新しい戸籍ができると過去の事項は転記されない

バツイチをわかりにくくする方法はある

 

バツイチである過去の離婚した記録(結婚歴)ってあまり公にはしたくないですよね。

 

離婚後に再婚をしようと思っていたりする場合に、相手が過去の結婚歴に抵抗がある人なら、わからないようにできるならしておきたいと思うものです。

 

戸籍でも分籍や転籍をすれば、消すことはできます。

 

ただ・・・・正確には消えるのではなくわかりにくくなるだけです。

 

戸籍に記入した事項は、よほどの事がない限り”消す”ことはできないんです。

 

再婚するにしても、いずれは過去の離婚歴も打ち明けることにはなるはずです。

 

とはいえ、今現在のその戸籍をみたら、まるで消したように何も書かれていない状態にすることは可能です。

 

 

新戸籍を作れば結婚したことが「消えた」ように見える

離婚暦のない戸籍

 

元夫とは、1年足らずの結婚生活でした。子供はいません。

 

私は、旧姓に戻って、親の戸籍に復籍したのですが離婚歴があると思うような婚活ができにくいんですね。

 

聞いた話では、戸籍から結婚歴やバツイチの過去を消す裏技があると耳にしました。どうすればいいのか教えてもらえますか?

戸籍にはその人の出生から死亡まで、法律で国(実際は市区町村長)への届出が義務づけられた出生や結婚などの身分関係の履歴(身分事項)が書かれています。

 

結婚や離婚でその人が別の戸籍に移動すると、その身分事項も新戸籍に引き継がれます。書き写される、ということですね。

そうですよね。
離婚した夫婦の戸籍の写し(全部事項証明書)をとったら、除籍されているけど、妻の身分欄には、出生、婚姻、離婚と書かれていますね。

そうなんです。

 

それを見ると、妻は親の戸籍(婚姻欄の末尾、従前戸籍と言います)から抜けて結婚したこと、離婚によって、自分を戸籍筆頭者とする新戸籍を作ったこともわかります(離婚欄の末尾、入籍戸籍を記載)。

 

そして、離婚してできた戸籍には、離婚したことは書いてあるのですが、結婚のことは書いてありません。

このように、新戸籍に書き写される内容は、出生を除けば、今現在の状況だけです。

 

すると、新しくできた戸籍から、妻が離婚して単独で戸籍を作ったことは明らかなのですが、この妻に子がいるかどうかまではわかりません。

 

子供がいるかどうかを調べるためには、結婚中の戸籍を見るしかないのです。

 

  • 子供がいるけど、再婚のために婚活したい
  • 戸籍上には、子供がいることを載せたくない

 

そういう希望があるなら、離婚するときには、新しく戸籍をつくるほうがいい、ということになりますね。

 

離婚後の戸籍謄本を転籍すればバツイチを消せる(ように見える)

戸籍上から離婚歴が消えたように見える

 

離婚するときに、新しい戸籍を作ることを希望すれば、子供の記載は出てこなくなります。

 

さらに、離婚歴も戸籍から見えなくなるようにしたい場合は、新しい戸籍ができた後に転籍すればいいんです。

 

となると、もしかして戸籍上から バツイチを消す こともできるんですか?

もちろん離婚の記録であるバツイチを消すこともできます。

 

それは、転籍して本籍地を移すだけです。本籍地を他の市区町村に移せば、新戸籍の身分欄には出生以外残りません。

 

離婚歴は戸籍上からキレイに消えてしまいます。

正確には、バツイチの戸籍が消えるのではなく、転記されないことによって、すぐにはわかりにくくなる、ということなんですね。

 

もし、離婚して親の戸籍に復籍した場合は、分籍して単独戸籍を作るならば同じように離婚歴は消えてしまいます。

 

でも、こうやって転籍や分籍で戸籍面からバツイチを消せても、再婚後にバレたらトラブルこともあります。
参考→婚姻後にバツイチ発覚 協議離婚の内容証明例

 

それに、あくまで戸籍を一目見ただけでは離婚歴の有無はわからないというだけで、前の戸籍を負っていけば、必ず離婚歴に行き着きます。

 

婚活や再婚を考えているなら、どこかのタイミングで正直にバツイチだと話す方が賢明です。

 

戸籍以外の手続きで、離婚前に離婚のことで悩んでいたり知りたいことがあれば、まずは家庭裁判所に行くといいです。

 

もちろん、「離婚できるか、できないか」の判断はしてくれませんが、主に手続き的なことであれば、わかりやすく教えてもらえます。

家庭裁判所の離婚相談は無料で中立・公平

 

離婚歴がある方がモテる

 

実際には、バツイチは婚活市場では、シングルが長い人よりかなりモテます。

 

再婚してもまた離婚してバツ2バツ3・・という結果にならないよう後悔しないためには、じっくりと時間をかけて相手を選びたいものですね。

 

これまでは、自分の気持ちを押し殺していることが多かったかもしれません。

 

でも、これからは本当の「自分らしさ」を意識して、自分自身を解放していくと、良い出会いに恵まれますよ。

 

再婚、シングルマザーが優遇されているサイトは理解ある人が集まっています。

さっそく、試してみましょう→シンパパ&シンママ優遇制度あり/R18

 

離婚 住宅ローン

     

よく読まれている人気関連コンテンツ