独身時代の貯金の財産分与は結婚時に決まる

独身時代の貯金は財産分与の対象にはならない


財産分与の対象になるお金は、離婚する時に結婚中の夫婦の共有の財産を分けることですよね。

 

この結論は理解できるはずです。

 

独身時代に、ためた貯金は夫婦で共同して作り上げたものではないですからね。

 

となると、離婚で財産分与をする際には、独身時代の貯金は差し引いてOKってことになります。

 

ところが、結婚後に独身時代の貯金を、結婚したときに

 

合算して使っていたりした場合はどうでしょう?

 

夫婦の共有財産になってしまいそうですよね。

 

財産分与の対象となる夫婦の共有財産は、財産の名義によるのものではなく、実質的な判断で決まります。

 

でも、実際には、独身時代の貯金が財産分与の対象になるか、ならないかの違いは

 

結婚時にきっちり管理を分けているか、できまってしまいがちです。

 

ここでは、独身時代の貯金を、財産分与で計算外にすることができるのか、詳しく紹介します。

 

独身時代の貯金は結婚時に財産分与できるか決まっていた

独身時代の貯金は結婚時に決まっている

 

そもそも、財産分与とは結婚してから夫婦で協力して築いた財産を、

 

離婚の時にそれぞれの貢献度に応じて分配することです。

 

法律で、離婚の際には、相手方に対し財産の分与を請求することができる(民法768条1項)と定めています。

 

この財産分与の割合を決める貢献度は

 

離婚裁判をしても、妻が専業主婦であってもほとんどが夫婦2分の1ずつです。
財産分与の2分の1ルール

 

この財産分与の割合を前提として、独身時代の貯金のよくあるパターンを追ってみますね。

 

例えば

結婚するときに、

  • が200万円の貯金
  • も200万円の貯金

それぞれの銀行口座にあったとします。

 

夫は姓名が変わらずに、そのまま自分の銀行口座を家庭の口座にした。

 

妻は会社を辞めて専業主婦になり、5年間結婚生活を送りました。

 

名義の家庭の口座には、300万円の貯金がたまって、現在500万円になりました

(生活費の出し入れはこの口座からしているとします)。

 

の銀行口座は、独身時代の貯金そのままなので200万円のままです

(利息は計算上なしです)。

 

この状態で、離婚に際して財産分与をすると、

 

夫名義の家庭の口座の500万円は2で割って、250万円ずつ夫婦に分けられることなってしまいますよね。

 

一方で、妻名義の自分の口座は変化なし。

 

結果

  • 夫250万(夫の名義分)
  • 妻250万(夫の名義分)+200万(妻の名義分)
になります。

 

なんだか、夫の方は家の口座にしたために、独身時代の貯金が守られていない一方で、

 

妻の方は、独身時代の貯金が守られているような気がします。

 

よくあるケースですよね。

 

結婚した当時は、まさか離婚なんてすると思っていないから、

 

「通帳を全部私に預けて!」と言われたら渡してしまいますからね。

独身時代に貯金していた通帳を、全て妻に渡してしまった夫が多いんではないでしょうか。

本来は、結婚する前の貯金は夫婦でも別々に管理しているのがベストですよね。

 

夫が働いて、妻が専業主婦なら、夫の給料で、生活はすべてやりくりするというのが理想です。

 

ただ、実際は足りない部分は夫婦でお互いの独身時代の貯金から出したりしてしまいます。

 

すると、結婚生活の中で、生活費やら、携帯代や車の維持費などなど、その後はどの口座からどれだけ使ったのかもわからなくなってしまう。

 

給料日には、妻がお金を管理していたら、「お金がないわ!」と言われるのが口癖になりってたりですよね。

 

給料日前の妻がお金がないいう口癖

 

でも、妻の独身時代の貯金はどれくらいか不明たけど、おそらくはたくさんあって、

 

とても夫の給料では買えない洋服やブランドの靴を買ったり、友達と旅行に行ったりしている状態だったり。

 

夫の小遣い2万で毎月やりくりする中で、

 

妻が欲しい時に好きなだけお金が出てくるのは、独身時代の貯金だったりするわけです。

 

夫の貯金は家族の生活費で消え、妻の貯金は家族の生活費に全く入れないということになってしまうわけです。

 

こうなってしまうと、離婚時の財産分与では、なかなか独身時代の貯金がどれだけあって、どれくらい使ったかの証明は難しいです。

 

結婚した時に渡した通帳が、離婚の財産分与にまで影響があるとは思わないですからね。

 

財産分与の「対象になる」のは結婚後のものは理論上だけ


女性は、基本的に

 

「夫の稼ぎは家族のもの。妻のものは妻のもの」

 

と自分に都合よく決めるものです。

 

専業主婦になった妻は、独身時代の貯金をしっかりキープしていることも多いです。

 

それはそれで、穏便な結婚生活を送ることができるなら、夫婦円満でいいですよね。

 

ただ、離婚を考えるとなると、独身時代の貯金が財産分与の対象になるか、ならないかは、離婚の時点だけでは理屈上のものでしかなくなってしまう、ということです。

 

確かに、夫婦共有財産なのか独身時代の貯金かの違いは理論上はあり得ます。

 

財産分与の対象となる財産とは、結婚してからお互いの協力で築いた共有財産なので、独身時代の貯蓄は「特有財産」で対象外です。

 

結婚前の資産は結婚しても個人のものです。
財産分与の対象になるもの

 

そもそも、離婚する時に財産分与の対象となるもの(=共有財産)、

 

つまり、財産分与の対象となる夫婦の共有財産は、財産の名義によるのものではなく、実質的な判断で決まります。

 

婚姻中に夫婦が協力して形成・維持された財産なら、夫か妻の名義は問わない、ってことなんですね。

 

「共有財産」は、文字通り二人のものです。

 

管理は一方がするにしても、夫婦でお互いが支出を知る権利はあります。

 

でも、妻の方が、夫の独身時代の貯金を妻の口座に移していたりしたら、結婚前の財産がどうのこうの言えないですね。

 

離婚することになって夫の貯金口座がすっからかんだったら、旦那さんの独身時代のお金返せってことは無理でしょう。

 

独身時代の貯金が離婚時に財産分与の対象になるかならないかの違いは、すでに結婚した時に決まっているんです。

 

離婚だな、と思ったらまずは財産チェック


離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、独身時代の貯金のことを話題に持ち出したら、こじれることも多いです。

 

離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。

電化製品など細かいものは後回しです。

 

現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ