養育費の滞納分を請求する

養育費滞納分の請求の内容証明書例

 

養育費の取り決めをしたのに、だんだんと支払ってくれなくなる。

 

滞納がどんどんたまると、生活にも支障が出てきてしまいますよね。

 

公正証書や調停などで、養育費の取り決めをしていれば、

 

相手には何も言わずに裁判所にお願いすることで、給料からの差し押さえなどができますが、

 

今後も継続してもらうことを考えると、相手の神経を逆なでさせない方がいいですよね。

 

その中間地点になるのが、内容証明という文書の送付です。

 

ここでは、養育費の滞納があった場合の内容証明例を紹介します。

 

養育費の滞納分を請求する内容証明例

平成〇〇年〇月〇日

東京都南西区北町1丁目1番2号

〇〇太郎 殿

 

東京都北東区南町1丁目1番2号

〇〇花子 印

 

催告書

私は貴殿と〇年〇月〇日東京家庭裁判所で調停離婚しました。

その際、貴殿は長男一郎の養育費として一ヶ月8万円を支払うことと決まりました。

 

ところが、貴殿は離婚後の二回は支払ってきたものの、その後まったく支払いをせず、現在五ヶ月分40万円を滞納しております。

本書面到達後一週間以内に上記期間内にお支払いください。

万一お支払いなき場合は、法的手続きをとる所存であることを念のため申し添えます。

この内容証明例は、「養育費の滞納支払いを請求する」ものです。

 

離婚した妻から夫に子供の養育費滞納分を請求する際の文書例です。

 

ここには、

  • 養育費を請求する根拠
  • 契約した年月日
  • 養育費の金額
を明確に記載しましょう。

 

また滞納している金額も明記すべきです。

 

調停離婚で養育費の支払いが決まっている場合には、

 

調停調書で強制執行を申し立てることもできます。

 

この催告書は強制執行の申し立てをする前に警告の趣旨で出す文例です。

 

養育費を請求するためには、最終的には法的な力を借りると、強制的に支払ってもあることはできます。

 

ただ、相手が子供が育っていくことに、ある程度の理解がある場合には、

 

感情に訴えることで、効果がある場合もあります。

養育費が未払いで公正証書がなしでも必ず養育費をもらい続ける方法

 

子供を育てるにはお金がかかります。

 

その際に、あてになるのは離婚の時に決めた財産の処分方法です。
財産分与や慰謝料、そして養育費がそれにあたります。

 

その中でも、養育費は通常「子供が成年になるまで継続的に支払う」という約束をしていることが多いものです。

 

しかし、養育費の取り決めをして最後まで支払いをしている人は2割にも満たない統計が出ています。

8割の人はあきらめと泣き寝入りをしているのです。

 

養育費は子供にとっての権利で大事なお金です。親の自分が泣き寝入りするのは子供への約束も自分が破っていることになるのです。

 

養育費の請求を自分で行う必要はありません。

自分で請求する必要なし!弁護士が未払い養育費を回収してくれます

養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ