離婚Tips記事一覧

子供と一緒にいるなら、離婚後も姓は変えないメリットがある日本では結婚した時に姓が変わるのは、ほとんどが妻の方ですよね。結婚した時に名字が変わった方は、離婚したら元に戻るのが原則です。この名前の前の部分は、仕事をしていたり、近所の方からすると「◯◯さん」と言われる部分です。離婚したら、いつも呼ばれている部分が変わってしまうと、不都合なことも起きたりしそうですよね。子供には特に心理的にも影響します。離...
疲れたから離婚www2014年の12月26日に、女優の秋吉久美子が離婚していたことを発表しました。理由は「生活をしていくうえで、年齢と経験による温度差が年を重ねるにつれ精神的に疲れるようになった」とのこと。結婚生活に疲れたというのが、離婚原因の真意だったんです。離婚当時、秋吉久美子(60才)の元結婚相手は、日系2世の映像クリエーターのグレンさんで、なんと34才!年の差は26歳です。女性の方が上の年...
芸能人でテレビでは笑顔の多いマルシアあの人も、芸能活動を1年半休止するほど、離婚でうつ病になったそうです。離婚すると自分で意識するとしないとにかかわらず、体に影響があります。とくにはじめての離婚だと、何をどうしていいのかわからない、何とも言えない重圧っていうのが少なからずありますからね。子供がいると特に「自分が大黒柱になって育てていかなければ!」なんて気負っていると、うつ病になってしまうケースもあ...
再びもめないためのルールがお互いを幸せにする一度夫婦関係が壊れかけて、やり直しをはじめた時はお互いにぎこちないですよね。そんな時だからこそ、仲直りのしるしのようなものを残しておくといいです。夫婦関係の再構築を目指してやり直しをしよう!と決めたら、おすすめしたいのがプレナップ(婚前契約書)です。もう結婚している夫婦が再構築する場面では、正式にはプレナップのようなものを作ろう、という提案です。最近では...
まずは気遣いさせない程度まででOK結婚や子どもの出産の報告って、聞いた人も「いいなぁ」と喜んでくれる気持ちがわかりますが、離婚の報告は伝える方も聞く方も複雑な気分になってしまいます。離婚の報告 ってなかなかしづらいものですよね。こちらが「離婚した」と言ったところで、言われた方もどうリアクションしていいかわからないこともあるので、悩ましいところです。会社に勤務している方は、各種の保険や控除の対象など...
浮気相手≠妻より綺麗離婚の原因で一番多いのは、表面上は「性格の不一致」がナンバー1になっていますよね。裁判所への離婚申立件数から統計をとっても、常に男女ともに1位です。これが、実際の裁判などで争われることが最も多いのは男女関係、つまり「不貞行為」なんです。「性格の不一致」という理由に隠されているのが、表面上に出てこない『浮気』ということも多いんです。浮気相手が女性だった場合、なぜか妻よりキレイでや...
現代の日本の離婚率はおよそ33%最近の男女関係は、男性は草食系、女性は肉食系、とよく言われますよね。現代の離婚もその傾向が強くなってきていて、離婚原因で主に今までは夫がしてきたことを、妻の方がしている傾向があります。例えば、DVなどは妻が夫に暴言を浴びせて、夫がウツになってしまう、不倫も妻がバレてもあっけらかんとしている、などです。結婚の年齢層別に離婚意識をみても、女性の方が強くなってきています。...
法律上ほとんど離婚した場合と同じ事実婚とは、婚姻届を出していないため法律的には夫婦ではないが、事実上婚姻状態にあること。単なる同棲では、事実婚ではないんですね。”事実”=”現実”、つまり、現実は結婚している、状態のことです。事実婚だからって、常にラブラブ状態でなくてもいいんです。法律上の結婚している人でも、常にラブラブではないですよね。そんな、ラブラブでない事実婚状態がエスカレートすると、離婚と同...
同じ年齢なら離婚しない?アメリカのエモリー大学というところで、3,000組のカップルを対象に調査を行ったそうです。その結果、ここでわかったのは、最も離婚率の低いカップルの年齢差は“ゼロ”そうなんです同じ年齢のカップルが一番離婚しないんだそうです。トラブルになってしまう理由はさまざまですが、それが発展して離婚ということになってしまうのは、どんなカップルにも十分起こりうること。英語の女性向けサイト『r...
お互いのためになる円満離婚離婚したいと思い始めると、どうしても相手のアラ探しをして、悪いところばかり思いつきますよね。離婚の理由をこじつけるようになると、感情的にネガティブになってしまいがちです。やはり、離婚するにしても、円満離婚という着地をしたいですよね。ただ、離婚したとしても、離婚後の生活では現実的に、お金 というなものが必要です。円満離婚の方法しだいで、離婚後の生活のスタートも違ってきます。...
自分に有利なメリットがあるから正月 の年始って親戚一同が集まって、お祝いムードがありますよね。そんな正月に「離婚したい」と話を切り出す正月離婚。あえて正月に離婚を言い出す理由は『一度にみんなに知ってもらえる』『逃げ場をつくらせない』『4月の新学期に向けて』という3つのメリットがあるからでもあるんです。正月に「離婚したい」と言い出すための準備で、財産分与まで視野に入れた計画的な離婚方法を紹介します。...
浮気は恋愛カロリーが高い人がする結婚しているか、男女を問わず、浮気をする人の方は「恋愛」に対して積極的ですよね。恋愛カロリーが高いです。浮気する人にとっては、妻や夫を愛しているとかいないとかとは別次元の問題なんです。「恋愛と結婚は違う」と言われることがありますが、浮気をしない人からすれば、ぶっちゃけて言えば浮気はめんどくさいんですね。そういう意味で言えば、浮気をする人ほど「めんどくさい」を超えるほ...
古い方法だけど心理的効果は大きい内容証明郵便離婚する時に、相手に直接話したくはないけど、伝えたいことがあるってことがありますよね。LINEやメールなどでも伝えることはできますが、内容証明郵便を使えば、手紙の内容まで記録に残って、心理的に相手にも意表をついた意思表示ができます。「内容証明郵便」とは「だれが、だれに、いつ、どんな内容の手紙を出したのか」ということを郵便局が公的に証明してくれるというもの...
姑との関係を示す具体例があるといい義父母との関係は、離婚事由の有無の判断には基本的には関係ないのですが、結婚生活に「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当するくらい影響があるなら話は別です。平成〇〇年〇月〇日東京都北東区南町1丁目1番2号〇〇花子 殿東京都南西区北町1丁目1番2号〇〇太郎 印通知書私たち夫婦は結婚後8年が経過しましたが、田舎で一人暮らしをしていた私の年老いた母親を引き取り、一緒に暮ら...
自分に必要な届出や手続きを チェック離婚を決断したら、手続きを忘れないように、簡単でいいのでリストにして対応しましょう!離婚後に必要な届出や手続きはたくさんあります。法律上は、『結婚』という契約を解除するイメージです。だから、結婚年数にかかわらず、原則として、結婚してから変更したものはすべて元に戻すことになるんですね。共有名義のものの名義変更なども、思った以上にあるはずです。一般的に考えられるもの...
離婚して成功する!そもそも何をもって離婚が「成功」するか、という問題はあるのですが、、、そして、離婚したことが成功につながるには、ある程度の努力?が必要なのでしょうか。成功を「自分を最高の状態にする」こととすれば、離婚することによって成果が出やすいパターンがあります。よく言われる、離婚が成功と言える女性のパターンは二つです。別れた夫が社会的地位が高かった女性忍耐強いそれぞれのパターンで考えてみるこ...
離婚したい願いがかなうおまじないって信じる人もいるけど、信じない人もいますよね。離婚は片方が「離婚したい気持ち」があっても、結婚を解消するには、別れるというお互いの意思がないとできません。離婚することは、結婚の解消という法律のことです。でも、相手にも離婚の決断をさせるために、神頼み近いおまじないをやってみることで、離婚したい悩みが解決できたら嬉しいですよね。まじないって、辞書で調べると『神仏その他...
不倫は恋愛ごっこここ最近はマスコミでも、不倫のニュースが多いですよね。既婚男性が独身女性といい仲になる、というのはよく聞いたことがありますが、最近多いのは逆のパターンです。それは、既婚女性が独身男性と不倫して恋愛モードに入って本気になっているもの。芸能人、政治家とか有名な人だけでなく、友人、身近な会社内不倫、仕事関係でもあったりします。自分には不倫なんてありえないだろう、と思っていても、泥沼の関係...
お互いに相手の不倫OKな夫婦生活は続かないオープン婚とは、法律上の定義とかはないのですが、夫婦でお互いに相手の不倫を認める、という婚姻形態のこととして通用しています。夫婦であらかじめ婚外恋愛を認めているってことですよね。不倫といえば、法律上「不貞」という考え方が定着しています。そこには、不倫→精神的苦痛→慰謝料というお金にまつわるいざこざも生じるわけです。ところが、オープン婚となると不倫しても、「...