離婚後の生活でデメリットを強く感じる

離婚のメリットとデメリットは子ども次第?


夫婦仲を解消して離婚が頭によぎると、どうしてもデメリットのことを考えてしまいますよね。

 

経済的なこと・将来の不安・子供にかかるお金などなど・・・

 

一方で、離婚するメリットは、嫌いな夫と法的にも別れることができる、新しい男性と恋することもできるなどなど・・・

 

離婚したことが、メリットと感じるか、デメリットと感じるかは、人それぞれの環境によって違います。

 

でも、離婚した後の生活は、子供がいるかいないかでずいぶんと変わってくる、ということです。

 

離婚のメリットとデメリットについて、子供の有無でどれくらい違うかを紹介します。

 

 

 

離婚するメリットとデメリット

 

離婚した時の メリット とか デメリット ってあるんですか?

そもそも、離婚のメリットとデメリットについては、それぞれの人の感じ方次第です。

 

一般的に、離婚のメリットとデメリットは子供の有無で違います。

離婚するのって、ものすごいエネルギーが必要ですよね。

「離婚したい」と考えてから、離婚届を出すまでは、かなりのエネルギーを消耗します。

子供がいてもいなくても離婚する夫婦のすべてが感じる離婚のデメリットは、離婚が成立するまでの時間・費用・精神的なストレスです。

 

とくにはじめての離婚だと、ものすごく精神的にきついものがあります。

 

最終的に、離婚をメリットと感じるか、デメリットと感じるかは自分次第って事なんですね。

離婚のメリットとデメリットを考えて結論を出しても、離婚する人はします。

離婚のデメリットは、経済的なこと。

 

離婚のメリットは、精神的なこと。

 

こう考えて覚悟ができていれば、離婚した方がいいでしょう。

 

離婚理由にもよりますが、離婚届を出してからも、

 

経済的なことを考えると気は楽にならないで、解放気分が満喫できないかもしれません。

 

離婚のときに問題になるのは、親権と財産のことがほとんどです。

 

離婚したいと思いつつ、離婚を言い出した後は、夫婦二人が冷静に話し合うことが難しくなります。

 

離婚後の財産のことについてこじれて「離婚」も話し合えないとも多いです。

 

だから、離婚について話し合う前に家の財産チェックをしておいた方がいいです。

 

大まかでいいのでまずは、この家にどれくらいの夫婦での財産があるのかを把握することです。
電化製品など細かいものは後回しです。

 

その際には、現在の自宅の価値と住宅ローンの残高はあらかじめ計算しておくと、有利に離婚条件を展開できる可能性があります。

 

最近ではインターネットでカンタンに、売ったらいくらになるかの不動産価格がわかります。

売ったらいくらになるか60秒でわかります(無料です)

 

子供がいる場合の離婚

子どもがいる場合の離婚したメリット

 

子供がいる場合の離婚って大変そうですが・・・・

子供が既にいて、それも未成年だったら、両親のどちらかに親権がいくことになります。

 

必ず父親か母親のどちらか決めなくてはいけなくて、決まらない場合は、離婚届を受け付けてくれません。
離婚で子供の親権はどのように決まるか

子供を育てる喜びがメリットと感じるかどうかってことなんでしょうか。

親権のある方、つまり、子供を育てる方は、育てあげる覚悟が必要です。

 

これをメリットととらえるか、デメリットととらえるか・・・

子供を育てていくことでのメリットは、精神的なことでのメリットですね。

 

子供って育てていくと、自分が育てられている、と感じるときもあるんですね。

 

子供の成長を見届けるっていうのは、お金で買えないメリットがあります。

 

子育てはお金を払ってできるののではないですしね

子供はいつも、ちょこちょこくっついているだけかと思えば、突然、神様の言葉のような言葉を話したり。

 

一緒にいてイライラするだけの夫婦と暮らすより、子供と仲良く幸せな人生を送れる、というのはかえがたいものです。

 

よく、子どもの事を考えたら両親がそろっていたほうがいいのでは?と考えて離婚をためらう人もいます。
子供の事を考えたら離婚できない

 

そういう人は、子どもを理由にして離婚をしない言い訳にしているだけです。

不仲な両親の下で育った子どもが、幸せになれるはずはないからです。

 

一方で、

 

子どもがいる夫婦が離婚した場合のデメリットはお金

 

です。

 

小さい子供を育てていくとお金の問題も出てきますよね。

 

子育てにかかるお金って突発的だったりするし、それって、離婚のデメリットになりそうです。

子供がいる夫婦が離婚して、子供を引き取った場合の デメリットは経済的なことです。

 

小さい子供に限らず、子供が成人していくまで片親に負担がかかるということなので、かなりのお金がかかります。

母子(父子)家庭になると、平均的な家庭よりは収入は半減します。

離婚した後の一人親家庭は経済的に大変

 

収入が片方からになるから、経済的に大変なのは考えてみれば当たり前かもしれません。

 

特に、妻の方で夫と同じくらいの収入があることは稀で、妻の方が子供を引き取った場合は、経済的な負担は大きくのしかかります。

 

離婚後に、慰謝料や養育費をあてにする人もいるのですが、離婚後も元夫のお金に依存する頭があると、生活もできません。

 

養育費は、2割以上の人が支払われていないという現実があります。

 

そのほかにも、子持ち離婚のデメリットは、合コンができないとか、飲み会に行きにくいとか、自分の自由な時間がない、っていうことでしょうか。

 

もしできたとしても、実家の両親やら兄弟に子供の面倒をお願いしたりして、それでケンカのたねにもなったりしますし。

 

離婚して子供の親権なくて、育てていない方は子供に会えないことがデメリットになりますね。

子供を育てないで親権がない方は、一方の親の都合で子供に会えなくなりますね。

 

小さな子供がかわいい時に会えなくて、さらにある程度子供が大きいと、疎遠になったりもします。

夫婦に子供がいない場合の離婚

子どもなしの離婚のメリット

 

子供がいない場合、離婚しても精神的なメリットやデメリットとかないですよね。

子供がいない離婚は、メリットしか考えられないですね。

 

もし、デメリットを多く考えている人がいたら、間違いなくその人は後ろ向きな人です。

 

人生の新しいスタートを始めるのに、子供がいないというのは自分の自由な時間が多く持てる、ということですから。

子供がいない状態で離婚したら、環境的には、独身時代と同じです。

 

子供がいなければ、お金の面でも、養育費など子どもにかかる負担がありませんしね。

 

離婚して慰謝料を払い続けるとか、財産分与で持っていかれる、ということがあっても、その時点だけです。

 

独身時代と同じ感覚の子なし離婚のメリット

 

独身だったら、彼氏(彼女)も堂々と作れます。

 

今の時代は、バツイチで離婚経験がある異性の方がモテるんです。

 

一度も経験したことのない異性から見れば、離婚経験がある人はしっかり見えるんでしょう。

 

働いていれば給料は好きに使えます。

 

さらに、また財産を自分で築けばいいだけの話しです。

 

離婚のメリットとデメリットは子供の有無で違う(まとめとアドバイス)

 

子供がいなかったら、

 

「子供が生まれたら幸せになるんじゃないか」

 

子供ができたら、

 

「どうにか子供が一人立ちするまで離婚せずにおこう…」

 

こう考える女性は多いです。

 

子供ができた後の離婚のメリットは、精神的な解放

 

デメリットは、お金です。子供を育てるにはお金と保護者が必要ですからね。

 

夫婦に子供がいない、という状態でも、

 

長期間の専業主婦生活から、仕事をする生活へシフトするのがかなり難しいという現実もありますよね。

 

先延ばしにするのがいいのか、早い方がいいのか.....

 

離婚するまでの時間は、最終的には自分で決めることになります。

 

「離婚して離婚届を書く」までには、夫婦のこと、親戚関係など今まで過ごしてきた時間を振り返ることになります。

 

離婚届って人生の中であまり書く機会がないですよね。

 

だからこそ、今までの夫婦関係をじっくり振り返るいいチャンスです。

 

離婚の決断をする、という利点もあります。

離婚届を出す前に

 

     

よく読まれている人気関連コンテンツ