金目のものは全部「財産」

財産分与の対象は”お金になるもの”


離婚するときに財産分与をする、って知っていますよね。

 

でも、そもそも何が財産分与の「財産」か、っていうのがわかりにくいですよね。

 

夫婦は結婚後、協力して預貯金を作ったり、住宅や自動車を購入したりしますが、離婚にあたってはこれらを精算します。

 

財産分与の対象になるものは、お金に換えられるものはすべて、と言っても過言ではないんですね。

 

将来もらえるであろう退職金やら、保険金などもリストに含まれてきます。

 

離婚での財産分与で言われている

 

「財産」とは

  • 金銭的価値のあるものはだいたい対象になる。
  • 結婚してから離婚するまでに形成された財産が対象。

この二つです。

 

財産分与の中心は、夫婦共有財産の精算です。

 

ほとんどの場合、夫婦の収入にかかわらず1/2ずつの分け前になるんですね。

 

「早く離婚したいから、財産は後回し!」という気持ちもわかります。

 

少しだけでも、財産分与の対象になるもリストを頭に入れておくと、後悔することも少なくなるはずです。

 

ここでは、離婚での財産分与の対象となるもので、知っておくべき知識をご紹介します。

 

財産分与の対象範囲はそうとう広い

 

財産分与の対象でお金になりそうなものをリストにまとめ上げると、ざっと挙げても、この図のようにたくさんあります。

 

財産分与の対象になるもののリストアップ

 

思っていたよりたくさんありますよね。

 

法律用語としては、

 

「財産分与の対象になるもの=共有財産」

 

と言われているものです。

 

財産分与の対象になるものリスト

などが該当します。

 

夫が稼いできた給料で購入したものってありますよね。

 

これ、たとえ夫名義の財産でも夫婦の共有財産となって、財産分与の対象になります。

 

名義が夫にあるか妻にあるかに関わらず…です。

 

夫が出したお金なのか、妻が出したお金なのかは、夫婦であれば関係ないよ、ってことです。

 

さらに、夫の物か妻の物か、ネーミングしていても、夫婦二人の共有になるんです。

 

そうじゃないと、専業主婦のものはお金出してないから、絶対的に不利ですよね。

 

離婚で財産分与するときの考え方は、

 

妻が家庭で家事や育児等を行う協力があってこそ形成して維持できた、といえるから、というものです。

 

だから、財産分与の割合はほとんどの場合、2分の1ずつになんですね。

 

離婚したいと思いつつ、夫婦のどちらかが離婚を言い出した後は、冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。

 

離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。

 

土地や建物などの家やマンションがあるなら、ほぼ間違いなく財産分与の対象になります。

 

名義は、財産分与では関係ありません。夫婦半分ずつの割合で受け取ることになるんですね。

 

今の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

ローンの方が多いのか、自宅の価値が大きいのかによって、今後の財産分与の方向は大きく変わるからです。

 

いまではネット上でカンタンに不動産の価値を診断してくれます。

売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

「退職金」も財産分与の対象になる

退職金は財産分与の対象リストに入る

 

これも?って思うものに、将来受け取る退職金も財産分与の対象になるんです。

 

退職金って、人によってはそうとう先の話だったりもしますよね。

離婚の時点までの結婚していた期間の分が、財産分与の対象になる判例もあります。

婚姻中に一方の協力によってもう一方が仕事に従事して、その結果として将来、退職金が発生する、という考えです。

 

一方が無職であっても、二人とも収入があってもこの基本は変わりません。

 

だから、極端なことを言えば、離婚原因がある側からも請求できます。

 

例えば、不倫した妻から、何もしていない夫の方に「退職金」を財産分与として請求できるってことにもなります。

 

かつては、離婚の時点で存在している財産だけを分与の対象にしていました。

 

しかし、1980年代後半から、将来約束された財産も分与の対象にする判決がでてきて現在では定着しています。

 

もちろん、離婚の時点ですでに支払われている退職金も、婚姻期間に対応する部分については対象になるんですね。

 

ただ、退職金は働き続けて、将来受け取るものです。

 

どれだけ働けるか、支給されるのかも含めて保証されているものではありません。

 

計算が困難な場合は、対象外になる可能性もあります。

 

特に、今の時代で20代や30代で退職金といっても、それほど多額の金額は見込めませんよね。

 

実際には、定年退職が比較的近い夫婦に限られていたり、

 

対象を同居期間の2分の1としたり、

 

計算方法はその夫婦のケースで異なるようです。

 

熟年離婚で退職金狙い(?_?)っていうことはアリです。

夫の定年退職後に離婚したいなら妻がとる行動はお金がない状態にならない綿密な準備

 

「借金」の典型例は住宅ローン

借金の典型例である住宅ローンも財産分与の対象になる

 

財産というとプラスのものばかりを考えがちですよね。

 

でも、夫婦の一方が負った借金に関しては、それが夫婦の生活を維持するために必要な借金だった場合ということがあります。

 

その場合、たとえ、保証人などになっていなくても、マイナスの財産として財産分与の対象になります。

 

自宅の住宅ローンなどはその典型例です。

 

よくある例では、自宅の住宅ローンが残っている場合でも、財産分与の財産の価値を計算しますよね。

 

自宅の価格からローンの残額を引くという形で、マイナス財産が相殺されます

→詳しくは離婚で住宅ローンがあったら財産分与はどうなる?

 

財産分与の対象にならないもの

財産分与の対象にならないものリスト

 

夫のものは全部、妻のもの?

 

では、ありません(^^)

 

財産分与の対象にならないものも、法律上決まっているものもあります。

 

財産分与の対象にならないものリスト

 

ざっくり言えば、自分にしか関わりのないもの、ということですよね。

  • 結婚前に蓄えていた財産
  • 結婚前に実家からもらってきた財産
  • 結婚前あるいは結婚中に自分の親や兄弟から相続した財産

などは固有の財産で財産分与の対象にはなりません。

 

たとえば、

 

夫が離婚するときに3000万円持っていたとしても、

 

そのうち2000万円が結婚前にあったものだとしたら、

 

分与の対象となるのは差額の1000万円です。

 

また、婚姻後に得たものでも相続で得た財産などは特有財産といって、財産分与の精算の対象にはならないんです。

 

共働きで、結婚生活に必要な費用を収入に応じて分担し、

 

それ以外の収入は各人名義の財産としていた場合には、各人名義の財産も対象にはならないんです。

 

結婚生活でのやりくりが報われることってないんですか?

「特別の寄与」と言って、財産を減らさないように維持する努力をしていた場合、その努力の分が認められることがあり得ますね。

「特別の寄与」は相続の時によく使われますね。

 

亡くなった人が、ずっと介護してくれた人に財産の一部をあげることなどが例です。

 

通常期待されるような程度の貢献を超えるような貢献をした場合です。

 

妻に、夫婦の財産を維持するために特別の寄与が認められる場合、寄与に応じた分与を求めることができる場合がありますが、

 

離婚の場面では、難しいかもしれませんね。

 

財産分与の請求には時効があります

財産分与の時効は離婚後2年で請求しないともらえない

 

離婚での財産分与は、精神的にもきつくて、手続きもとても面倒なので、つい後回しにしがちです。

 

財産分与は離婚してから2年以内に請求しなければならないので注意が必要です。

財産分与の時効期間は2年あるけど何も決めずに離婚するの危険な理由とは

 

逆に言えば、離婚後2年以内なら財産分与の請求ができる、っていうことなんですね。

 

財産分与は離婚を考えたら通らないといけない道です。

 

しっかりケジメをつけておくべきです。

 

離婚 住宅ローン

     

よく読まれている人気関連コンテンツ