離婚したいと思ってからの生活は変わる

離婚をかんがえはじめたら、生活は変わります。

 

もちろん、離婚後の生活は大きくかわることになりますが、

  • 離婚を考えてからの生活
  • 離婚を口に出した後の生活
  • 協議離婚ができなかった場合の調停中の生活
  • もし調停が不調に終わった場合に離婚裁判になったときの生活

など、それぞれの段階で生活スタイルがかわってきます。

 

このカテゴリーでは、離婚したいと思い始めたときに、どんなことを考えておくべきかをまとめています。

 

     

離婚前の生活関連記事まとめ

「楽したいから再婚」すると裏切られるシングルマザーになって、離婚後は次の恋愛のなんか考えられないって思うこともありますよねどうしても嫌いで別れた夫のイメージが残っていたら、その方が普通なのかもしれませんね。一方で、「再婚できるのかな?」という期待もありますよね。やっぱり、ずっと一人で一生を過ごしていくには、まだまだ先は長いそう思うと寂しくなってしまいますからね。今は、シングルマザーが相手でも抵抗が...

前向きに別居を考える「離婚したい!」という側も、「離婚したくない」と思う側も、離婚する、と決断するのは大変なことですよね。夫婦が一緒に生活していると、だんだんと険悪な状況になってしまうことがあります。そうなると、話し合いもできない…暴力が…、、、愛人がいるからどうしても離婚したい、などの目的があれば別ですけど、多くの場合は争いの末に離婚ができても、離婚で得られるものは少なく、将来の不安がつきまとい...

なんとか生活できる援助は必ずあります離婚して、親一人で子供を育てるとなると 経済的な負担が大きくなりますね。そんな経済的な負担を軽減させてくれる公共団体の制度や、各団体の制度があります。こういった母子家庭やひとり親家庭のための公的支援と助成制度は、今すぐに必要でなくてもいざという時に頼りになります。知っておいて損はしません。ただ、条件などは政治や経済の状況によって変更になることがあるので、そのとき...

親の熟年離婚には距離を置くべき親が熟年離婚するくらいの年齢なら、子供もそれなりに大きいことがほとんどですよね。場合によっては、結婚して家族もいることもあります。親が熟年離婚して、「生活ができないから」と子供に頼ることがあったりしたら、自立している子供の人生をも壊してしまいます。子供は親の熟年離婚には、基本は放置の対応をとるべきです。特に「お金」と「同居」の2つの問題については、一線を引いて必ず距離...

離婚してから「こんなことになるなんて!」って後で後悔する思いはしたくはないですよね。そのためには、離婚するときに 離婚の条件を決めておくことです。特に、お金と子供のことは必ず決めておきます。自分が求める優先事項がどんな条件だったら離婚に応じてくれるのかを考えて、相手がどんな反応をするかも予測しましょう。ここでは、そのお金と子供の2つの事項を決める際のポイントを紹介します。無理のない具体的な条件を決...

生活費を請求できるのは法律上の権利離婚したい!と思っても、いきなり離婚ってなかなかできないですよね。どうしても一緒にいるのがイヤだ!と思うなら、まずは 別居です。別居して、時間をおいても、どうしても離婚したいと思うのであれば、キッパリと離婚の決断ができます。別居生活をしたとしても、どうしても気になるのはやはり 生活費ですよね。特に妻側で経済的に自立できるか不安な立場だと、悩んでしまいます。別居した...