裁判中でも合意ができたときに「和解」

判決より和解での離婚の方が印象がいい


離婚も訴訟まで進んでしまうと

 

『もういい加減に終わりにしたい!』

 

と思ってしまうんですよね。

 

でも終わりにしたら、相手に負けそうになって意地になってしまうという・・・

 

でも、離婚訴訟での「和解」をすれば、判決を待たずに離婚訴訟を終わらせることができます。

 

離婚裁判の途中で、

 

原告(訴えた方)と被告(訴えられた側)のお互いが歩み寄って「離婚しましょう」という合意ができたとき

 

これが裁判上での和解です。

 

話し合いで離婚の決着がつくところは、調停離婚と似ていますね。

 

そして、その時点で離婚が成立(和解離婚)します。

 

和解離婚できると、「戸籍」に書かれる文言が「判決」と違うので、同じ裁判離婚でも印象が違います。

 

和解離婚のメリットを紹介します。

 

 

裁判官は訴訟中に一度は勧める和解

裁判上の和解は仲直りではなく夫婦の意思を離婚に取り込んだもの

 

離婚訴訟の申立てを行って判決が出るまでに、1年以上かかるケースも少なくありません。

 

長期間の裁判となると、原告にも被告にも精神的に疲れが出てきます。

 

離婚裁判までくると夫婦関係の修復はほぼ絶望的と言っても過言ではありません。

 

もう、裁判に突入したら、夫婦関係はガタガタです。

 

そのような行き詰った状態になっている夫婦の裁判を、いたずらに引きのばすことは本人たちのためにもならないので、

 

裁判官から和解による解決をしてはどうか、との話を持ちかけられることがあります。

 

「和解」というと、仲直り的なイメージがありますけど、そういう意味ではないんですよね。

離婚裁判までしているのに、仲直りの意味での和解はあり得ないですね。

 

そうではなく、裁判官が判決を出して、勝ち負けを決めるより、夫婦の意思が入った和解の方がわだかまりが少ないから、という配慮ですね。

法律を杓子定規にあてはめて、裁判所に判決を出させると、どちらが勝った負けたという結果になってしまいます。

 

裁判上で和解する方が、形式的にも夫婦が納得した、という結末になりますよね。

 

そのほうが後々うらみも残りにくい、という配慮もあります。

 

裁判官も、判決文を書くより”和解”の方が、心理的に楽なはずです。

 

裁判が終わって戸籍に書かれる内容が違う

離婚訴訟上の和解なら書かれる内容の印象が違うメリットがある

 

離婚訴訟で、判決によって離婚をすると、戸籍には「裁判により離婚」した旨が記載されることになります。

 

一方で、訴訟中に和解によって解決した場合は「訴訟上の和解による離婚」として届出をすることができます。

 

  • 判決で決着:「裁判により離婚」
  • 和解で決着:「訴訟上の和解による離婚」

戸籍を見たときに、「和解」という文字が入っているので、印象がちがいますよね。

 

同じ離婚でも、協議により円満に離婚した場合と、裁判で離婚した場合とでは、再婚話が持ち上がった歳などに相手に与える印象が違う可能性がないとは言い切れません。

 

和解での離婚は、微妙なメリットがあるんですね。

 

和解離婚のメリットは長い裁判を終わらせることにもある

 

和解離婚のメリットは、今後のなが〜く続きそうな離婚訴訟に終止符を打つことができることです。

 

離婚裁判は、判決に納得がいかなければ、今後もずっと続けられます。

 

たとえば、とことん離婚裁判をするような体制に入っていると、一審だけでなく二審、そして最高裁まで進んじゃうこともあります。

 

これが、訴訟している間に、「もういいじゃん」ってことになれば、”和解”することで、訴訟を終わらせられるんです。

 

和解離婚は、離婚全体の約1.5%です。

 

離婚訴訟では、裁判官が和解をすすめる(和解勧告)ことも少なくないのですが、納得がいかなければ応じる必要はありません。

 

以前は裁判の途中で和解ができても、その時点では離婚は成立せず、

 

いったん訴訟を取り下げて協議離婚と形をとるか、調停離婚の形をとって離婚届を提出しなければなりませんでした。

 

いまでは裁判所が「和解調書」を作成した時点で、法的に離婚が成立するようになりました。

 

2003年までは、和解しても離婚が法的に決まったわけではなかったんです。

「和解離婚」制度ができる前は裁判で決まっても離婚できなかった!?

 

「裁判上の和解」で離婚しても離婚届の提出は必要

 

離婚裁判の中での和解で離婚が決まったと言っても、市区町村の役場に離婚届の提出は必要です。

 

離婚確定の日から10日以内に原告は「和解調書の謄本」とともに市区町村役場に離婚届を提出しなければなりません。

 

ただ、協議離婚で提出する離婚届に必要な証人2人だとか、そういう手続きは不要で、単に書類を提出して戸籍に乗っける手続き的な意味なんですね。

 

離婚届の証人を探さなくていい、というのも、裁判上の和解のメリットでもありますね。

 

認諾離婚でも訴訟を終わらせられるメリットがある

 

また、裁判の途中で被告が原告の請求を全面的に認めて離婚を承諾すれば訴訟を終わらせることができます。

 

これが「認諾離婚」と呼ばれるものです。

 

  • 認諾離婚は親権を決める必要がなく
  • 財産分与や慰謝料請求などにも問題がなく
  • 離婚そのものについての訴訟

の場合のみに認められることになっているので、ごく少数しかありません。

 

そもそも離婚裁判になりそうだとか思うレベルならまずは財産チェック

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。

 

離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。
電化製品など細かいものは後回しです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近では不動産の売却見積もりをインターネット等で1分程度でカンタンに不動産価格を出してもらうこともできます。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ