離婚にはお金がかかるので準備が必要

できるかぎりお金をもらって離婚しよう!

 

離婚に対して、お金に対する問題はきちんと準備をしておくことが重要です。

 

もちろん、離婚をしたい、という気持ちには、お金で解決できない感情の問題があります。

 

「顔も見たくない相手と話し合うくらいなら、財布も養育費もいらない。早く別れたい。」という人もいます。

 

でも、離婚したらお金はかかります。

お金がかかる

顔も見たくない気持ちもわかりますが、離婚後の現実を考えると、お金は絶対に必要です。

 

離婚でかかるお金は、人生における学費、なんて言う人もいるくらいです。

 

離婚前の夫婦って冷静な話し合いができないことが多いですからね。

 

だからといって、その場のムードでうやむやなまま離婚してしまって、離婚後に改めてお金のことを話し合おうとしても相手が応じないことが多いのですっ!

 

そりゃそーですよね。
別れちゃえばかんけーないって感じですもんね。

 

だから、別れる前にきちんとお金のことを決めておきましょう!

 

生きていくためにはお金はどうしても必要なものです。やたらとほしがることや欲張った考え方をするのではなく、正当なお金の要求をしなくてはならないのです。
特に未成年の子供がいる場合は、養育費を受け取ることは子供にとっての権利です。

 

離婚で損をしないで離婚後の生活がよりよく迎えられるように離婚についてのお金に関する法律を知って、情報を集めることはとても重要です。

 

離婚に関してのお金の問題アレコレ

離婚前

  • 婚姻費用分担

離婚が決まったら

お金のことは離婚前にきっちり決めたい!

 

 

お金の問題は、結局は当事者がいくら欲しいか、いくら払えるかの問題です。

 

離婚したいばかりに、高額の慰謝料を払うことを約束したりすると、後で大変なことになる場合もあります。

 

相手があまりにも高額の金銭を要求してきた場合には、調停など裁判所に関与してもらった方がいい場合もあります。

 

また、離婚後に月払いなどで支払いを約束した金銭が、リストラなどのあおりで支払えなくなる場合もあります。

 

こうした時に、相手と交渉して話し合いがつかなければ事情変更を理由に家庭裁判所に減額請求の調停申立をすることができます。

 


離婚でかかるお金関連記事一覧

離婚というと、「慰謝料は?」という質問がすぐに出てきますね。でも慰謝料はどんな場合でも請求できるわけではありません!!「性格の不一致」などではまずムリですね。。。基本的には、よほどひどい目にあったとかという不貞とDV この2パターンです。あとはほとんど認められません!でも、どんな理由でも相手が払うと言ってくれればOKです。協議で話し合って合意が得られれば請求することはできます。→慰謝料の平均額慰謝...
養育費は子供がいる夫婦の離婚では重大な問題ですよね。離婚の時に養育費のことで決めなくてはいけないのは3つ金額支払期間支払い方法離婚したての頃に子供が小さかったりして、、、、、今は保育園だからいいけど、これからどんどんお金がかかるんだよねぇと思いつつ少しでも貯金しなきゃ!!それには養育費の一部を、とがんばって節約していても「あぁ、もう払えないからぁ」と相手方に言われて、半年で養育費が途絶える。はぁ!...
裁判所の差押さえは効果的養育費、慰謝料、財産分与などのお金に関することについて、支払うとの合意が成立したのに、相手が支払ってくれなくなることってあるんですよね。とくに養育費は、継続して月々支払う、と決める事が多いので、およそ8割近い人が支払われていないデータもあります。そんなときには、裁判所のお墨付きを得て、強制的に支払ってもらう方法が効果的です。決めたお金を支払ってもらうための順番離婚の条件の一...
別居中でももらえる婚姻費用離婚前に別居したいけど、気になるのは生活費ですよね。別居したら少なからずの生活費がかかります。専業主婦やパートでの収入では、別居して生活できるだけのお金はないことが多いです。そんなお金のことで、法律上、配偶者でお金を稼いでいる方からもらえる「婚姻費用」という法律上決まっていることがあります。もちろん、妻だけでなく、夫にも婚姻費用ももらう権利があります。さらに、別居していて...
申請しないともらえない児童扶養手当って何ですか?児童扶養手当とは、18歳以下(18歳到達後の最初の年度末まで)の子供がいる母子家庭や父子家庭のような一人親家庭や、父母に変わって子供を養育している人の生活の安定と自立促進のために支給される国の手当です。『児童扶養手当は何歳までだっけ?』と思ったときは、子どもが18歳の誕生日が過ぎた次の3月31日まで、とおぼえておけばいいですね。名前が似ていて紛らわし...
離婚というと、ドラマでは夫と妻がもめて、弁護士に泣きついている場面なども見かけますよね。確かに、離婚でもめたら弁護士の相談を受けたほうが有利に進めることもできるんですね。世間の離婚劇をクールに解決しているように思えるのが、弁護士です。そうなると気になるのは、弁護士費用と依頼するタイミングですね。離婚したいと考えてから、どんなタイミングで弁護士に相談や依頼したらいいか、弁護士費用はいくらくらいになる...
「妻の内助の功があってこそ」という考え方「年金分割」は、婚姻期間中に納めた厚生年金・共済年金を合算して、将来分割して受給する制度です。現役で働いていたときに払った保険料を「老後の生活保障」としての年金が支払われる事になっているんですね。考え方が、世帯を単位としているので、年金は夫婦の生活のためのものです。離婚時年金分割が行われると、分割を受けた当事者は、自分の受給資格に応じて、改定された保険料納付...
離婚したいけど、熟年離婚で気になるのはお金ですよね。サラリーマンの 年金制度が変わって、離婚しても夫のもらえる年金額の半分が元妻にももらえる制度ができました。それが、年金分割制度です。専業主婦でももらえる夫の年金にメリットが2つあります。それは、「国から直接もらえること」「元夫が死亡してももらえること」です。ここ最近、年金の制度が変わって、離婚してもサラリーマンの夫の年金を半分もらえる、って聞いた...
夫婦でお金の貸し借りをすることってありますよね。それがちょっとしたお買い物の立て替えだったりすることや、夫婦間で決めている外食の取り決めなどです。この夫婦間の約束は、実は夫婦関係がうまくいっているときの約束は破ってもかまわないんです。でも、仲の悪い夫婦には適用されない規定があるんです。離婚するとなると財産分与で清算することになります。夫婦間の約束は破りまくれる?夫婦間の約束って、お金の貸し借りにし...
離婚での税金は現金に関しては税金がかかりません!それ以外の場合でも税金がかかるケースはそれほど多くはないです。税金については、基本的には↓こんな感じ不動産・預金など夫婦が婚姻期間中に築いたもので妥当な額であれば、贈与税は一切かからない。不動産取得税も結婚生活で購入した財産の清算のための財産分与ではかからない慰謝料は損害賠償金またはそれに類するものなので、心身に加えられた損害などが原因で取得されるも...
年金分割制度は自動的に半分もらえる制度ではない離婚、それも長い結婚生活の後に離婚する場合は、お金のことがとても気になりますよね。熟年離婚で問題になるのは、財産分与、特に年金と退職金です。サラリーマンの妻でだったら、離婚時の年金分割ができます。年金も退職金も夫婦のお互いの協力があったからだという考え方があって、平成19年4月1日以降の離婚について、離婚時年金分割制度が導入されたのです。その離婚時の年...
使わない車はきっぱり処分例えば、夫婦のどちらかが住み続けるとして、離婚して使わなくなった車を持ったまま放置しているってことがありますよね。放置して置いたら自動車税の通知が届いたり、残っていたローンの支払い催促があったりしたらとても悩ましいです。そんな、離婚後に使用しない車の処分をスッキリ解決する方法があります。「廃車」か「買取査定業者にさっさと持って行ってもらう」方法です。離婚後に使用しない車は、...