家にいるのに別居?

家庭内別居は心の距離の問題


”家庭内別居”という言葉を聞いて、いいイメージはないですよね。

 

同じ屋根の下に一緒にいるのに、別居状態。

 

夫婦というより、単なる同居人です。

 

なんとなく、じめ〜っとして、会話のない家庭を想像できます。

 

そういう状態が家庭内別居なんですが、家庭内別居の定義というものが法律で決まっているわけではないんですね。

 

だから、家庭内別居と言っても、その深刻度合いによって、離婚できるかの判断が違ってきます。

 

ここでは、家庭内別居の定義をつけるとした場合と、本当の”別居”として含まれるのか、について詳しく説明しますね。

 

 

離婚原因になる家庭内別居の深刻度合いとは?


なんとなく仲の悪い夫婦が、

 

同じ屋根の下で口もきかない状態

 

これって家庭内別居だってわかりますよね。

 

では、家庭内別居とは、具体的にどういう状態を指すんでしょうか。

 

家庭内別居の定義 って何ですか?

「家庭内別居」という法律上の文言はないんですね。

 

だから、法律としての定義はないんです。

 

一般的によく言われているのは、夫婦で同居しているが、実生活上はコミュニケーションがなくまったく協力し合っていない状態ですね。

となると、夫婦のどちらかが「家庭内別居だ!」と言っても、相手の側が「家庭内別居ではない」と言ったら、家庭内別居ではないということなんでしょうか?

いいえ、そんなことはありませんよ。

 

離婚裁判になってしまったら、別居状態っていうのも夫婦関係の破綻がどの程度かということで、期間や態様をチェックします。

実際あった離婚裁判では、

 

夫が「家庭内別居している妻」に離婚を求めた事件で、同居していても実質的な会話はなく、意思の疎通もないと離婚になった判決があります。

 

この事件の場合は、会話もノートでやりとりしていて、同居はしているけど離婚を認めた、というきわめてまれなケースでした。

 

だから、家庭内別居という定義はないけど、婚姻関係が破綻していると判断されて離婚訴訟になってしまうと、

 

別居期間としてカウントされて、離婚になってしまう可能性も十分にある、って事ですね。

 

私たちの夫婦の場合は、たまに一緒に食事をする以外はほとんど別です。

 

夫とは一切顔を合わさない。
食事の支度はしても夫が帰宅する前に自分の部屋にこもるし、、、、

 

会話はなく、テレビも同じ番組を別々の部屋で見たり、寝る部屋も時間も別・・・

 

これはまさしく家庭内別居だと思うんですよね。

その状態だとまさしく家庭内別居といえますね。

 

わかりやすく言えば、家庭内別居は仮面夫婦に近いとも言えます。

家庭内別居と仮面夫婦の違いは、同じ屋根の下で暮らしていてはいるけど、

 

相手との接触がまったくなく、存在感すら感じないのが家庭内別居です。

 

生活の「衣食住」のうち、「住」だけを共有しているという点ですね。

 

家庭内別居は、法律としての定義はないんですが、一般的には、同じ住居で暮らしているにもかかわらず、食事も洗濯も別々、ほとんど口をきかず、寝室も別にして鍵をかけている、などの場合に該当すると言われています。

 

家庭内別居の定義に当てはめて離婚になる、というより、別居になるか否かにこだわらなくても、

 

生活が分離していることがはっきりしていることのほうが大きいですね。

 

生活が分離していることが証明されれば、夫婦関係の破綻の表象として別居期間に含まれて、離婚原因になることもありえますね。

 

家庭内別居の定義はないけど・・・

家庭内別居の定義は「ない」と「別」

 

確かに、家庭内別居の定義として法律に規定されているわけでもないので、

 

こんなに会話がない状態になったから、ハイ離婚です!っていうことではないんですね。

 

しかしよくある家庭の状況で

  • 夫婦お互い同じ部屋にいることがない
  • 意識的に夫婦で顔を合わせることがない
  • 夫婦で会話もしない
  • 夜の営みがまったくない
  • 食事は用意することもなくされたこともない
  • 食事も洗濯も
  • 休日も一緒に過ごすことがない

「ない」「ない」ばかりの感じだったら、別居しているのと同じですね。

家庭内別居状態の夫婦

 

一方で、会話があっても家の中ではけんか腰、食事も別々、外では普通に会話しているような仮面夫婦、そんな相手のことを思う気持ちがなくては、家庭内別居とも言えますよね。

 

つまり、人それぞれに結婚生活、家庭という考えかたや感じ方があるので「家庭内別居」もたくさん考え方があると言うことなんですね。

 

心の距離の問題といえるかもしれませんね。

 

家庭内別居の状態って、相手に対する愛情が冷めきっている場合もあるし、コミュニケーションがなくなってぎくしゃくしているからってこともあります。

 

ひとつ屋根の下に一緒に暮らしているのに、他人のように生活しているっていうのはかなりしんどいです。

 

それが夫婦でなければ、ルームシェアーと変らない環境です。

 

でも、夫婦なのに心はすでに離れていて、夫婦というしがらみがあって他人のようにも振舞えず・・・

 

芸能人の夫婦を揶揄する際によく仮面夫婦と言う時もありますが、実際にこういった状態で何食わぬ顔を装って夫婦生活をして同居している人もあんがいいるものです。

 

実は夫婦には「同居の義務」があります

 

離婚で話し合いがつかなかったら最終的には、裁判になるのですが、一方的な同居の解除は同居義務違反として、不利な材料になってしまいます。

 

家庭内別居の状態でも、経済的事情や子どもの事を考えると離婚できない人も多く、仕事を見つけたり、

 

子供が独立したことなどをきっかけに、離婚届を出して解決することもあります。

 

気をつけておきたいのは、離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

離婚後の財産のことについてこじれて「離婚」も話し合えないとも多いです。

 

だから、離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

法律上、財産分与は、婚姻期間中に築いた財産を夫2分の1、妻2分の1の割合で分け合うのが原則です。

 

離婚の時に、財産分与を考えているなら、今の自宅の価格は必ずチェックしておく必要があります。

 

ローンの方が多いのか、自宅の価値が大きいのかによって、今後の財産分与の方向は大きく変わるからです。

売ったらいくらかわかると、絶対に有利な展開になります

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ