専業主婦は二つのメリットができて大きく変わる年金分割制度

離婚したいけど、熟年離婚で気になるのはお金ですよね。

 

サラリーマンの 年金制度 が変わって、離婚しても夫のもらえる年金額の半分が元妻にももらえる制度ができました。それが、年金分割制度です。

 

専業主婦でももらえる夫の年金にメリットが2つあります。
それは、

「国から直接もらえること」

「元夫が死亡してももらえること」

です。

 

 

ここ最近、年金の制度が変わって、離婚してもサラリーマンの夫の年金を半分もらえる、って聞いたのですが・・・・


 

正確には、半分と言うわけではないのですが、離婚時に夫の入っていた年金を分割することができる制度ができました。

 

それによって、いままで元夫を通してしかもらうことのできなかった年金を直接 国から 元妻がもらうことができるようになったんです。


離婚したら各種年金も変更が必要になります。

 

このうちの年金の制度で大きな変化がありました。

 

それは、平成19年と平成20年に離婚時の新しい年金分割制度が施行されたことによって、専業主婦 だった場合には、離婚後に受け取ることのできる年金額が大きく変わったんですね。

 

この、新しい年金分割制度の開始によって、特に熟年離婚を仕様と考えている専業主婦には一定のメリットがあります。

 

そして、この年金分割制度を利用するには、自分で請求する必要がある、というチェックすべき項目もあります。

 

 

離婚時の年金分割制度ができた

年金分割制度は熟年離婚向き

これまでも熟年離婚の場合などでは、財産分与として夫が受給する年金を妻に分割することはありました。

 

しかし、これは国の制度としてではなく、あくまで夫婦間の取り決めです。いままでの年金制度では、離婚しても、元夫の厚生年金は元夫だけののものでした。

 

この場合だと、元夫が年金を受給した後に、元妻の銀行口座へ振り込むといったことはできていました。

 

が、やはり、振込みしなくなったり元夫が死んでしまったりすれば、元妻が年金を受け取れないということもありました。

 

こうなると、元妻は厚生年金を受給することすらできなかったのです。
これでは、夫の支払いが滞った場合に妻の生活が困窮してます。

 

また、夫が死亡した時は老齢年金の受給がなくなってしまうので、妻はその後の生活に支障をきたしてしまいます。

 

年金分割制度ができてから→専業主婦の2つのメリット

 

年金分割制度では、離婚時に分割した年金を妻が国から直接受け取れるようになっています。つまり、分割分は妻の銀行口座に振り込まれるので、夫から支払いがされるかヤキモキする必要がないのです。

 

それが、今回の年金制度が改正されて、「年金保険料の納付記録」の 分割 が可能になったのです。

 

離婚の時点で分割にしたので、たとえ離婚した後に元夫が死んでしまったとしても、元妻の年金受給額には影響がないことになったのです。

 

つまり、元妻も本人名義の年金として、直接年金を受け取ることができるようになったのです。

 

また、夫の死亡した後も妻の分割分は支払いが続くのです。

 

「国から直接もらえる」「元夫が死亡してももらえる」の2つが年金分割制度の一番のメリットなんです。

 

この点が、もっとも大きな離婚と年金の制度変化です。

 

年金分割を受けるには離婚後2年以内

年金分割を受けるための条件

 

年金分割は、離婚したら、自動的にもらえると思っている人もいるんですが、二つの条件があります。

 

年金分割は請求が必要です。

 

その上、期間も離婚後2年以内と決まっています。

 

つまり、請求期限を過ぎていないことと、原則、離婚日の翌日から起算して2年以内、という条件です。

 

勘違いしている人の中には、離婚届けを提出した役所から、年金事務所へ自動的に連絡が行くと思っているんですが、それはありません。

 

離婚後「原則2年」としているのは、猶予期間の意味合いもあ流のですが、自分自身で請求しないと、年金分割でお金はもらえません。

 

離婚した時にこの請求権があることを知らない人も多くて、離婚後にお金に苦労している人もいます。

 

お金のことはどうにかなる、と思って苦労している人ほど請求をしていないんですね。

 

 

2年の期間制限があって、年金分割の請求も自分でしないといけないなんて、離婚しても損した感じになってしまいそうです。


 

もし、離婚後にいつでも請求していいし、勝手に役所が請求できるとしたら、離婚してもお互いに前の結婚に縛られてしまうことになってしまいます。

 

もし再婚などをしていたら、忘れた頃に元嫁(夫)から、請求がくるのは嫌なことですよね。

 

そうならないためにも、離婚する時にはしっかりケジメをつけておくことです。


確かに、離婚してから2年の間には、忘れた頃に年金分割合意請求や慰謝料の請求(慰謝料の時効は離婚後3年)がくることもあるかもしれません。

 

でも、期間制限や年金分割の請求ができる人が限られることで、離婚した後の生活がお互いにとって幸せになるようにできているんですね。

 

結婚期間が長いと離婚時にはさまざまな思惑がでてきます。

特に、熟年離婚で問題になるのは、お金・財産のことがほとんどです。

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

離婚後の財産のことについてこじれて「離婚」も話し合えないとも多いです。
だから、離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

もし自宅などの不動産を所有しているのなら、売却したらどれくらいの価格になるかを出して、資産価値からの処分を検討しておきましょう。住宅ローンはその価格から差し引きます。

周囲の人に知られずに、売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

年金分割制度の基本的な考え方

 

そもそも年金は個人個人で受給するものです。

 

年金分割制度は、一人(サラリーマンの夫)が持っている年金の権利を、もう一人(専業主婦の妻)に分割するものです。

 

年金分割制度がなかったら、サラリーマンの夫を持つ専業主婦などの場合は、基礎年金を満額もらっても年額780,100円です。

 

妻が会社員だった頃の厚生年金額を加えても、会社員だった期間が短いのでとても十分な額になるとは言えません。

 

一方で、サラリーマンの夫は会社員期間が長期間になるので、基礎年金に加えて、報酬に応じた厚生年金を受け取ることができます。

 

この二人が離婚した場合に、そのまま年金は個人個人で受給するものだということを押し通したらどうでしょう。

 

受け取る年金額に大きな差が出てしまって、離婚したら妻の生活が経済的に苦しくなるという問題が出てきてしまいます。

 

ここで、そもそも夫が厚生年金を受け取るのは、サラリーマン時代に妻の内助の功があったから、という考え方もできます。

 

この味方をサラリーマンの夫の年金の受給に入れて、家事や育児などで夫をサポートした分を考慮することで、夫の老齢年金を妻に分割する年金分割制度の考え方が生まれたのです。

夫が離婚後出世してもその分の恩恵はない

 

 

夫が離婚してから出世したら、その分お給料も増えるから、年金も増えると、元妻がもらえる年金も増えるんですか?


 

あくまでも「婚姻期間」の年金分割なので、離婚してから夫が出世した分の年金分がもらえることはないです。


熟年離婚の年金分割で勘違いがよくあるのは、離婚後の夫の出世した分の年金です。

 

あくまでも結婚期間の年金分割制度なので、離婚後に、たとえ元配偶者が出世して、厚生年金の受給額が増えたからといっても、全く関係ありません。

 

結婚期間も長くなると、夫が出世するのかどうかを見極められるくらいにはなっていると思うので、そんな不安は必要ないとは思いますが・・・・

 

離婚時には特にお金に関しての条件をしっかり決めさえすれば、離婚後でも生活に困る事はほとんどなくなります。

 

逆に、お金の事をしっかり把握しないまま、感情と勢いで離婚してしまうと、あとあと大変になってしまいます。

離婚の条件で後々後悔しないために必ず決める2つのこと

 

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-3562226252660948"
data-ad-slot="6346908837">

 

よく読まれている人気関連コンテンツ