へそくりを財産分与の対象ならないように隠し通す

へそくりが財産分与の対象になる理由

 

そっとタンスの奥の方や化粧品箱にへそくりを隠し金として残しておく・・・

 

だんだんと貯まっていくお金を見ると、ニヤニヤしてしまうのがへそくりですよね。

 

今は家の中に隠すんじゃなくて、銀行に自分用の口座を作って、預金する人もたりします。

 

へそくりは、結婚生活中だけでなく、仮に仲が悪くなって離婚した後も、見つかりたくないですよね。

 

離婚後もへそくりを見つからないようにするには

の二つの方法があります。

 

へそくりは自分用だから、離婚したとしても、財産分与にはならない、と思えますよね。

 

ぶっちぇけ、バレなければOKなんです。

 

でも、

 

へそくりはバレたら財産分与の対象になります

 

さらに、

 

離婚後にトラブルになってしまうケースもあります。

 

へそくりが、財産分与の対象とされてしまうからなんですね。

 

だから、

 

離婚してもへそくりは見つかりたくない!

 

ですよね。

 

財産分与は、簡単にいってしまえば、夫婦共有のお金です。

 

一方で、へそくりは、自分のお金です。

 

この二つは違う性質なのに、収入源によって、へそくりが夫婦の「貯金」として、財産分与になってしまう変わる可能性があるんです。

 

財産分与の対象となってしまうと、

 

独り占めできないのがへそくり

 

でも、何もかもバカ正直に財産を出さなくても、へそくりくらいは離婚時でもとっておきたいですよね。

 

ここでは、へそくりと財産分与の対象になる貯金の違いと、離婚してもへそくりだけは見つからないようにする方法を紹介します。

 

 

へそくりが財産分与の対象になってしまう理由とは

へそくりか貯金のどちらになるのか

 

へそくりとは、夫婦でお互いに相手に隠して蓄えた財産で、それぞれのお小遣いや生活費から少しずつ積み立てられた場合がほとんどです。

 

貯め方が、本来だったら生活費に充当されたはずの財産だからってことですか?

財産分与では、夫婦が結婚中に共同して築いた財産が対象ですよね。

 

だから、こういう貯め方をしているへそくりは財産分与の対象になってしまうんです。

財産分与の計算をする際には、夫婦それぞれの名義になっているものだけではなく、名義の不明である財産も対象になってしまうんですね。

 

では、お小遣いとして自分に渡したことにして、それを内緒で使わないで貯めていた、となるとどうなるんでしょう。

 

お小遣いで貯めたお金も、バレてしまったら、貯金と認定され夫婦共有財産となることが多いんです。

 

とは言っても、へそくりは、自分しか知らないお金なので、自分から離婚する時にあえて「わたし、へそくりして貯めたのよ」なんていう必要はないですよね。

 

特に、結婚前に貯めた貯金はへそくりでもなんでもないです。法的にも個人の特有財産です。

【関連記事】独身時代の貯金が財産分与の「対象になる」か「対象外」かの違いは?

 

「へそくり」か?「貯金(隠し財産)」か?で財産分与の対象になる

 

簡単に言ってしまえば、「へそくり」は自分しか知らないお金のことです。

 

家族の知らない 「内緒」のお金 ですからね。

 

離婚したいと思ったら、お金のことが気になりますよね。

 

そんな時、このへそくりがあることで、心強くなったりするかもしれません。

 

毎月少しずつ夫の稼いだ給料からコツコツ貯める定額貯金のようなものと似ていますよね。

 

同じ「内緒」ですから。

 

内緒なので、離婚する前も後もバレなければ、そのまま秘密事項のままで通せます。

 

でも、へそくりはバレたら財産分与の対象になります。

 

毎月夫の給料からコツコツ貯めたお金と、内緒で自分のものにしようとする「へそくり」にするわけにはいかないんですね。

 

高額なへそくりは発覚したらトラブルのもと

 

財産分与をするときには、すべての へそくり も財産の対象になるんですか?

へそくりが財産分与の対象になるかどうかは、そのお金がどういう種類のものかによって異なります。

多くの主婦は家計を預かっていて、夫の収入から自分名義の貯蓄をしている人も少なくないです。

 

へそくりは、その家計の中から内緒で貯めたお金ですよね。

 

しかし、こうした貯蓄は夫の収入からの貯蓄であって、夫婦の共有財産と考えられます。

 

そうなると、へそくりも財産分与の対象になるってことになりますね。

 

離婚に際しては、へそくりも清算しましょうってことなんですか?

へそくりも夫の収入からのものであれば、財産分与の対象となる共有財産で、清算すべきものですね。

 

しかし、結婚前に蓄えたお金や婚姻時に親からもらったお金などであれば、夫婦の固有財産であって共有財産とはあらないので分割して清算する必要はありません。

 

そのお金のことを「へそくり」ということもありますよね。

たしかに、「へそくり」って本人が言わなければなかなかわからないものです。

 

それに、いざというときの生活費として数万円程度であればさして問題とはならないでしょう。

 

しかし、へそくりが高額になれば財産分与の対象であり、こうした財産も正直に話す必要があります。「隠し預金」についても同様です。

 

隠し通せればいいんですが、調査されたりして発覚すると、思わぬトラブルとなることがあるからなんですね。

 

 

へそくりが見つからないようにする2つの方法

 

せっかくコツコツと貯めたのに、見つかってしまったら、財産分与で半分取られるのは納得いかないですよね。

 

やはり、へそくりは徹底的に隠し通しておきたいものです。

 

最悪の場合でも、離婚の財産分与で半分に分けられる、という事態は避けたいですね。

 

へそくりが見つからないようにする二つの方法とは

方法です。

 

痕跡を残さない

財産分与でへそくりが見つからないように痕跡を消す

 

夫に、へそくりがばれてしまうのは、やはりどこかしらで隠しどころが甘いんです。

 

見つかった時に「これはへそくりではない」と主張しても、離婚裁判にまで発展したら、家庭裁判所が銀行の口座を財産調査をすることもあります。

 

これは、妻が隠し財産をしていると疑う場合に、銀行の支店と口座があると、裁判所が調査をする権限があるからなんです。

調査嘱託とは

 

隠すにしても、自宅近くの銀行は調べられる可能性は高いので、縁がなさそうな地方銀行や信用組合の口座を利用すると安全ですね。

 

その通帳もばれたら元も子もありません。

 

銀行のロゴが入ったもらいもののペンや備品なども、ばれるきっかけになってしまうので、、銀行ではオリジナルグッズは欲しくても、もらわないことです。

 

貸金庫を利用する

財産分与でへそくりが見つからないようにするための貸金庫

 

貸金庫には、現金を保管しておくというより、貴金属などの高価なものを保管しておきますよね。

 

へそくりで貯めたお金を、高価な貴金属や金などに換えて貸金庫に保管しておくんですね。

 

そして、離婚した後に、現金に戻してしまうんです。

 

貸金庫は絶好の隠し場所だという。

 

たとえ、裁判所が財産を調査しても、貸金庫を借りていることすらわからなければ、財産分与の対象になる財産としてなかったことになります。

 

隠し場所として、貸金庫はとても有効なんですね。

 

 

へそくりが見つかると夫婦仲が悪くなる

 

「へそくり」というくらいなので、隠れてお金を貯める、というものですよね。

 

このへそくりが何かのきっかけで、見つかった場合には、夫婦仲が険悪になってしまうことがあるんです。

 

夫に渡していた小遣いをケチっていたのに、へそくりで大金があることがわかったらケンカになりそうですね。

よくあるのが、「そんなに貯金できる余裕があるじゃないか」と節約していたことを感謝されずに、逆ギレされるパターンです。

少ない給料をやりくりして、夫に小遣いを渡し、明らかにへそくりとして隠しておいた場所で、大金が見つかったら・・・

 

妻としてはぜいたくをするために貯めているわけではありませんよね。

 

おそらく、夫は妻が「お金を自分のものにしている」と思っているから逆ギレしてしまうのかもしれません。

 

そう思っていると、

 

俺が働いて稼いだ金は俺ものものだ!

 

と、へそくりを取り上げられてしまい、険悪な関係になってしまうこともあります。

 

へそくりをひそかに貯めながら、離婚したいと思いながらも、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後のお金のことはこじれることも多いです。
離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

家財道具とか電気製品とかは後回しでOKです。

 

現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 

へそくりが離婚後に見つかってしまったら?

へそくりが離婚後に見つかってしまったケース

 

「へそくり」が隠し財産として離婚後にバレてしまった時には、問題が起きる可能性もあります。

 

財産分与の対象とされてしまったら、後から返すということになるからです。

 

相手の方がする財産分与の請求は、離婚後2年間は請求ができます。

【関連記事】財産分与は離婚後2年の除斥期間で請求できなくなる

 

この期間を無事乗り越えることで、立派な「へそくり」になるかもしれませんね。

 

へそくりは、もしものときのために準備しておくものです。

 

内緒にしていたへそくりがバレたとしても、さらにトラブル回避のために準備をしておけば、大きなダメージを受けずに済むかもしれませんね。

 

離婚時には特にお金に関しての条件をしっかり決めさえすれば、離婚後でも生活に困る事はほとんどなくなります。

 

逆に、お金の事をしっかり把握しないまま、感情と勢いで離婚してしまうと、あとあと大変になってしまいます。

離婚の条件で後々後悔しないために必ず決める2つのこと

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ