「浮気なら離婚!」と決めているなら『証拠』を集めます

信じていても裏切られている!?


信頼していたパートナーに浮気の影がチラチラしてきたけど、

 

どうしても確たる証拠がつかめない時ってありますよね。

 

心の中では

 

浮気してるなら離婚したい!

 

そう思う気持ちと、信じる気持ちががぶつかり合って、自分のもどかしさがつのります。

 

浮気なら離婚、と強く思っているのなら確実な証拠は必要です。

 

浮気の証拠集めというと、メールや証拠写真、LINEのやりとりなどありますね。

 

ただ、その証拠がどれくらい証明する力があるのかは、なかなか判断できないものです。

 

探偵調査事務所に浮気調査を依頼して、一気に証拠集めが解決してしまうという方法もあります。


街街角相談所-探偵-では、浮気の調査が必要なかった場合には調査費用がかかりません!
街角相談所は匿名で相談もできます(無料です)

 

ここでは、浮気を原因とした離婚の準備をする際に、探偵を利用するなら知っておきたいポイントを紹介しています。

 

 

浮気相手との「写真」が一番有効

 

夫が浮気していることがなんとなくわかるんですけど、決定的な証拠がない んですよね。

浮気の決定的な証拠で、離婚裁判でも効果があるのは、ずばり写真です。

 

相手の人と一緒にいる、それも一目で浮気(不倫)しているとわかる写真が必要です。

 

自分一人では、そんな決定的な瞬間の写真を撮ることができないなら、探偵調査事務所に問い合わせてみることも視野に入れましょうね。

浮気相手と一緒にいる証拠写真を撮影する。

 

これが浮気の証拠としては最高レベルです。慰謝料もバッチリ取れます。

 

ここで、誰が見ても浮気しているというシチューションで撮影するのは、なかなか一人ではできないですよね。

 

精神的にも技術的にもタフでないと難しいです。

 

探偵でない素人が決定的写真を撮影するのは難しい

 

そこで、浮気の確実な証拠写真を自分で撮影できないとなると、探偵事務所 が思い浮かびます。

 

でも、探偵事務所ってどこも同じではないです。

 

はっきり言って、さまざまな探偵調査事務所があります。

 

証拠写真がぼやけていたり、具体的な報告書すら書けないような事務所もないわけではありません。

 

撮った「写真のレベル」は離婚裁判まで進んだ場合に、証拠として使えるか、というのが基準になります。

 

裁判ともなると、裁判官を『確かに浮気をしている』と判断するに足りるくらいの「写真」が必要になってくるからです。

 

これは、写真をみて自分が確実にショックを受ける程度のものが判断材料になるかもしれませんね。

離婚裁判の具体的な証拠の集め方

 

また、依頼できる内容に違いがあったり、報酬関係も様々です。

 

もし、浮気調査を依頼することになったらお金のことははっきり決めておいたほうがいいです。
探偵調査事務所への依頼も契約だからです。

 

お金ことを相談する段階で、うやむやにするような探偵事務所はすぐに逃げましょう^ ^

 

相談が無料だったり、匿名でもネット相談できたりもします。

 

浮気が原因で、事実上、肉体関係を証明できなければ慰謝料はほとんど認められません。

 

探偵に依頼すると、確実な証拠を集めることができ、離婚裁判をしても勝つ可能性が非常に高くなります。

街角相談所は匿名で相談もできます(無料です)

 

探偵事務所に依頼する際の4つの注意点

離婚の準備で探偵に浮気調査を依頼する際の4つの注意点

 

探偵事務所に離婚前の準備としての浮気調査をしてもらうには、4つのポイントを確認してからにしましょう。

 

何を依頼するか

探偵調査事務所への依頼の多くは、離婚トラブルでは相手の素行調査が中心になります。

 

となると、写真が必要になります。知らない人が尾行するわけなので、多くの角度から撮影した多くの写真があるといいです。

 

つまりアップの顔写真も必要ですが、前向き・後ろ向きで歩行している写真や座った時の写真などです。

 

行動

ターゲットになる対象人物が車で移動するのか、そうでないのかも問題になります。

 

車の尾行は、尾行側も車で行動することになるのですが、何台かの車がチームを組んで尾行しなければならないんです。
尾行は人と車が複数かかって、費用がかさむということになります。

 

成功率

尾行した日はまっすぐに家に帰ってくるかもしれません。対象人物の行動様式は、日頃から観察していないとわかりにくいのです。

 

夜遅いのが週末とは限りませんしね。
それこそ、仕事と称して土日に外出することもありますし、浮気相手の休日の関係で、平日がいい日のこともあるからです。

 

探偵事務所によっては、経験年数の浅い調査員だとこの成功率が低く、尾行の回数が多くなってしまいます。
その分、費用的にも高くなってしまうことがあります。

 

探偵事務所のレベル

探偵調査事務所の職員の力量も問題になります。せっかく尾行して浮気相手の出現を目撃したものの、かんじんの写真が撮れなかったら証拠になりません。

 

浮気の証拠提出の写真は、説明を要しないで、一目瞭然でわかる、というのがいいのです。

 

これらを知っておいて、探偵調査事務所への依頼を検討しましょう。

 

浮気調査費用は相手に請求できない


離婚の調停・訴訟になってから、最後の最後で和解の話になって、調査事務所へ支払ったお金を要求するという依頼者もいます。

 

しかし、こういった浮気の探偵調査は慰謝料ではないし、財産分与にもなりません。

 

和解金の上乗せ理由としては、根拠が薄いので、自己負担となることを覚悟しておく必要はあります。

 

探偵事務所への問い合わせは、大手であれば無料のことがほとんどなので確認してみましょう。

浮気調査の相場は1日10万探偵2人が目安になる

 

離婚したいと思ったらまずは財産チェック


浮気がわかったときには、まず「離婚する」「離婚しない」のどちらかを決めることになりますよね。

 

ゴールを決めることによって、やるべきこともはっきりしてきます。

 

ただ、浮気を確信してから離婚したいと思いつつも、「離婚」を言い出した後は、ほとんどの場合、夫婦が二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

特に、離婚後の財産のことについては話し合えないとこじれることも多いです。

 

浮気の話をする前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。
電化製品など細かいものは後回しです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらになるかわかります(無料です)

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ