思えますよね。でも、実際にはあるんですよね。この時に夫は、まず、離婚したい理由を冷静に検討することからはじめます。妻が離婚を言い出した原因がわからないと、これからどうやって対策をしていけばいいのかがわからないですしね。その答えの結論が、離婚になるのか、ならな...

「離婚したいんです」ふだんと変わらない日。特別に何かがあったわけでもない日に、突然、妻に「離婚したい」と言われたらどうします?たいていの場合は、「えっどうして? 」「浮気もしてないし、仕事もちゃんとやっているのに」って思いますよね。もし、自分に浮気の身に覚えがある場合は、別です^^;浮気はばれていない、と自分では思っていても女性の勘ってやつで、妻にはバレバレってこともありますからね。そんなたいそう...

やってもいないDVなのに…DVを受けたら慰謝料請求できるって思っていますよね。最近では夫のみならず妻もDVをすると言われていますが、離婚の場面ではまだまだ夫がDVをするものと思われています。でも、やっていないのにDVをしたことにされている。そんなときはどうすればいいのでしょうか。やってもいないDVの慰謝料請求に、裁判所から命令もでてきたりしたら、どう対応すればいいのでしょうか。最近でた名古屋地裁の...

すぐ「離婚だ!別れるぞ」と脅す夫は自信のなさの表れでも、本気だったら・・・何か気に入らないことがあると、すぐ離婚という夫っていますよね。離婚って簡単にはできないことは、通常の判断力がある大人だったら知っています。だからこそ、「離婚するぞ」と言われたら、最初のうちは「本心ではないのかな」「自分も反省すべきかな」と肯定的にとることもできます。でも、夫婦ケンカのたびにいつも簡単に離婚を口にされると、反省...

離婚して幸せになりました離婚したら3年経って「幸せです」と言える自分がいると思いますか?離婚する前は、離婚して幸せになった人のことが気になりますよね。自分が離婚したら、今より幸せになれず、ひどくなってしまうんじゃないかそう思うと、一歩先に離婚した人のことが気になります。でも、離婚したら不幸になると決まっているわけではありません。むしろ、一緒にいても辛いとしか感じない存在がいなくなるので、清々しい気...

家出は準備がもっとも大事家出なんかしたら大変なことになるのはわかっている。でも、家出するくらい離婚したいんですよね。夫婦が家出するのは、中学生や高校生の家出とは、わけが違います。よっぽどの理由がないと、家出なんてしないものです。結婚して夫婦にまでなって、一度は好きになった相手に、簡単にはピリオドを打つ人はいませんよね。結婚したからこそ、家出するには一大決心が必要なんです。「離婚したいくらいに家出を...

自分の人生をリセットしたい!離婚して「人生やり直したい」と考えているということは、「今までの結婚生活がとても充実していなかった」といことですよね。離婚したら 人生リセット して、こんなことして、あんなことも・・・・想像が膨らみますよね。でも、後になって「離婚したことが失敗だった」と思うようなら、やり直しどころではないです。今までの人生をやり直すくらいに本気で離婚したい、と思っている。ならば、「もし...

離婚したらどんな生活になるのかを考えると不安になりますよね。特に、経済的なことは離婚後の生活を考えるととても不安要素が大きいはずです。「離婚後の生活費がどれくらいかかるか」が気になります。とくに、専業主婦の人が仕事に就こうとすると、年齢やもっている資格にもよるのですがそれほど簡単なことではない、という覚悟が必要です。子供が複数いるという場合には、なおさら大変です。離婚してからまっさきに困ることがあ...

年収500万で住み続けるのはきついレベル離婚後も私が自分の持ち家に 住み続けるってことはできるんですか?離婚後も持ち家に住み続けられるかは、年収がどれくらいあるか、によることが多いですよ。夫が自分の持ち家に、夫が住み続ける場合であれば、たいていの場合、妻と子供は自然と持ち家から出て行くことになりますよね。一般的に、夫が離婚後も持ち家に住み続ける場合には、養育費と住宅ローンが重くのしかかってくるので...

おばあちゃん関係の方が悩ましい子供がいる家庭の離婚だと、親族関係がどうなってしまうか、気をもめてしまいますよね。おじいちゃん・おばあちゃん未成年の子供たちにとっては、離婚しても祖父母との関係がどうなるのかは心配になります。一方で、自分の両親と離婚の話し合いをして、別れたとしても、両親が離婚の経験などがない場合には、怒りを向けられることもあります。離婚の相談をしていたつもりなのに、責められてしまうん...

離婚前も離婚後も制限できる離婚したら相手には居場所、つまり住所を知られたくないってことありますよね。とくに離婚の原因がDVだと、相手が住民票を取得して、新しい住所を追跡してきたら、ストーカー被害を受けそうで怖いです。そんな悩みをかかえているなら、住所を知らせないようにできる公的な方法があります。行政にある一定のお願いするだけで解決します。離婚前でも場合によっては、住民票を取得できないようにする方法...

離婚するときに未成年の子供がいると、親権を父か母のどちらかに決めなければいけないんですね。離婚の条件が、子供のことで、なかなか決まらないのはよくあることですよね。以前は、裁判所の調停などでは、親権を持つのは妻のほうが有利という面もありましたが、最近では必ずしも妻が親権を持つとは限りません。なかには「親権」の問題を、離婚の条件交渉に利用する人もいて、ドライになってきているんですね。そんなときに男性で...

離婚したい、でも相手の方が離婚させてくれない。そんな状況の場合、とりあえず別居して距離をおこうと思ったりしますよね。別居してしばらくすれば、相手も離婚させてくれるかもしれない。そうなると、離婚するには別居期間がどれくらいあればいいのか気になります。実際には、何年間の別居期間があれば、離婚できる、という決まりはないのですが、離婚裁判ではおよそ5年前後が目安のようです。この期間は、ここ数年、どんどん短...

「相談」は無料で誰でもOK「依頼」はこの人!という信頼離婚したいと思った時に、「どうも法律関係がからみそう」と思ったら、法律の専門家の弁護士に相談したい、と思いますよね。相談して、どうしても自分だけでパートナーへの対応しても離婚が難しいようだったら、最終的に弁護士に依頼することになるかもしれません。離婚の手続き自体は、弁護士に依頼しなくてもできるのですが、相談はした方がいいこともあります。離婚した...

夫婦でいることがプラスだと相手も思ったら離婚を撤回できるかも「離婚したい」って言われたら、少なからず心が動揺しますよね。呆然としたり、ふつふつと怒りが湧いてきたり、『何で?』って思ったり・・・普段から自分も「離婚したい」と思っていれば、意見が合致したことになるので、かえって前向きになりやすいのかもしれません。でも『離婚したくない』気持ちの方が大きいと、不安と心配だけがうず巻いてジタバタしがちです。...

離婚の早い決断で問題を避けられる離婚後300日問題って、女性と生まれた子供に関わっている大事な問題ですよね。離婚したいけど他に好きな人の子供ができちゃった時に聞く問題です。そんな、離婚後300日問題になってしまわないようにするには、離婚の決断を早くすることです。離婚で今までの結婚生活をリセットする決意をすることで、離婚後300日とは無関係に好きな人との子供を産むことができます。離婚後300日問題の...

「再婚で生活が楽になる」→そう思ってたら再婚できません離婚したいと思うけど、離婚してからいい人が見つからないかな、って将来のことも考えてしまいますよね。「ひとりぼっちの老後は過ごしたくない」「再婚はしたい!」実際には、『離婚して再婚』を考えている人は、不安を抱えているか、あきらめている人か、どちらかなんですね。一方で、再婚率が高いのは、一人でもがんばると決めて前向きにチャレンジしている人なんです。...

「子どもを連れて別居します」いつものように家に帰ってきたら、家の中が ガラ〜ンとしていた。”置き手紙”と一緒においてあった”離婚届”を見て、別居されてしまったことがわかった。こんなドラマみたいな展開が自分に降りかかるとは思わないですよね。こんな風に 別居された夫が、とるべき方法は2つです。これからまたやり直しのために動くのと同時に、離婚された場合に向けての準備するの2つしかありません。しっかりと準...

今後の自分の生活できる財産は死守する『離婚したい』『うるさい妻と離婚して、気ままに生きたい』夫の方がそう思って、『離婚』をほのめかしたりすると、女性側はいざとなると、人が変ったようにがめつくなったりもしますよね。離婚紛争も話し合いがつかない場合には、紛争はエスカレートしていき、少しでも自分が得するような行動に出るものです。妻が仕事をしていて、稼ぎも大きいなら、夫の財産を狙おうとする事はあまりないの...

離婚のことを考えて悩みだすと、たいていは暗い気持ちになりますよね。これから先の事を悲観的に考えたり、次にいい人を見つけようなんて思えないことが多いです。それが 離婚というトラウマ なのかもしれませんが、トラウマが深刻な病気のPTSDになる前に、新しい人生に目を向けるように離婚の準備ができる自分になっていきましょうね。離婚が「トラウマ」になってしまうとは?離婚で トラウマ になってしまうって聞いたこ...

どんな借金か明確にすれば離婚できる相手に多額の 借金 があると、離婚した後も『元夫婦だから支払いの義務が残るのでは?』と心配してしまいますよね。借金と言っても、種類はいろいろあります。賭博でできた借金、消費者金融で借りた借金、住宅ローンも借金のうちに入ります。夫婦であっても本人だけに支払い義務があるもの夫婦に支払い義務があるものの2種類の借金があります。どちらが、どんな借金を誰が払わなければならな...

離婚したいと悩んでいるときって、誰か人に話を聞いてもらったり相談やアドバイスを受けたいものですよね。離婚問題で悩んでいると一言で言っても、夫婦問題はそれぞれの家庭で違います。だから、ズバリ!な回答はもらえないときの方が多いです。とは言っても、離婚については、離婚アドバイザーや弁護士の専門家や、義理の父母、両親、離婚した友人知人もいますし、家庭裁判所の無料相談などもあります。離婚で悩んでいる時には、...

結婚したばかりなのに、すぐに離婚するなんて若気の至りじゃないのって思えますよね。「結婚してすぐ離婚」というと周りはホントにいろんなことを言ってきます。でも、今の新婚段階でガンバらないと続けられない結婚生活なら、離婚の決断は早いほうがいいです。スピード離婚の決断は早い方がいいのは、人生の再スタートが早く切れるからです。結婚してすぐだったら子供がいないことの方が多いですよね。結婚して最初の頃は許せてい...

”無気力”から脱出することが第一歩「離婚してほしい」と自分が思ってもいないタイミングで言われたら、誰だって離婚を受け入れられないものですよね。夫が妻に離婚を切り出すのは「浮気」「不倫」が理由に隠されている、と言われることがあります。でも、浮気相手と一緒になるための離婚を考えている夫が、実際に離婚して夫婦生活を壊す男性は極めて少数です。夫が「離婚したい」理由が浮気以外だと、妻にとって想像がつかないこ...

先行きがわかるようになるため離婚の相談をしたいから、離婚相談所に行って自分を納得させたい。人生の方向性を決める「離婚」なので、自分の疑問を”相談”したいと考えたいと思うのは当然です。そう思っても、どういった離婚相談所に行ったらいいのかわからないですよね。離婚相談所は離婚したい理由に最も近いところを選択するといいんです。最初は無料で離婚の相談ができるところで十分です。それによって、離婚したい原因が解...

離婚前後で、家を出るタイミングを決めたい時ってありますよね。離婚するには、どちらかが「離婚したい」と言い出してから、離婚届を出すまで、長期戦になるのが通常です。「離婚したい」「OK!」っていうノリではないですからね。夫婦が離婚に関して、もめる問題が多いひど、同居したままでは解決できないことも多いです。その場合は、離婚前から、家を出ることになりますよね。離婚しても、同居を続ける夫婦もほんの少しですが...

夫と離婚したくない、と思う時って、夫が「離婚」を言い出した離婚が回避できないくらいに夫婦仲が不安定離婚しそうな原因があるなど、妻に自信がない時ですよね。夫が非があることをしたけど、許せない自分に非があることをしたけど、許してほしい矛盾した感情があるけど、夫とは離婚したくないそんなときに、自分がネガティブになるか、ポジティブに考えられるかで、結論は全く逆になります。もちろん、夫と離婚したくないなら、...