はじめての離婚

 

結婚生活を続けていると、ふとしたことで

 

「離婚したい」

 

と思うときってありますよね。

 

それが、結婚して間もない時の場合もあるし、結婚後数10年たってからはじめて思うときだったりもします。

 

まさか急に離婚することはないでしょう!

 

何も不自由なく暮らしていたのに・・・・

 

たいていの夫婦は、そんな結婚生活で

 

「離婚したい」と「まぁいいか」を行ったり来たりしているんじゃないでしょうか。

 

離婚には円満離婚という言葉もありますが、

 

一般的には、夫婦仲が悪くなるから離婚することを意味しますよね。

 

離婚するのは、冷え切った夫婦関係だけでは婚姻の破綻とは言えないです。

 

いつまでもアツアツの夫婦の方が珍しいことです。

 

今の時代3組に1組が離婚する時代です。

 

時間にすると、2分半に1組が離婚する時代なんですね。

 

「離婚」を自分で本気で考えはじめるようになると、

 

実は、世の中の夫婦の多くが「離婚したい」と思っていたり、

 

口にもしていることに気づいたりもしますね。

 

はじめて離婚する気持ち

 

挨拶代わりにネタのように大きな声で言っている人もいれば、

 

心の中で真剣につぶやいている人までさまざま。

 

人それぞれによって、「離婚する」っていう基準は違っていいし、違うのが当たり前です。

 

結婚したときに離婚を考えている人はいない

 

離婚というのは「結婚の終わり」という意味です。

 

だらだらと仲の悪い結婚生活が続いて「離婚したい!」と考えるくらい夫婦関係がうまくいかなくなってくる。

 

もうなんでもいいから別れるぅ!!!
って離婚届を用意していたり。

 

結婚したときに、離婚のことを考えている人っていないですよね。

 

夫婦二人で、共同創造ができると信じているからです。

 

結婚したときは、離婚という言葉を聞くのもいやだったりしていたのに。。

 

その一方で、離婚したくない!って気持ちも残っているかもしれませんね。

 

一般的に離婚は不幸のイメージ一色です。

 

子供のこと、お金のこと。。。いろいろ考えると。。。。

 

でも、離婚は結婚している人、だれもが直面するかもしれないことです。

 

明日から、どうしよう!?
ってことにもなるかもしれません。

 

離婚は、結婚の100倍のエネルギーを消耗します(^◇^;)

 

精神的な浮き沈みは相当です。

 

だから、一気に押し寄せて、いざという時、慌てないために、知識はあった方がいいです。

 

ここで、一つ教訓!

 

離婚した人に相談すると離婚することになる。

 

自分が離婚してうまくいっていたりすると、相談しても

 

「いいじゃん。別れれば!!」

 

と、どうしてもせっかちな離婚のススメのようになってしまうんですね。

 

身内でも友人でもない第三者の意見はとても大事です。

 

はじめて離婚を考えた人も、結婚している人なら誰でも一度は考える「離婚」なので、そんなに心配しなくてもいいですよ。

離婚したい!と思っても間違った知識とか思い込みで失敗しないために、正しく理解しましょうね。

 

離婚で考えておくこと

離婚を考える女性

 

離婚を思い立ったらといって、すぐにも相手に告げて離婚へまっしぐら!

 

というのは得策ではありません。

 

まず、情報を整理する

 

離婚で不利益をこうむらないように、よりよい離婚後の生活が送ることができるように、離婚についての知識や情報を得ることは大切です。

 

お金や暮らしなどの情報を集めて、離婚届を出す前に問題点を解決しておきましょう。

 

最近は、子連れ離婚、熟年離婚が増加しています。、

 

離婚を決意する原因は千差万別です。

 

他人から見ればどってことないささいなことでも、

 

当人にとっては夫婦生活は続けていけない重い意味を持つこともあります。

 

離婚するとまでは思わなくても、夫婦二人でずっと一生いるには耐えられないから、

 

子供が成人したら離婚しょうと考えている人もいますよね。

 

離婚したい、と思うくらいだとなかなか冷静になれないとは思いますが、

 

離婚は最後は心の問題です。だ

 

からこそ、最初が肝心です。

 

どうせ離婚するなら、よりよい離婚をするために、知識と情報が必要です。事前に把握しておきましょう!

 

離婚を考えたのなら、あらかじめチェックしておくべき5つのポイントはイメージしておきましょう!

 

 

もちろん、この5つは、密接にからんでします。

 

たとえば、「離婚の原因」は後々に争いごとに発展すると、慰謝料などの「お金」や「法律」に関係します。

 

離婚して「生活」するにも、「お金」が必要です。

 

だからこそ、5つのポイントをシンプルに考えておく必要があります。

 

離婚の原因

 

離婚をしたいと思うときって、なんらかの原因があるはずです。

 

その原因を時系列にして、もう少し掘り下げて考えてみましょう。

 

大別するとこのどちらかです。

  • 夫か妻に離婚原因がある

    浮気、暴力、浪費、蒸発、家事育児の放棄など

  • 夫か妻以外が夫婦生活を破綻させている

    姑問題、事故の障害、単身赴任など

実際には、離婚の原因は複合して重なり合っているはずです。

 

ここで、離婚の原因は、離婚の時に慰謝料に直結します。

 

もし、不倫や浮気が原因ならその事実には証拠があるのか?ということも必要です。

 

誰かに協力を求めることも必要です。

 

詳しくは→離婚したい原因 離婚したいと思うとき

 

生活

 

離婚後の生活の問題として、

  • 住居
  • 仕事(生活費)
  • 子供の保育・学校
  • 教育費
などを考えることが中心になります。

 

それ以上に、

  • 離婚を考えてからの生活
  • 協議離婚ができなかった場合の調停中の生活
  • 調停が不調に終わって離婚裁判中の生活

など、それぞれの段階に応じた生活を考えておく必要があります。

 

詳しくは→離婚前後の生活

 

お金

 

  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚するまでの婚姻費用
  • ローンや借金
  • 離婚にかかる費用
  • 年金分割
など

 

詳しくは→離婚でかかるお金のこと

 

子ども

 

未成年の子供がいる場合は、親権者や養育費の支払い、面接交渉(面会交流)をどうするかなど

 

詳しくは→子どものこと

 

法律

 

まず、離婚するときには法律上で順番がきまっています。

 

離婚手続きの流れは、「協議離婚」→「離婚調停」→「裁判離婚」の順番です。

 

話し合いもせずにいきなり裁判で離婚を勝ち取る、っていうことができないんですね。

 

そして、現在の日本の民法では、未成年の子供がいる場合、

 

親が離婚すると必ずどちらかが親権を持つことになります。

 

  • 子供の監護と親権はどうするか
  • 戸籍・姓の問題(離婚後の姓をどうするか子供の戸籍と姓をどうするか)
なども決めないといけないですね。

 

詳しくは→離婚の法律

 

離婚するために結婚する人っていませんからね。

 

結婚する時に離婚することは考えていなかったことですから。

 

離婚したい!思いとどまって離婚したくない!っていうにしても、

 

離婚を決断するにしても

 

あなたにとって「よりよい人生」の選択ができるように

 

このサイトが離婚について悩んでいる多くの方に役立てれば、と思います。

 

離婚は結婚よりもほんとにパワーが必要ですよ!

 

解決の糸口として、法律相談所や弁護士に相談してみた方がいいときもあります。

家庭裁判所の家事事件

 

当サイトが、離婚経験者からの立場から、はじめて経験する離婚について悩んでいる一人でも多くの方の役に立てればと思っています。

 

何かのきっかけで仲直りすることになるかもしれませんし、

 

離婚という選択になるかもしれませんけど、

 

本来の自分に戻って、自由に幸せを感じられる生活って大切だと思います。