恋愛・再婚にシングルマザーはハンディにならない

初婚でなくバツイチを選ぶ男性がいる

 

シングルマザーになってしまうと、

「もう恋愛なんか無理」

「もう再婚なんて無理」

って心のどこかで ネガティブ に考えたりしますよね。

 

シングルマザー = バツイチと考えてしまうハンディがどうしても気になってしまうんですね。

 

でも、シングルマザーも恋愛したり再婚もしたい、女性として見られていたいって思いますよね。

 

ということは、恋愛や再婚の相手と出会う悩みを解決すればいいだけです。

 

実際に、シングルマザーとおつきあいしたり、再婚した男性の話から、シングルマザーでも恋愛・再婚できる方法をご紹介します。

 

 

男性があえてシングルマザーを選ぶ理由がある

シングルマザーを選ぶ男性のタイプ

 

シングルマザーと恋愛し、再婚する男性の考えや意見って、女性側が、恋愛や結婚のハードルとして悩んでいるのと違うんですね。

 

シングルマザーと恋愛 することって問題ないですか?

「シングルマザーだから」という目で女性のことを見ないですね。

 

シングルマザーだから、と言っている人は、泣き言や不平不満が多くて、独身の時も文句ばっかりだったのかな、と。

 

むしろ、シングルマザーになったからこそ、明るく、強くしっかりして信頼できそうに見えたら、一人の女性としてお付き合いしたいですね。

シングルマザーとの 恋愛中にデート するのはどうですか?

 

子供がいると、『この人はホントに子供の面倒をちゃんとみてるのかな?』って思われそうなのが、逆に気になってしまうところもあります。

もちろん大人のデート、したいですね。

 

ただ、子供がいると、いつ誘っていいのか、と気を使うこともありそうですね。

 

お互いに、子供がいるからしょっちゅうはお出かけデートができない、と予定を合わせると、真剣さが感じられますよね。

子供と一緒の 子連れデート はどうですか?

子連れデートで、この男性と再婚できるかどうか、がわかるはずですよ。

 

子連れデート自体が嫌な人は、将来的に再婚はできない、と判断できますよね。

 

「子連れデートが大歓迎」という人なら、男性も真剣にシングルマザーとの将来を考えているはずです。子供とも早く仲良くなりたいって思うはずですしね。

子どもとのお出かけデートをものすごく嫌がる男性がいたら、それは軽いお付き合いだけを望んでいるということになりますね。

 

子供が好きといっても、子供を注意する際に、手が出たり言葉遣いが荒かったり、違和感を感じたら、男性と再婚して父親とするのが本当にいいのか、もう一度しっかりと考えたほうがいいです。

 

再婚するには時間が必要で、親子デートしたり、楽しいことを共有する時間が必要です。

 

子供は、ママの友達だから、と男性に打ち解けてくると「怪しいおじさん」から「家族」に変わってきます。

 

時間をかけることができない男性だと、シングルマザーとの再婚は無理でしょうね。

 

シングルマザーの方も、会った最初から「この子の父親になってください」と求めても、男性の方が敬遠してしまいます。

 

時間をかけて、好感度をアピールしましょう。

 

高感度の高いシングルマザー

 

シングルマザーと恋愛・再婚してもいいと考える男性は、太陽のように明るい女性には好感度が高いです。

 

初婚の女性よりも離婚経験者の女性の方がいい、と考えている男性の理由として「人生経験がたくさんある方は、包容力や優しさが期待できる」と考えているからです。

 

日本では夫婦3組に1組が離婚している、と厚生労働省の統計がでていますが、再婚する割合は男性が10人に7人、女性が10人に6人もいるんです。

 

シングルマザーでも恋愛、再婚しても幸せになっている人が大勢いるんですね。

 

再婚のハードルは、自分が思っているよりずっと低いんです。

 

あとは、シングルマザーとの恋愛や再婚の相手と出会う機会の悩みを解決すればいいだけです。

 

シングルマザーの恋愛では正解はない

シングルマザーの恋愛に参考となる答えはない

 

素敵なパートナーと出会うのは人生でそう何回も経験できるものではないです。

 

人と比べたり、意見として両親など身近な親戚の話を聞いたりすると、後ろ向きになりがちです。

 

身近に参考になるモデルはいないし・・・

 

でも、親の時代の人生は参考にならない、ってどこかで気がついていますよね。

 

芸能人ネタの書いてある雑誌には、輪切りにされた離婚後の恋愛と子育ての両立したライフスタイルしか書かれていません。

 

「こうすべきだ」という正解なんて何もないんです。

 

やっぱり、シングルマザーの恋愛と子育ての両立を、どう未来を設計すればいいか、わからないんです。

周りの人や、タレント・有名人を参考にしても、自分の理想が上がるだけですよ。

シングルマザーであれば、実際にはシングルマザーとおつきあいしたりする機会は、働いている職場だったりすることもあります。

 

でも、また離婚という結果にならないように、じっくりと時間をかけて相手を選びたいです。

 

出会うタイミングで、幸せを掴むめるか、逃してしまうか、それは自分次第です!

 

考えてもだめなら、思い切って自分からノープランでやってみるほうが前に進めます。

 

将来なんて考えてもその通りにならないことは、離婚で分かっていますよね。

 

不安でもいいんですよ。

 

安定するまで、なんて言ってたら何もできないまま終わってしまいます。

 

「このままでいいのか」と自問自答する中で進むしかないんです。

 

婚活市場では、シングルが長い人より、バツイチの方がかなりモテます。

 

これまでは、自分の気持ちを押し殺していることが多かったかもしれません。

 

でも、これからは本当の「自分らしさ」を意識して、自分自身を解放していくと、良い出会いに恵まれますよ。

 

シングルマザーでも恋愛・再婚できる方法として、再婚・シングルマザーが優遇されているサイトは理解ある人が集まっています。

さっそく、試してみましょう→シンパパ&シンママ優遇制度あり/R18

 

離婚 住宅ローン

     

よく読まれている人気関連コンテンツ