復縁記事一覧

離婚の先延ばしになっただけ東日本大震災から6年たち、未曾有の大災害は、夫婦や家族にどのような影響を与えたのでしょうか。3・11の震災以後、結婚の数も離婚の数も増加しました。「この人はいざという時に頼ることができない」と離婚した人「これからの人生を考えたら、家族として一緒にいたい」と思って結婚した人「やっぱり頼れるのは家族」と思って、復縁した人多くの人が、家族やパートナーとの愛の絆や、結婚する意味を...

再びもめないためのルールがお互いを幸せにする一度夫婦関係が壊れかけて、やり直しをはじめた時はお互いにぎこちないですよね。そんな時だからこそ、仲直りのしるしのようなものを残しておくといいです。夫婦関係の再構築を目指してやり直しをしよう!と決めたら、おすすめしたいのがプレナップ(婚前契約書)です。もう結婚している夫婦が再構築する場面では、正式にはプレナップのようなものを作ろう、という提案です。最近では...

離婚直前から復縁はできるただし、勘違いに自分が気がつくこともう離婚に向けて話しが進んでいるけど復縁の可能性があるならやり直してみたい、そう思うこともありますよね。でも、普段と変わらない環境の中でどうやって接していいのかわからないこともあったりします。そんなときには、自分自身を騙していないか、と気がつくことが重要な視点になりますよ。積み重ねで良くも悪くもなる夫婦関係夫婦仲を元に戻して復縁したいと思っ...

女性の心は戻りにくい妻が「もう我慢できないので」と子供を連れて実家に帰ってしまいました。いわゆる別居状態なんですが、 別居からの復縁 を望んでいるのですがどうすればいいのでしょう。別居されてしまった側として復縁を望んでいるなら、事態を収拾して何とか帰ってきてもらいたいですよね。それならばまずは、別居を言った方の気持ちを考えるのが先決です。一緒にいるのが苦痛になった、ということですからね。妻が、「我...

離婚することができたのはいいけど、相手がストーカーと化してしまうと、いつ何があるかわからなくて悪い意味でドキドキの毎日ですよね。離婚したけど元さやにもどりたい相手は、復縁を迫るために ストーカー行為 をすることが多いようです。ストーキング行為をされたら真っ先に警察に行くことです。もし、離婚後に豹変しそうな相手なら、離婚する時にもストーカー行為をしないように決めごとをして予防線を張っておくのが理想的...

「もう無理、別れましょう」「悪いところは変えるから離婚はしない」妻が離婚を言い出してきたたけど、どうしても 妻と離婚はしたくない夫はそこで反省の対応をすることがありますよね。「悪いところは変えて改める」意思を伝えればいい、という考えだけでは、なかなか離婚を決断した妻を引き寄せるのは難しいです。妻の方は、離婚で経済的に条件が劣ることを覚悟までして、離婚を言い出しているからです。どうしても夫が妻との離...

やっぱりダメかもしれない一度は離婚を決意したけど、もう一度やり直してみようそう思って、離婚することをやめる決断をすることってありますよね。家族のためにも、離婚をやめることで「もう一度」という気持ちですよね。夫婦の修復を図るつもりで、我慢できることはグッと我慢して、見過ごせるところはスルーしてでも、やっぱりまた「離婚したい」という思いが出てきたときに、どうするか、迷いますよね。蒸し返してまた、「離婚...

駆け引きができる離婚調停離婚調停にまで、夫婦のもめごとが進んでしまうと、「もうもとにはもどれないかもしれない」と思ってしまいますよね。でも、調停は調停委員という第三者が介在しているので、夫婦で直接話をしないことが、かえっていい方向に進むこともあるんですね。直接話さないからこそ、駆け引きができるんです。実際に、調停委員の人の肌感覚で、8割の人は最終的に離婚してしまうそうです。ということは、実は調停ま...