離婚後の戸籍記事一覧

内縁関係でもパパの名前にできる結婚しないで、内縁関係のままだと、生まれた子どもを父親の苗字にする事はムリ。母親の姓しか名乗れないと思ってしまいますよね。でも、方法によっては、内縁関係でも父親の名前を名乗ることもできます。まず「認知届」を提出し、家庭裁判所に「氏変更の許可」をもらうのです。二段階の手続きで内縁関係でも子供を父親の名前にする認知届→家裁の許可で父の姓が名乗れる内縁関係の間で生まれた子は...

戸籍が別々になる離婚による戸籍の変化として一番大きいのは、婚姻中の戸籍から、婚姻によって入籍してきた方の人が除籍されると言うことです。婚姻中の戸籍は夫婦の戸籍として一つできたが、離婚すると戸籍がわかれます。その際に、結婚前の戸籍に戻るのか、単独で新しい戸籍を作るのかを選択する必要があります。婚姻時に、夫の戸籍に入って、夫の姓を名乗っていた女性が、離婚時に選択できる戸籍と姓は3種類です。結婚前の戸籍...

バツイチをわかりにくくする方法はあるバツイチである過去の離婚した記録(結婚歴)ってあまり公にはしたくないですよね。離婚後に再婚をしようと思っていたりする場合に、相手が過去の結婚歴に抵抗がある人なら、わからないようにできるならしておきたいと思うものです。戸籍でも分籍や転籍をすれば、消すことはできます。ただ・・・・正確には消えるのではなくわかりにくくなるだけです。戸籍に記入した事項は、よほどの事がない...

離婚後の子供の氏=姓は自動的には変らない離婚したら、同じ役所で手続きするんだから、離婚後の子供の氏は親権者と同じ姓になると思ってしまいますよね。でも、家庭裁判所で変更許可の申立て手続きをしなければ、子供の姓は離婚前のままなのです。妻が離婚して子供を引き取ったとしても、夫の戸籍に子供の籍は残ったまま。さらに、市区町村の役場に届け出も必要です。離婚してから子どもの氏を変えるのが面倒な理由は、家庭裁判所...

「名前」と「夫婦の義務」の2つが変わる離婚したらいったい何が変わるのか?離婚は結婚という契約の一種とも言えるので、結婚契約が解除された、と考えるとわかりやすいかもしれません。離婚して変わることは「名前」と「夫婦の義務」の2つです。戸籍→離婚では婚姻で姓を変えた配偶者は、原則として復籍します。夫婦の義務からの解放→夫婦としての義務から解放されます。形式的にこの2つが離婚して変るのですが、心の解放も伴...