再婚して後悔するのは楽になると思うから

「楽したいから再婚」すると裏切られる


シングルマザーになって、離婚後は次の恋愛のなんか考えられないって思うこともありますよね

 

どうしても嫌いで別れた夫のイメージが残っていたら、その方が普通なのかもしれませんね。

 

一方で、「再婚できるのかな?」という期待もありますよね。

 

やっぱり、ずっと一人で一生を過ごしていくには、まだまだ先は長い

 

そう思うと寂しくなってしまいますからね。

 

今は、シングルマザーが相手でも抵抗がない男性が多いので、再婚じたいはそれほど難しくないかもしれません。

 

それよりも、シングルマザーの恋愛中に『再婚したら楽になる』と思っていると、後悔することになります。

 

再び同じ失敗を繰り返さないためには、自分の依存体質を意識する必要があります。

 

ここでは、シングルマザーが離婚後の恋愛で後悔しないポイントを紹介しています。

 

シングルマザーが恋愛で後悔しないたった1つのこと

同じ過ちをした後悔しているシングルマザー

 

離婚後の恋愛で、また失敗するパターンは、

 

ずばり、依存の心 です。

 

せっかくシングルマザーとして自立してがんばっているのに、

 

『再婚したら楽になる』と思って安易に選択すると、こんなハズじゃなかったと後悔することになります。

 

シングルマザーが、恋愛で悩んでいることはいっぱいあります。

 

  • 子供がいるので二人きりのデートの時間がなかなかとれない
  • 子供が彼になつかない
  • 親が恋愛に反対してる
  • 相手の親が反対している
  • 相手の子供をかわいいと思えない
  • 子供同士がうまくいかない

・・・・

 

相手との信頼関係を気づくためにも、お互いにじっくりと話し合うことです。

 

ただ、寂しいからとか経済的に楽になりたいから、といって再婚に逃げるのは間違いです。

 

実際に、

 

『再婚して楽になる』と思っていた女性は、後悔して苦しんでいます。

 

離婚後に恋をするチャンスは、思っているよりたくさんあります。

 

焦らずにじっくりと時間をかけて、失敗を繰り返さないように相手を見極めることと、相手との信頼関係を築きあげることです。

 

現実的には、今の生活が目一杯で、シングルマザーだから恋愛・再婚なんかできないって思ってしまうんですよね。

恋愛がないと、もう一人の女性として見られないなんて、本当に辛いですよね。

やっぱり、男性に希望を持ちたいんです。

 

離婚して少なからずは男性に失望したところもあるんですけど、すべての男性がそうじゃない、と思ってもいるんです。

男性不信を克服して、もう一度信じれる人と恋愛して、再婚もしたいというシングルマザーも、話を聞くと実際に多いですよ。

子供がいても恋ができるってステキなことです。

 

離婚に懲りないで前向きに恋愛をしましょう!!

 

再婚後の家族をどうしたいかがポイント

離婚の理由

 

離婚してシングルマザーになると、恋愛相談も多くなります。

 

現在は、結婚する4組に1組が再婚といわれています(平成24年人口動態統計より)。

 

日本では、結婚するカップルの4組のうち1組のどちらか、または両方が『再婚者』という統計です。

 

再婚したいと思うのは、男性も女性も同じ気持ちなんですね。

 

子連れ再婚も増えている要因の一つは、離婚しても抵抗がない現在だからこそ、バツイチ女性への偏見も無くなってきているからのようです。

 

「経済的に安定したい」

「つながっていたい」

「老後一人は寂しい」

という気持ちが、再婚へと向かわせているのかもしれませんね。

 

離婚率が増えているので当然かもしれませんが、特に昔に比べてシングルマザーも自由に生きやすくなっています。

 

堂々と次の恋愛にすすむ人も珍しくありません。

 

とはいっても、子連れで再婚する家族に関する情報は、まだまだ少ないです。

 

雑誌などを見ても、初婚での恋愛が中心になって書かれていたりします。

 

シングルマザーで再婚すると、また新しい家族ができるってことですよね。

再婚したら、新しい家族がまたできる、ということですが、再婚後の家族は、初婚で作られる家族とは全く違う新しい家族になります。

家族が二つあるような苦労?ってことですか?

苦労ももちろんあります。

 

正確には、初婚とは苦労の種類が違う、ということでしょうか。

離婚を経験すると、「もう結婚なんかコリゴリ」という人がいる一方で、次の恋に向かうときに「一度失敗しているから、今度こそうまくやれるはず」と自信を持っている人も結構います。

 

でもこの 再婚後の家族に抱えがちな問題 を学ばないで恋愛すると必ずつまづくことになります。

 

シングルマザーの恋愛には、もれなくついてくる子供がいます(^_^)

 

そして、恋愛相手が初婚の場合、離婚の場合、死別の場合、シングルファザーの場合とさまざまです。

子連れ同士の結婚→離婚 内縁で姓と子供の問題の離婚体験談

 

  • 自分の子供の年齢
  • 相手の子供の年齢
  • 親の同居があるかないか
  • 元配偶者と子供の交流があるかないか

などかなりの組み合わせのケースがあります。

 

そこで、ケースごとに悩みも違います。

 

恋愛の初期段階では恋に浮かれているので、問題が見えないことも多いのですが、

 

交際期間が長くなると徐々に問題が見えてきます。

 

とくに、相手も同じバツあり男性だと、「そりゃぁ離婚するでしょう!」と思えるような、かなり要注意なタイプもいます。

 

出会った始めの頃は、自分がまだ恋愛ができることに舞い上がってしまうこともあるかもしれません。

 

再婚してもまた離婚、という結果にならないよう後悔しないためには、じっくりと時間をかけて相手を選びたいものですね。

 

再婚、シングルマザーが優遇されているサイトは理解ある人が集まっています。

さっそく、試してみましょう→シンパパ&シンママ優遇制度あり/R18

 

離婚 住宅ローン

     

よく読まれている人気関連コンテンツ