家庭内別居の本当の意味

夫婦が一緒に暮らしているのに、顔を合わせない。

 

まさに、家庭内別居です。

 

明らかに異常です。

 

離婚したいと思いつつも、離婚に向けての意思を強く持たずに、だらだらと同じ屋根の下で一緒に住んでいる家庭内別居。

 

  • いつの日にか、夫婦としての関係を戻せる
  • いつの日にか、離婚する

 

厳しい言い方をすれば、離婚したい気持ちはあるのに、子供や経済的なことを理由に、自分に言い訳しているのが家庭内別居です。

 

本当に離婚する気があるのなら、住む家も別々に別居した方がいいです。

 

物理的に別居したことで、自分が不利になるわけではありません。

 

このカテゴリーでは、家庭内別居の定義、家庭内別居している子供の気持ち、そして、家庭内別居の解消の方法などについて、紹介しています。

 

もちろん、家庭内別居が、本当の別居になったときに、裁判ではどんな離婚原因になるのかも、詳しく解説しています。

 

     

家庭内別居記事一覧

家庭内別居は心の距離の問題”家庭内別居”という言葉を聞いて、いいイメージはないですよね。同じ屋根の下に一緒にいるのに、別居状態。夫婦というより、単なる同居人です。なんとなく、じめ〜っとして、会話のない家庭を想像できます。そういう状態が家庭内別居なんですが、家庭内別居の定義というものが法律で決まっているわけではないんですね。だから、家庭内別居と言っても、その深刻度合いによって、離婚できるかの判断が違...

家庭内別居状態になっているけど、心の中ではこの状態を解消したい、って思っていることってありますよね。家庭内別居だと、一緒の屋根の下にいるから、かえってお互いに気をつかってしまいます。同じ部屋にいたとしても、自分のほうがつらくなって、ストレスもたまるし、精神的につらいですよね。あまりにも長期間、家庭内別居が続くと、心のなかでの叫び声が聞こえてきます。『透明人間扱いはもう疲れた』いっそのこと離婚してし...

家庭内別居が続いていると家に活気がない感じがしますよね。夫婦二人だけならまだしも、子供が同じ屋根の下にいると 子供の気持ちには悪影響にしかなりません。大人は家庭内別居で、精神状態を保っているのかもしれませんが、子供は家庭内別居でかなり夫婦に気をつかっています。男女としては終わりを迎えたような夫婦は、心が離れて会話がない…無視状態、食事が別々・・・・子育てのためには両親がそろっているほうがいい、とい...